映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・クロッツ

年代別 映画作品( 1979年 ~ 1988年 まで合計3映画作品)

1988年

月の出をまって

  • 1988年2月6日(土)公開
  • 編集

1930年代のパリを舞台に生涯を作家活動に生きたガートルード・スタインと秘書アリスの生活を描く。製作はサンドラ・シュールベルグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンゼイ・ロウ、監督はこれがデビューのジル・ゴッドミロー、脚本はマーク・マッギル、原案はゴッドミローとマッギル、撮影はアンドレ・ニュー、音楽はマイケル・サール、編集はジョージ・クロッツが担当。出演はリンダ・ハント、リンダ・バセットほか。

監督
ジル・ゴッドミロー
出演キャスト
リンダ・ハント リンダ・バセット ベルナデット・ラフォン ブルース・マクギル
1985年

白いロマンス

  • 1985年3月9日(土)公開
  • 編集

ウィルス性脳炎のために片足が不自由な娘スーザンの愛と青春の日々を描く。製作はレオ・L・フックス、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェリー・ズートマン。監督は「MrレディMrマダム」のエドアール・モリナロ。撮影はクロード・ルコント、音楽はウラジミール・コスマが担当。出演はクリスティ・マクニコル、マイケル・オントキーンなど。日本版字幕は菊地浩司。メトロカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
エドゥアール・モリナロ
出演キャスト
クリスティ・マクニコル マイケル・オントキーン カーキ・ハンター アンドレ・デュソリエ
1979年

女の叫び

  • 1979年12月8日(土)公開
  • 編集

古典ギリシャの悲劇詩人、エウリピデスの「メディア」に題材を借り、メディアを演じる国際女優と、実際に子供を殺し服役中のアメリカ女性を対照させながら女の深奥を描く。製作・監督・脚本は「夏の夜の10時30分」のジュールス・ダッシン。現代語訳はミノス・ヴォルナキス、撮影は「旅芸人の記録」のヨルゴス・アルヴァニティズ、音楽はヤァニス・マルコプロス、編集はジョージ・クロッツ、衣裳はディオニシス・フォトプロスが各々担当。出演はメリナ・メルクーリ、エレン・バースティン、アンドレアス・ウツィーナス、デスポ・ディアマンティドゥ、ディミトリス・パパミカエル、ヤニス・ヴォグリス、フェドン・ヨルギツィス、ベティ・ヴァラッシなど。

監督
ジュールス・ダッシン
出演キャスト
メリナ・メルクーリ エレン・バースティン アンドレアス・ヴシナス デスポ・ディアマンティドゥ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・クロッツ