映画-Movie Walker > 人物を探す > 鍋島淳裕

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2019年 まで合計41映画作品)

2019年

楽園

  • 2019年10月18日(金)公開
  • 撮影

『悪人』『怒り』などの作品で知られるベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬久による監督・脚本で映画化したサスペンス。未解決の少女失踪事件から12年、再び惨劇に見舞われる地方都市で容疑者となる青年役に綾野剛、失踪した少女の親友として心に傷を負ったまま成長した女性に杉咲花、事件が起きたY字路に続く集落で孤立を深めていく男を佐藤浩市が演じる。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
綾野剛 杉咲花 佐藤浩市
2018年

響 -HIBIKI-

  • 2018年9月14日(金)公開
  • 撮影

「マンガ大賞2017」で大賞に輝いた柳本光晴の人気コミックを、人気アイドルグループ、欅坂46の平手友梨奈主演で映画化した人間ドラマ。女子高生の響が、圧倒的な才能で文学界を揺るがしていく様が描かれる。北川景子が、響を一人前の小説家として育てようとする若手編集者を、アヤカ・ウィルソンが人気作家を父親に持つ響の友人を演じる。

監督
月川翔
出演キャスト
平手友梨奈 アヤカ・ウィルソン 高嶋政伸 柳楽優弥

菊とギロチン

  • 2018年7月7日(土)公開
  • 撮影

「64-ロクヨン- 前編/後編」の瀬々敬久が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく。出演はTVドラマ『デリバリーお姉さん』の木竜麻生、「散歩する侵略者」の東出昌大、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎、「霊的ボリシェヴィキ」の韓英恵。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
木竜麻生 韓英恵 東出昌大 寛 一 郎

友罪

  • 2018年5月25日(金)公開
  • 撮影

第35回吉川英治文学新人賞に輝いた薬丸岳のベストセラー小説を、生田斗真&瑛太の主演で映画化したサスペンス。町工場で共に働き、少しずつ友情を育んできた2人の男が、近所で起きた児童殺人事件を機にそれぞれが起こした17年前の事件と向き合うさまがつづられる。監督は『64-ロクヨン-』など重厚な人間ドラマを得意とする瀬々敬久。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
生田斗真 瑛太 佐藤浩市 夏帆

となりの怪物くん

  • 2018年4月27日(金)公開
  • 撮影

月刊デザートで連載され、テレビアニメにもなった、ろびこ原作の青春ラブストーリーを菅田将暉&土屋太鳳主演で映画化。問題児で“怪物”の異名をもつ少年・春と、ガリ勉で友達もいなかった少女・雫が出会い、次第に恋心を募らせていく様が描かれる。2017年に大ヒットした『君の膵臓をたべたい』の月川翔が監督を務める。

監督
月川翔
出演キャスト
菅田将暉 土屋太鳳 古川雄輝 山田裕貴
2017年

心が叫びたがってるんだ。

  • 2017年7月22日(土)公開
  • 撮影

2015年に公開され、大ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメを中島健人ら若手演技派の共演で実写映画化した青春ドラマ。クラスメイトとの触れ合いを通して、それぞれが抱えていた悩みや不安を克服し、本当の気持ちを伝えようとするさまがつづられる。ヒロインの順を芳根京子が演じ、『近キョリ恋愛』の熊澤尚人が監督を務める。

監督
熊澤尚人
出演キャスト
中島健人 芳根京子 石井杏奈 寛一郎

彼女の人生は間違いじゃない

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 撮影

廣木隆一監督が処女小説を自ら映画化した人間ドラマ。福島で父親と仮説住宅で暮らし、週末だけ東京でデリヘル嬢をするヒロインが、福島と東京を行き来する生活のなかで、光を見出そうとする姿を描く。『日本で一番悪い奴ら』などでも激しい濡れ場に挑戦した瀧内公美がヒロインのみゆきを、廣木監督作の常連である高良健吾らが脇を固める。

監督
廣木隆一
出演キャスト
瀧内公美 高良健吾 光石研 柄本時生

PとJK

  • 2017年3月25日(土)公開
  • 撮影

三次マキの少女漫画を、亀梨和也&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。秘密の結婚生活を送る警察官と女子高生が、お互いの違いを認めあい、成長していく姿を描く。全編、函館でロケを敢行し、美しい風景が2人の恋を盛り上げる。監督は『オオカミ少女と黒王子』などラブストーリーにも定評がある廣木隆一。

監督
廣木隆一
出演キャスト
亀梨和也 土屋太鳳 高杉真宙 玉城ティナ

なりゆきな魂、

  • 2017年1月28日(土)公開
  • 撮影

漫画家・つげ義春の弟で、同じく漫画家のつげ忠男の作品集『成り行き』『つげ忠男のシュールレアリズム』に収録されている短編4作品に、監督によるオリジナルストーリーを加えて一つの物語に創り上げた意欲作。監督・脚本は、「64 ロクヨン」の瀬々敬久。出演は、「禁忌」の佐野史郎、「断食芸人」監督の足立正生、「誰かの木琴」の山田真歩、「シン・ゴジラ」の柄本明。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐野史郎 足立正生 山田真歩 柄本明
2014年

あいときぼうのまち

  • 2014年6月21日(土)公開
  • 撮影監督

原子力政策に4世代約70年に渡り翻弄される家族を通し、日本の歩みを描いたドラマ。ウラン採掘に駆り出される1945年、原発建設に揺れる1966年、震災が起きた2011年、そして2012年と時間軸を交差させながら、彼らの挫折や希望を映し出す。監督は「コンクリート」や「自殺マニュアル」で脚本を手がけた菅乃廣。菅乃監督は福島県出身であり、父親が他界前に遺した、この奇病は昔原発で浴びた放射能が原因かもしれないという言葉をきっかけに本作を制作。脚本は「戦争と一人の女」の監督・井上淳一。出演は「五日市物語」「新・女囚さそり 特殊房X」の夏樹陽子、「青木ヶ原」「ブルークリスマス」の勝野洋、「泥の惑星」の千葉美紅、「さまよう刃」の黒田耕平ほか。

監督
菅乃廣
出演キャスト
夏樹陽子 勝野洋 千葉美紅 黒田耕平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鍋島淳裕