映画-Movie Walker > 人物を探す > セレナ・ロイル

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1957年 まで合計10映画作品)

1952年

その男を逃すな

1946年ロバーツ・プロを設立、「肉体と霊魂」などを製作したボブ・ロバーツが1951年に製作した作品で、監督は「初恋時代」のジョン・ベリー。サム・ロスの原作小説に基づいてガイ・エンドァが脚色した。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ(「大城塞」)、音楽はフランツ・ワックスマン(「青いヴェール」)の担当。主演は最近物故したジョン・ガーフィールド(「破局」)と「ウィンチェスター銃'73」のシェリー・ウィンタースで、ウォーレス・フォード(「ハーヴェイ」)、セレナ・ロイル、グラディス・ジョージ、ノーマン・ロイドらが助演する。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
ジョン・ガーフィールド シェリー・ウィンタース ウォーレス・フォード セレナ・ロイル

烙印

  • 1952年6月30日(月)
  • 出演(Mrs._Lavery 役)

メル・エプステインが製作し、「地球最後の日」のルドルフ・マテが監督したテクニカラー西部劇1950年作品。エヴァン・エヴァンスの小説より、「地球最後の日」のシドニー・ボームと「戦乱の花嫁」のシリル・ヒュームが脚色した。撮影は「旅愁」のチャールズ・ラング、音楽監督は「武装市街」のアーヴィング・ダルボットの担当。主演は「ネブラスカ魂」のアラン・ラッドと「テキサス決死隊(1949)」のモナ・フリーマンで、以下「白昼の決闘」のチャールズ・ビッグフォード、「猛獣と令嬢」のロバート・キース、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「地球最後の日」のピーター・ハンソン、セレナ・ロイルらが助演する。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
アラン・ラッド モナ・フリーマン チャールス・ビックフォード ロバート・キース
1957年

与太者時代

  • 1957年4月26日(金)
  • 出演(Jadge Florence Prentiss 役)

テキサス州コップラス盆地の少年集団農場に起った実話をテーマに、不良少年囚の生態を描いたもの。ロバート・ハーディ・アンドリュースとポール・ショートの原作をアンドリュウス自ら脚色、「カーニバルの女」のカート・ニューマンが監督した。撮影はカール・ストラッス、音楽は「荒野の無頼漢」のポール・ソーテル。主演は「赤い連発銃」のオーディ・マーフィ、「ロケットパイロット」のロイド・ノーラン、「われら自身のもの」のジェーン・ワイアット。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ロイド・ノーラン ジェーン・ワイアット オーディ・マーフィ ジェームズ・グリースン
1950年

女相続人

  • 1950年11月21日(火)
  • 出演(Elizabeth_Almond 役)

「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」のウィリアム・ワイラーがパラマウントに入社しての第1回製作・監督に当たったもので、19世紀の心理小説家ヘンリー・ジェームズの小説『ワシントン街』より、ルース及オーガスタス・ゲーツが戯曲化した「女相続人」に取材、劇作者が映画用に脚本を書き改めている。撮影は「蛇の穴」のレオ・トーヴァー、音楽は「我等の町」のアーロン・コープランド(アカデミー音楽賞)。出演者は「遥かなる我が子」に次ぎ、再度アカデミー賞を獲得したオリヴィア・デ・ハヴィランド、「捜索」のモンゴメリイ・クリフト、「堕ちた偶像」のラルフ・リチャードソン、「旧友」のミリアム・ホプキンスのほか、「恋文騒動」のモナ・フリーマン、「ボストン物語」のヴァネッサ・ブラウン、「サンマー・ホリデイ」のセレナ・ロイル等である。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
オリヴィア・デ・ハヴィランド モンゴメリー・クリフト ラルフ・リチャードソン ミリアム・ホプキンス

サンマー・ホリデイ

  • 1950年4月11日(火)
  • 出演(Mrs._Miller 役)

かつてクラレンス・ブラウンの監督で映画化された、ユージーン・オニールの「噫、荒野」の音楽映画化で、テクニカラー色彩の1948年作品である。前回の映画化の折のフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケットの脚本から、「影なき男の影」のアーヴィング・ブレッチャーがジーン・ホロウェイと共力して再脚色し、「快傑ゾロ(1940)」「血と砂(1941)」のルーベン・マムーリアンが監督し、「悪漢バスコム」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影したものである。歌曲はラルフ・ブレーン作詞、ハリー・ウォーレン作曲になった。主演は「青春学園」「町の英雄」のミッキー・ルーニーと、「姉妹と水兵」「芸人ホテル」のグロリア・デ・ヘヴンで、「黄金(1948)」のウォルター・ヒューストン、「甦える熱球」のフランク・モーガン、「逃げた花嫁」のブッチ・ジェンキンス、歌手から映画に入ったマリリン・マクスウェル、「ジョニー・ベリンダ」のアグネス・ムーアヘッド「育ち行く年」のセレナ・ロイル等が共演する。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
ミッキー・ルーニー グロリア・デ・ヘヴン ウォルター・ヒューストン フランク・モーガン
1951年

