映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ベネット

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1995年 まで合計35映画作品)

1995年

マンハント(1941)

  • 1995年1月28日(土)公開
  • 出演(Jerry 役)

ヒトラーに銃を向けたハンターと、彼を狩り出そうとするゲシュタポの追跡を描いた本格サスペンスの一編。本作のあと「死刑執行人もまた死す」「恐怖省」「外套と短剣」と続く、フリッツ・ラング監督のナチスものの最初の作品。従来のアメリカ映画にないナチスのリアルなイメージを米国の大衆に与え、以後のプロパガンダ映画のあり方に大きな影響を与えた。原作はジョフリー・ハウスホールドの小説『Rogue Male』で、「男の敵」「駅馬車(1939)」などジョン・フォード作品でお馴染みのダドリー・ニコルズが脚色。監督は当初、そのフォードが予定されていたが彼が難色を示したため、36年に渡米後、「暗黒街の弾痕」「西部魂(1941)」などを撮っていたフリッツ・ラングが当たった。スタッフには、撮影に「わが谷は緑なりき」のアーサー・ミラー、音楽を同作のアルフレッド・ニューマンが手掛けるといった具合に当代の名匠が担当。主演はこの作品で評価され、先述の「わが谷は緑なりき」や「ミニヴァー夫人」に起用された名優ウォルター・ピジョン。対するは本作以外でもナチスの将校役を何度か演じた、「イヴの総て」で知られる悪役俳優ジョージ・サンダース。また紅一点として、本作を契機に「飾窓の女」『Scarlet Street』「扉の影の秘密」と以後も3本のラング作品でヒロインを務めるジョーン・ベネットをはじめ、ナチスの追跡者役で怪演を見せる、「駅馬車(1939)」の他ホラー作品への出演で知られるジョン・キャラダイン、さらに後年「ヘルハウス」などホラー作品でも名を挙げる子役時代のロディ・マクドウォールなど個性的な役者が脇を固める。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ウォルター・ピジョン ジョーン・ベネット ジョージ・サンダース ジョン・キャラダイン
1988年

浜辺の女(1947)

  • 1988年4月23日(土)公開
  • 出演(Peggy_Butler 役)

肉体的なもの以外ひかれるところのない男女の、愛を失ったラブ・ストーリーを描く。エグゼクティブ・プロデューサーはジャック・J・グロス、ミッチェル・ウィルスンの原作『盲目は誰1人いない』を基に、監督・脚本は「捕えられた伍長」のジャン・ルノワール、共同脚本はフランク・デイヴィス、脚色はマイケル・ホーガン、撮影はハリー・J・ワイルド、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はジョーン・ベネット、ロバート・ライアン、チャールズ・ビックフォードほか。

監督
ジャン・ルノワール
出演キャスト
ジョーン・ベネット ロバート・ライアン チャールス・ビックフォード ナン・レスリー
1977年

サスペリア(1977)

  • 1977年6月25日(土)公開
  • 出演(Madame Blank 役)

アメリカよりやって来たバレリーナの身に起こる数々の恐怖の出来事をサーカム・サウンド(立体音響方式)で描くホラー映画。製作はクラウディオ・アルジェント、監督・脚本は「4匹の蝿」のダリオ・アルジェント、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はゴブリンが各々担当。出演はジェシカ・ハーパー、ステファニア・カッシーニ、アリダ・ヴァリ、ジョーン・ベネット、ウド・キア、フラビオ・ブッチなど。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
ジェシカ・ハーパー ステファニア・カッシーニ アリダ・ヴァリ ジョーン・ベネット
1971年

血の唇

  • 1971年3月6日(土)公開
  • 出演(Elizabeth 役)

墓場に200 年も封じ込められていたバンパイアが復活し、呪われた恋を成就せんと若い女を襲う怪奇作品。製作・監督はダン・カーティス、脚本はサム・ホールとゴードン・ラッセル、撮影は「ナタリーの朝」のアーサー・J・オーニッツ、音楽はロバート・コバート、編集はアーリーン・ガーソンがそれぞれ担当。出演は「花嫁の父」のジョーン・ベネット、新人のジョナサン・フリッド、「イグアナの夜」のグレイソン・ホール。その他、キャスリン・L・スコット、ロジャー・デイヴィス、ナンシー・バレット、デビット・ヘネシーなど。メトロカラー、メトロスコープ。1970年作品。

監督
ダン・カーティス
出演キャスト
ジョーン・ベネット ジョナサン・フリッド グレイソン・ホール キャスリン・L・スコット
1955年

俺達は天使じゃない(1955)

  • 1955年9月23日公開
  • 出演(Amelie_Ducotel 役)

フランス作家アルベール・ユッソンの戯曲をラナルド・マクドゥガルが脚色し「エジプト人」のマイケル・カーティズが監督、「シェーン」のロイヤル・グリグスが撮影を担当。主なる出演者は「三つ数えろ」のハンフリー・ボガート、「エジプト人」のピーター・ユスチノフ、「愛欲と戦場」のアルド・レイ、「可愛い配当」のジョーン・ベネットなど。音楽は「アンドロクレスと獅子」のフレデリック・ホランダー。製作は「女性よ永遠に」のパット・ダカンでビスタビジョン、テクニカラー。1955年作品。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ハンフリー・ボガート アルド・レイ ピーター・ユスティノフ ジョーン・ベネット
1953年

