映画-Movie Walker > 人物を探す > デスポ・ディアマンティドゥ

年代別 映画作品( 1961年 ~ 2007年 まで合計4映画作品)

2007年

パパにさよならできるまで

  • 2007年2月24日(土)公開
  • 出演(祖母 役)

父を亡くした少年が、豊かな想像力を働かせて悲しみを乗り越えてゆく姿を描く感動ドラマ。主演のヨルゴス・カラヤニスが史上最年少でロカルノ映画祭主演男優賞を受賞。

監督
ペニー・パナヨトプル
出演キャスト
ヨルゴス・カラヤニス イオアンナ・ツィリグーリ ステリオス・マイナス デスポ・ディアマンティドゥ
1979年

女の叫び

  • 1979年12月8日(土)公開
  • 出演(Maria 役)

古典ギリシャの悲劇詩人、エウリピデスの「メディア」に題材を借り、メディアを演じる国際女優と、実際に子供を殺し服役中のアメリカ女性を対照させながら女の深奥を描く。製作・監督・脚本は「夏の夜の10時30分」のジュールス・ダッシン。現代語訳はミノス・ヴォルナキス、撮影は「旅芸人の記録」のヨルゴス・アルヴァニティズ、音楽はヤァニス・マルコプロス、編集はジョージ・クロッツ、衣裳はディオニシス・フォトプロスが各々担当。出演はメリナ・メルクーリ、エレン・バースティン、アンドレアス・ウツィーナス、デスポ・ディアマンティドゥ、ディミトリス・パパミカエル、ヤニス・ヴォグリス、フェドン・ヨルギツィス、ベティ・ヴァラッシなど。

監督
ジュールス・ダッシン
出演キャスト
メリナ・メルクーリ エレン・バースティン アンドレアス・ヴシナス デスポ・ディアマンティドゥ
1968年

誘惑(1967)

  • 1968年2月2日(金)公開
  • 出演(Marianthi 役)

監督は、ギリシャ初のミュージカル「レモンの涙」のジョルジ・スカレナキスで、脚本はイヤニス・ジオチス。撮影はアンドレ・アナスタサトス、音楽はイヤニス・マルコポウロスが担当した。出演者にはギリシャの新星エレーナ・ナサナエル、相手役に「ジブラルタルの追想」のテオ・ロウバニス、ほかにスピロス・フォカス、デスポ・ディアマンティドゥ」。

監督
ジョルジ・スカレナキス
出演キャスト
エレーナ・ナサナエル テオ・ロウバニス デスポ・ディアマンティドゥ スピロス・フォカス
1961年

日曜はダメよ

  • 1961年5月3日(水)公開
  • 出演(Despo 役)

「掟」のジュールス・ダッシンが監督・原案・脚本を担当したギリシャを舞台とする喜劇。撮影を担当したのはジャック・ナットー。音楽をギリシャ人のマース・ハジサキスが受けもっている。出演するのは主人公を演じるダッシン自身のほか、「掟」のメリナ・メルクーリ、ジョージ・ファウンダス、ティトス・ヴァンディス、ミツォス・リグィーゾス、デスポ・ディアマンティドゥなど。

監督
ジュールス・ダッシン
出演キャスト
メリナ・メルクーリ ジュールス・ダッシン ジョージ・ファウンダス ティトス・バンディス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デスポ・ディアマンティドゥ