映画-Movie Walker > 人物を探す > クリスティン・ラーティ

年代別 映画作品( 1980年 ~ 1996年 まで合計8映画作品)

1996年

ハイダウェイ

  • 1996年5月11日(土)公開
  • 出演(Lindsey 役)

臨死体験で死者の世界と接触できるようになった男の恐怖を描くSFサスペンス。モダン・ホラーの旗手、ディーン・R・クーンツの同名小説(邦訳・文春文庫)をアンドリュー・ウォーカー、ニール・ヒメネズが脚本を執筆、「バーチャル・ウォーズ」のブレット・レナードが監督にあたった。製作はジェリー・バーウィッツ、アガサ・ハンクザコウスキー、ジメル・エヴェレット、撮影は「タンク・ガール」のゲイル・タッターサル、音楽は「死の接吻」のトレヴァー・ジョーンズ、美術はマイケル・ボルトン、編集はB・J・シアーズ、SFX監修はティム・マクガヴァンとソニー・ピクチャーズ・イメージワークスがそれぞれ担当。主演は「ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム。共演は「クルーレス」のアリシア・シルヴァーストーンほか。

監督
ブレット・レナード
出演キャスト
ジェフ・ゴールドブラム アリシア・シルヴァーストーン クリスティン・ラーティ アルフレッド・モリーナ
1993年

心臓が凍る瞬間

  • 1993年3月27日(土)公開
  • 出演(Meredith 役)

空間恐怖症の女性が、自宅という密室の中で殺人に脅かされるというサイコ・スリラー。監督はカルトムービーの傑作として名高い「クロスオーバー・ドリーム」のレオン・イチャソ。エグゼクティブ・プロデューサーはジュディー・グレッグ。計算しつくされた幻惑的なカメラを担当しているのは「キング・オブ・ニューヨーク」のボージャン・バゼリ。前編を盛り上げる音楽は「ハンガー」のマイケル・ルビーニ。

監督
レオン・イチャソ
出演キャスト
クリスティン・ラーティ ディラン・マクダーモット ジェニファー・ルービン デイヴィッド・エイクロイド
1992年

ドクター

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 出演(Anne_Mackee 役)

ガンの宣告を受けたエリート外科医の、医師として人間としてのアイデンティティの揺らぎを描く。監督は「愛は静けさの中に」のランダ・ヘインズ、製作は「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマン、脚本はロバート・キャスウェル、原作はエド・ローゼンバームの実体験に基づいた小説、撮影は「いまを生きる」のジョン・シール、音楽は「ヒドゥン」のマイケル・コンヴァーティノが担当。

監督
ランダ・ヘインズ
出演キャスト
ウィリアム・ハート クリスティン・ラーティ エリザベス・パーキンス マンディ・パティンキン
1988年

旅立ちの時

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(Annie_Pope 役)

両親がテロリストとして指名手配されているある家族の愛と成長を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはバート・ハリスとナオミ・フォーナー、製作はエイミー・ロビンソンとグリフィン・ダン。監督は「キングの報酬」のシドニー・ルメット、脚本はフォーナー、撮影はジェリー・フィシャー、音楽はトニー・モットーラが担当。出演は「シルビーの帰郷」のクリスティン・ラーティ、リヴァー・フェニックスほか。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
クリスティン・ラーティ リヴァー・フェニックス ジャド・ハーシュ マーサ・プリンプトン

シルビーの帰郷

  • 1988年3月26日(土)公開
  • 出演(Sylvie 役)

自由な魂のおもむくままに生き続ける女性の生き方と彼女の影響を受けて自立する姉妹の姿を描く。製作はロバート・F・コールズベリー、脚本・監督は「ローカル・ヒーロー 夢に生きた男」のビル・フォーサイス。原作はマリリン・ロビンソン。撮影はマイケル・コールター、音楽はマイケル・ギブス、美術はエイドリアンヌ・アトキンソンが担当。出演はクリスティン・ラーティ、サラ・ウォーカー、アンドレア・バーチルほか。

監督
ビル・フォーサイス
出演キャスト
クリスティン・ラーティ サラ・ウォーカー アンドレア・バーチル アン・ピトニアク
1987年

女ざかり ホリーとサンディ

  • 1987年4月11日(土)公開
  • 出演(Sandy_Dunlap 役)

2人の対照的な中年女性のそれぞれの愛、友情、家族問題を描く。製作はエドワード・ティーツ、アラン・バーンズ、監督・脚本はアラン・バーンズ、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はパトリック・ウィリアムズが担当。出演はメアリー・タイラー・ムーアほか。

監督
アラン・バーンズ
出演キャスト
メアリー・タイラー・ムーア テッド・ダンソン クリスティン・ラーティ サム・ウォーターストン
1982年

この生命誰のもの

  • 1982年3月20日(土)公開
  • 出演(Dr._Clare 役)

交通事故で四肢の機能を失った若い彫刻家の生きることへの苦悩と愛を描く。製作総指揮はマーティン・C・シュットとレイ・クーニィ、製作はローレンス・P・バックマン、監督は「ドラキュラ(1979)」のジョン・バダム。ブライアン・クラークの舞台劇を基にブライアンとレジナルド・ローズが脚色。撮影はマリオ・トッシ、音楽はアーサー・B・ルービンスタイン、編集はフランク・モリス、製作デザインはジーン・キャラハンが各々担当。出演はリチャード・ドレイファス、ジョン・カサヴェテス、クリスティン・ラーティ、ボブ・バラバン、ケネス・マクミラン、カーキ・ハンター、キャスリン・グロディなど。

監督
ジョン・バダム
出演キャスト
リチャード・ドレイファス ジョン・カサヴェテス クリスティン・ラーティ ボブ・バラバン
1980年

ジャスティス(1979)

  • 1980年3月15日(土)公開
  • 出演(Gail_Parter 役)

メリーランド州、ボルチモアを舞台に、町の法廷にのさばる司法制度の矛盾と裁判の不条理に挑む、理想主義者である若い弁護士の姿を描く。製作総指揮はジョー・ワイザン、製作はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、監督は製作も兼ねる「ローラーボール」のノーマン・ジュイソン、脚本はヴァレリー・カーティンとバリー・レヴィンソン、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジョン・F・バーネット、製作デザインはリチャード・マクドナルド衣裳はルース・マイヤーズが各々担当。出演はアル・パチーノ、ジャック・ウォーデン、ジョン・フォーサイス、リー・ストラスバーグ、ジェフリー・タンバー、クリスティン・ラーティ、サム・レヴィーン、ロバート・クリスチャン、トーマス・G・ウェイツなど。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
アル・パチーノ ジャック・ウォーデン ジョン・フォーサイス リー・ストラスバーグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クリスティン・ラーティ