飾窓の女

  • 1953年10月1日公開
  • 出演(The_Strange_Woman 役)

J・H・ウォリスの小説をもとにしたスリラー映画1944年作品。製作と脚本には「砂漠の鬼将軍」のナナリー・ジョンソンが当たり、「外套と短剣」のフリッツ・ラングが監督した。撮影は「人生模様」のミルトン・クラスナー、音楽は「クーパーの花婿物語」のアーサー・ランジの担当。主演は「他人の家」のエドワード・G・ロビンソンと「可愛い配当」のジョーン・ベネットで、「雷鳥の湾」のダン・デュリエ、「愛欲の十字路」のレイモンド・マッシィ、「花婿物語」のエドモンド・ブレオン等が助演する。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ジョーン・ベネット レイモンド・マッセイ ダン・デュリエ

可愛い配当

  • 1953年3月20日公開
  • 出演(Ellie_Banks 役)

「花嫁の父」の登場人物をそのままかりて、かれらの後日物語を描いた作品で、1951年の製作。監督のヴィンセント・ミネリ、脚本のアルバート・ハケット、フランセス・グッチドリッチ、製作のパンドロ・S・バーマン、撮影のジョン・アルトンはすべて「花嫁の父」と同じスタッフ。音楽だけが前作のアドルフ・ドイッチからアルバート・センドリーに変わっている。出演者も「花嫁の父」と同じくスペンサー・トレイシー、エリザベス・テイラー、ジョーン・ベネット、ドン・テイラー、ビリー・バーク、モローニ・オルセンらで、前作で登場しなかった人物としてはリチャード・ロバー、ヘイドーン・ロークらがいる。

監督
ヴィンセント・ミネリ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ジョーン・ベネット エリザベス・テイラー ドン・テイラー
1952年

花嫁の父

  • 1952年12月25日公開
  • 出演(Ellie_Banks 役)

エドワード・ストリーターのベストセラー小説から「イースター・パレード」のアルバート・ハケット、フランセス・グッドリッチのコンビが脚色、「踊る海賊(1948)」のヴィンセント・ミネリが監督に当たったドメスティック・コメディで、「大草原」のパンドロ・S・バーマンが製作する1950年度作品。撮影は「南支那海」のジョン・アルトン、音楽は「アニーよ銃をとれ」のアドルフ・ドイッチェが担当する。主演は「アダム氏とマダム」のスペンサー・トレイシー、「黒騎士」のエリザベス・テイラー、「東は東」のドン・テイラー、「扉の蔭の秘密」のジョーン・ベネットで、以下、ビリー・バーク、レオ・G・キャロル、モローニ・オルセン、メルヴィル・クーパーらが助演。

監督
ヴィンセント・ミネリ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ジョーン・ベネット エリザベス・テイラー ドン・テイラー
1949年

扉の陰の秘密

  • 1949年9月6日公開
  • 出演(Celia 役)

「真紅の街」「窓の女」などスリラー製作プロの観あるダイアナ・プロダクションの作品で、ウォルター・ウェンジャー製作、フリッツ・ラング監督、ジョーン・ベネット主演に成ること右記2映画と同様である。原作はルーファス・キングの探偵小説で、シルヴィア・リチャーズが脚色している。撮影は「肉体と幻想」のスタンリー・コルテス、音楽は「失われた週末」「赤い家」のミクロス・ローザが作曲した1948年度作品。主演し1人は「捕われた心」の英国俳優マイケル・レッドグレイヴで「聖処女」「追憶(1941)」のアン・リヴェア「凡て此世も天国も」のバーバラ・オニール、ナタリー・シェーファー等が助演する。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ジョーン・ベネット マイケル・レッドグレーヴ アン・リヴェア バーバラ・オニール
1938年

おしゃれ地獄

  • 1938年公開
  • 出演(Patricia_Harper 役)

「画家とモデル(1937)」「青春ホテル」のジャック・ベニーと「テキサス人」「幸福は空から」のジョーン・ベネットが主演する映画で「100 万ドル大放送」「スイング」のミッチェル・ライゼンが敢闘したもの。J・P・マッケヴォイの原案から「100 万ドル大放送」を共同改作したハワード・リンゼイとラッセル・クラウズが物語を書き、この2人が「100万ドル大放送」の脚色協力者ケン・イングランドと更に協力して脚本を書いた。助演は「裏街6人組」「青春ホテル」のメアリー・ボーランド、「ポルカの歌姫」のチャーレー・グレイブウイン及びモンティ・ウーリー、「画家とモデル(1937)」のヨット・クラブ・ボーイズ、「真人間」のジョイス・コンプトン等である。撮影は「スイング」「セニョリタ」のテッド・テズラフの担当。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
ジャック・ベニー ジョーン・ベネット メアリー・ボーランド チャールズ・グレイプウィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ベネット