映画-Movie Walker > 人物を探す > 森達也

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2016年 まで合計14映画作品)

2016年

A2 完全版

  • 2016年6月18日(土)公開
  • 監督、撮影、編集

オウム真理教(現アーレフ)の広報副部長を中心にオウム信者たちにカメラを向け、オウム事件の本質に迫った森達也の代表作「A」の続編。日本各地にその拠点を分散し活動している出家信者達と地元住民の対立と融和、信者たちが抱えている矛盾などがより先鋭的に描かれる。前作「A」は98年に劇場公開され、ベルリン国際映画祭など多数の海外映画祭でも上映され、続く本作「A2」は2001年山形国際ドキュメンタリー映画祭、市民賞と特別賞を受賞。森達也監督15年ぶりの新作「FAKE」公開に合わせ、2002年の劇場公開時にカットされた幻のカットを加えた完全版として上映。

監督
森達也

FAKE

  • 2016年6月4日(土)公開
  • 監督、撮影

オウム真理教の内部に迫った「A」「A2」の森達也監督が、共作「311」を経て15年振りに撮ったドキュメンタリー。ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏の自宅で取材しその素顔を追いながら、社会に瀰漫する時代の病をあぶり出す。撮影は、「海よりもまだ深く」の山崎裕。

監督
森達也
出演キャスト
佐村河内守
2012年

311

  • 2012年3月3日(土)公開
  • 監督

東日本大震災発生直後の2011年3月26日に、福島第一原発近辺や津波の被災地を訪れ、その様子を記録したドキュメンタリー。取材を行なったのは、作家で映画監督の森達也、映像ジャーナリストの綿井健陽、映画監督の松林要樹、映画プロデューサーの安岡卓治の4人。取材する自分たちにもカメラを向け、メディアの姿勢をも問う。

監督
森達也 綿井健陽 松林要樹 安岡卓治
2009年

あがた森魚 やや デラックス

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 監修

シンガーソングライターあがた森魚が、2008年8月に北海道からスタートした全国67箇所縦断ライブツアーに密着。全国各地で見せる彼の姿を通して、デビュー以来貫いてきた、奔放なあがた的生き方に迫るドキュメンタリー。監督は「半身主義」の竹藤佳世。オウム真理教を追ったドキュメンタリー「A」の森達也が監修。

監督
竹藤佳世
出演キャスト
あがた森魚 鈴木慶一 矢野顕子 久保田麻琴
2007年

黒帯 KURO-OBI

  • 2007年10月13日(土)公開
  • 出演(青谷 役)

「8月のクリスマス」の長崎俊一監督が放つ空手映画。激動の時代を舞台に、亡き師の志を継承するために激突していく空手家たちの姿を、格闘シーン満載に映し出す。

監督
長崎俊一
出演キャスト
八木明人 中達也 鈴木ゆうじ 小宮孝泰
2005年

探偵事務所5″ 5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語

  • 2005年11月26日(土)公開
  • 出演(森達也(ナビゲーター) 役)

「私立探偵 濱マイク」シリーズの林海象が放つ探偵映画。成宮寛貴、宮迫博之ら人気俳優陣の共演で、個性豊かな探偵たちの活躍がスタイリッシュに描かれる。

監督
林海象 中井庸友 萩生田宏治 渡辺一志
出演キャスト
成宮寛貴 宮迫博之 宍戸錠 佐野史郎
2003年

最も危険な刑事まつり「アングラ刑事」

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 監督、脚本

「主人公は刑事」「完成尺は10分以内」「1分につき最低1回はギャグを入れる」という条件で、映画人たちが刑事を主人公に競作したオムニバスの第3弾「最も危険な刑事まつり」の一編。監督は「A2」の森達也。

監督
森達也
出演キャスト
大久保鷹 黒沼弘巳 原昇
2002年

A2

  • 2002年3月23日(土)公開
  • 監督、撮影

オウム真理教の知られざる実態を捉えた異色作「A」の続編ドキュメンタリー。前作から約3年、地域住民に生じた“受容の萌芽”と信者たちの内なる葛藤を鮮烈に描出!

監督
森達也
2001年

「職業欄はエスパー」

  • 2001年8月26日(日)公開
  • 演出、撮影

エスパーであることを職業にした3人の超能力者の日常を通して、彼らのメンタリティを探る短篇ドキュメンタリー。演出は「放送禁止歌~唄っているのは誰? 規制するのは誰?~」の森達也。撮影を田村雄一、藤進、森監督が担当している。尚、本作はCX系深夜番組『NONFIX』用に制作・放映された(1998年2月24日)後、『「A2」完成記念:森達也展』特集上映の中で劇場公開された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

出演キャスト
秋山眞人 堤裕司 清田益章

1999年のよだかの星

  • 2001年7月29日(日)公開
  • 演出、絵本脚色、撮影

テレビ業界ではタブーに近いジャンルとされている動物実験の現状を取材した短篇ドキュメンタリー。演出は「職業欄はエスパー」の森達也。撮影を森監督と高田裕美が担当している。尚、本作はcx系深夜番組『NONFIX』用に制作・放映された(1999年7月29日)後、『「A2」完成記念:森達也展』特集上映の中で劇場公開された。DV作品・ビデオプロジェクターによる上映。

関連ニュース

未曾有の大災害から1年、その後を描いた映画と共に3月11日を振り返る
未曾有の大災害から1年、その後を描いた映画と共に3月11日を振り返る(2012年3月10日)

甚大な被害をもたらした東日本大震災から、ちょうど1年が過ぎようとしている。振り返ってみれば、震災は日本映画界にも多大な影響を及ぼした。まず、東北を中心に各地の映…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 森達也