スイングの少女

  • 1951年5月29日(火)
  • 出演(Mrs._Foster 役)

「花の合唱(コーラス)」のジョー・パスターナクが製作した1948年度ミュージカル作品で、アリーン・レスリー作の人物からドロシー・クーパーとドロシー・キングスレイが脚本を創作、「風車の秘密」のリチャード・ソープが監督。撮影は「暴力行為」のロバート・サーティース、音楽はジョージ・ストールである。我が国初登場のジェーン・パウエルに「悪漢バスコム」のウォーレス・ビアリー、「若草物語(1949)」のエリザベス・テイラー「悩まし女王」のカルメン・ミランダ、「荒鷲戦隊」のロバート・スタック、バンド・マスターのザヴィエル・クガートらが共演する。なお、本邦公開プリントは、テニカラーのモノクロ版である。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジェーン・パウエル エリザベス・テイラー カルメン・ミランダ

夜も昼も

  • 1951年1月11日(木)
  • 出演(Kate_Porter 役)

「カサブランカ」「カンサス騎兵隊」のマイケル・カーティズが監督した1946年度作品で、現在アメリカのミュージカル作家として第一流の名声をもつコール・ポーターの半生と作品を主題としたテクニカラー音楽映画。作家のジャック・モフィットの書下しより、「婿探し百万弗」のチャールズ・ホフマン、「凸凹西部の巻」のウィリアム・バワーズがレオ・タウンゼントと共同脚本を書き、「父との生活」のペヴァレル・マーレーがウィリアム・V・スコールと撮影を担当、レイ・ハインドーフがポーターの作品の編曲、追加作曲はマックス・スタイナーが行なった。出演俳優は「恋はかくの如し」のケーリー・グラント、「アメリカ交響楽」のアレクシス・スミス、「浮世はなれて」のモンティ・ウーリイ、「ジョニー・ベリンダ」のジェーン・ワイマン、「処女読本(1938)」のイヴ・アーデンや歌手のジニー・シムズ、カルロス・ラミレス、それに「オペレッタの女王」のメアリー・マーティン等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ケイリー・グラント アレクシス・スミス モンティ・ウーリー ジニー・シムズ
1947年

育ちゆく年

  • 1947年9月
  • 出演(Mama_Leckie 役)

「王国の鍵」「城砦」のA・J・クローニンの小説の映画化である。脚本はロバート・アードリーと「アメリカ交響楽」のソーニャ・レヴィーンが協同執筆し「城砦」を製作したヴィクター・サヴィルが監督に当り、「花嫁は紅衣装」のジョージ・フォルシーが撮影した。主演は「再会(1944)」「嵐の処女」のチャールズ・コバーンで、新人トム・ドレイク及びビヴアリー・タイラー、新進子役のディーン・ストックウェル、「疑惑の影」のヒューム・クローニン、「情熱の航路」のグラディス・クーパー、セレナ・ロイルが助演している。

監督
ヴィクター・サヴィル
出演キャスト
チャールズ・コバーン トム・ドレイク ビヴァリー・タイラー ヒューム・クローニン
1948年

恋愛放送

  • 1948年5月
  • 出演(Mrs._Hanlon 役)

「姉妹と水兵」「町の人気者」のヴァン・ジョンソン主演するミュージカルで「百万人の音楽」「姉妹と水兵」のジョー・パスターナクが製作した。「恋の十日間」の脚色者チャールズ・マーティンがレスリー・カアドスと協力して執筆した脚本からマーティンが監督に当たり「ブーム・タウン」のハロルド・ロッソンと「姉妹と水兵」のロバート・サーティースが撮影を監督、音楽は「百万人の音楽」「姉妹と水兵」のジョージ・ストールが指揮した。主役のヴァン・ジョンソンと組んで「迷える天使」のキーナン・ウィンが出演し、英国から来た新人パット・カークウッド、エドワード・アーノルド、「百万人の音楽」のマリー・ウィルソン「湖中の女」のレオン・エイムス「育ち行く年」のセレナ・ロイルらが助演するほかガイ・ロンバードとその楽団、ザヴァア・スガアとその楽団が出演する。1945年の作品。

監督
チャールズ・マーティン
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン キーナン・ウィン パット・カークウッド ガイ・ロンバード
1932年

百米恋愛自由型

  • 1932年
  • 出演(Alice_Cammill 役)

チャールズ・W・ゴッダード、ポール・ディッキー合作の舞台劇から「小間使(1931)」のアデロイド・ヘイルブロンとカロリン・フランクの二人が脚色、「偽りのマドンナ」「電話の復讐」のスチュアート・ウォーカーが監督にあたった映画でっさつえいは「陽気な中尉さん」のジョージ・フォルシー担当。主なる出演者は「陽気な中尉さん」「暗殺者」のクローデット・コルベール、「大西洋横断」のエドモンド・ロウ「めくらの鼠」のスチュアート・アーウィン、ロバート・ストレンジ、ジョージ・ミーカー、ヒレナ・ロイス等である。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
クローデット・コルベール エドモンド・ロウ スチュアート・アーウィン ロバート・ストレンジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > セレナ・ロイル