映画-Movie Walker > 人物を探す > ダッドリー・マーフィー

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1935年 まで合計6映画作品)

1935年

春の宵

  • 1935年当年公開
  • 監督

「猫と提琴」「砂漠の新月」のラモン・ノヴァロと「夕暮れの歌」のイヴリン・レイが主演する音楽映画で、ヴィッキ・パウムの原作に基づくオスカー・ハマーシタイン第二世のオペレット物を「アイスクリーム娘」のエドガー・アレン・ウルフが「花咲く頃」のフランツ・シュルツと協力して脚色し、「巨人ジョーンズ」のダッドリー・マーフィーが監督に当たり、「晩春」「猛獣師の子」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「猫と提琴」のチャールズ・バターウォース、「メリイ・ウイドウ(1934)」のユーナ・マーケル、「西班牙狂想曲」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「奇傑パンチョ」のドナルド・クック、ヘンリー・スチヴンスン、ロザリンド・クック、ヘンリー・スチヴンスン、ロザリンド・ラッセル、等である。

監督
ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ イヴリン・レイ チャールズ・バターウォース ウナ・マーケル
1933年

巨人ジョーンズ

  • 1933年当年公開
  • 監督

黒人バリトンとしてアメリカの楽団ならびに舞台の2つながらで有名なポール・ロブソンが主演する映画で、原作をユージーン・オニールの名高い戯曲に取ったジョン・クルンスキーとジフォード・コクランとの2人が製作した作品である。監督は「スポーツ・パレード」「女学生の日記」のダッドリー・マーフィーで、脚色にはこれも知名の劇作家デュボース・ヘイワードがあたった。助演者としては「透明人間」「嵐の国のテス(1932)」のダッドリー・ディグスが重要な役を勤めるほか、フレディー・ウォシントン、ルビー・エルジー、フランク・ウィルソンその他、黒人が多数に出演している。撮影は「動物園の殺人」「密林の王者」のアーネスト・ホーラー。ちなみに、本映画に使用された音楽はロザモンド・ジョンソンの編曲になったものである。

監督
ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
ポール・ロブスン ダッドリー・ディグス フランク・ウィルソン フレディー・ワシントン
1932年

スポーツ・パレード(1932)

  • 1932年当年公開
  • 監督

「南海の劫火(1932)」「猟奇島」のジョエル・マクリーが「雨」「暴風の処女」のウィリアム・ガーガン、「処女読本(1932)」のマリアン・マーシュ、「犯罪都市(1931)」のウォルター・カトレット、「ナイトクラブの女」のスキーツ・ギャラガーを助演者として主演する映画で、原作ジェリー・ホーウィン、脚色コリー・フォード及びフランシス・コックレル、監督は「女学生の日記」のダッドリー・マーフィー、撮影は「山荘の殺人」のJ・ロイ・ハントの担任である。

監督
ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
ジョエル・マクリー ウィリアム・ガーガン マリアン・マーシュ ウォルター・カトレット
1931年

女学生の日記

  • 1931年当年公開
  • 監督

「アメリカの悲劇」と同じくフィリップス・ホームズとシルヴィア・シドニーが共演する映画で、実在の一女大学生の日記にもとづき組み立てられた脚本により新人デイヴィッド・バートン、ダッドリー・マーフィー両人が監督に当たったもの。「悪魔が跳び出す」「女給と強盗」のノーマン・フォスター、「四十八手の裏表」のクローディア・デル、フローレンス・ブリットン、マーサ・スリーパーなどが助演、カメラは「アメリカの悲劇」「市街」のリー・ガームスの担任である。

監督
デイヴィッド・バートン ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
フィリップス・ホームス シルヴィア・シドニー ノーマン・フォスター クローディア・デル
1928年

女相場ドル相場

  • 1928年当年公開
  • 監督、原作

「五つの魂を持つ女」で特殊キャメラを担当し、「空の鍛冶屋」の原作を物したダッドリー・マーフィー氏が自ら原作を書きそして監督した映画である。主役を演ずるのは「キング・オブ・キングス(1927)」「オグレス」のジャクリーン・ローガン嬢であるが、それを助けて「恋愛行進曲」のリチャード「スキーツ」ギャラハー氏、「狂言成金」のガートルード・アスター嬢、「土曜日の乙女」のアルバート・コンティ氏、等が出演している。キャメラ担当は「指紋名探偵」「ギャング・ワー」と同じくヴァージル・ミラー氏。

監督
ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
ガートルード・アスター ジャクリーヌ・ローガン スキーツ・ギャラガー アルバート・コンティ

空の鍛冶屋

  • 1928年当年公開
  • 原作

ダッドリー・マーフィー氏のオリジナル・ストーリーの映画化で「荒み行く女性」「死線を潜りて」等と同じくハワード・ヒギン氏の監督作品である。脚色したのはエリオット・J・クローソン氏とテイ・ガーネット氏との2人である。主役は「美人国二人行脚」「陸軍士官学校」等出演のウィリアム・ボイド氏で、「アラビヤ三人盗賊」「長屋騒動パリの巻」等出演のスー・キャロル嬢と、「学窓の思い出」を監督したほか多数の映画に出演したアラン・ヘール氏との2人が対手役を演じるほか、「未来派女学生」等出演のアルバータ・ヴォーン嬢やウェズリー・バリー君、等も出演する。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド アラン・ヘイル スー・キャロル アルバータ・ヴォーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダッドリー・マーフィー