映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・モンゴメリー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1989年 まで合計38映画作品)

1989年

スミス夫妻

  • 1989年2月11日(土)公開
  • 出演(David_Smith 役)

ふとしたことから結婚が無効であることが判明した一夫婦の騒動を描くコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはハリー・E・エディングトン、監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はノーマン・クラスナ、撮影はハリー・ストラドリング、音楽はロイ・ウェッブが担当。出演はキャロル・ロンバード、ロバート・モンゴメリーほか。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
キャロル・ロンバード ロバート・モンゴメリー ジーン・レイモンド ジャック・カーソン
1960年

山本元帥対ハルゼイ堤督 太平洋紅に染まる時

  • 1960年10月7日公開
  • 監督、製作

ハルゼイ堤督を、その好敵手、山本五十六大将と共に描く戦争映画。バーン・レイ・ジュニアとフランク・D・ギルロイの脚本を「湖中の女」などのロバート・モンゴメリーが監督した(製作も担当)。撮影はジョー・マクドナルド。音楽はロジャー・ワグナー。出演はジェームズ・キャグニー、(これがその映画入り30周年記念作品)、デニス・ウィーバーのほか、後藤武一ら。日本語解説・秋山雪雄。

監督
ロバート・モンゴメリー
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー デニス・ウィーバー ワード・コステロ リチャード・ジャッケル
1954年

コレヒドール戦記

「モガンボ」のジョン・フォードが1945年に海軍に協力して製作監督した海戦映画。ウィリアム・L・ホワイトのベスト・セラー小説を「空の要塞」のフランク・ウィードが脚色した。撮影は「ジェニーの肖像」のジョセフ・オーガスト、音楽はハーバート・ストサートである。出演者は「恋人よ今1度」のロバート・モンゴメリー、「ホンドー」のジョン・ウェイン、「素晴らしき哉、人生!」のドナ・リード、ジャック・ホルト、ウォード・ボンド、マーシャル・トンプソン、ポール・ラングトンなど。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー ジョン・ウェイン ドナ・リード ジャック・ホルト
1950年

天国の怒り

  • 1950年12月5日公開
  • 出演(Philip_Monrell 役)

「奥様は顔が二つ」のゴットフリード・ラインハルトが製作、「マーガレットの旅」の故W・S・ヴァン・ダイク2世が監督した1941年度作品。「心の旅路」のジェームズ・ヒルトンの小説を、小説家のクリストファー・イシャーウッドが俳優兼劇作家のロバート・ソーレンと脚色に当たり、「踊るニューヨーク」のオリヴァー・T・マーシュが撮影、「愛の調べ」のブロニスロー・ケイパーが音楽を担当している。出演者は「恋人よ今一度」のロバート・モンゴメリー、「ジャンヌ・ダーク」のイングリッド・バーグマン、「ドリアン・グレイの肖像」のジョージ・サンダース、「剃刀の刄」のルシル・ワトソン、「ママの思い出」のオスカー・ホモルカの他、フィリップ・メリヴェール、マシュー・ボールトン等である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク2世
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー イングリッド・バーグマン ジョージ・サンダース ルシル・ワトソン

恋人よいま一度

  • 1950年8月1日公開
  • 出演

中年の映画スターに夢中になった少女を描くコメディ。ロバート・カースンとオスカー・ソールの小説の映画化で、脚本はカースンが執筆。製作はジョーン・ハリスン、監督はジョージ・モンゴメリー、撮影はフランツ・プラナー、音楽はエリザベス・ファイアストンが担当。出演はロバート・モンゴメリー、アン・ブライス、ジェーン・コール、テイラー・ホームズ、バーバラ・ペイトンなど。

監督
ジョージ・モンゴメリー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー アン・ブライス ジェーン・コール テイラー・ホームズ
1949年

花嫁の季節

  • 1949年12月公開
  • 出演(Carey_Jackson 役)

「旧友」「偉大な嘘」のベティ・デイヴィスと「湖中の女」「恋愛十字路」のロバート・モンゴメリーが主演する1948年作品で、「千日のアン」「父との生活」等の演出者たるブレテイン・ウィンダストの第2回監督映画(題1作は「冬の会合」)である。脚本はラナルド・マクドゥーガルが、アイリーン・タイとグレーム・ロリマー合作の喜劇を素材として執筆したもの。撮影は「黄金(1948)」「ジョニー・ベリンダ」のテッド・マッコードが担当。音楽はマックス・スタイナーの作曲。助演は「ステート・フェア(1945)」のフェイ・ベインダー、新人ベティ・リン、「接吻売ります」のトム・タリー、「三十四丁目の奇跡(1947)」のジェローム・コウアン、バーバラ・ベイツ、レイモンド・ロー、レイ・モンゴメアリー等である。

監督
ブレテイン・ウィンダスト
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ロバート・モンゴメリー フェイ・ベインター ベティ・リン

恋愛十字路

  • 1949年6月公開
  • 出演(Tommy_Duncan 役)

「ママの思い出」「再会(1944)」のアイリーン・ダンが「湖中の女」「幽霊ニューヨークを歩く」のロバート・モンゴメリーを相手に主演する映画で「ステージ・ドア」「独裁大統領」のグレゴリー・ラ・カヴァが製作・監督した1941作品。脚本は「独裁大統領」と同じくユージーン・サックリーが書卸したもので、撮影は「新婚第一歩」「ホノルル航路」のジョゼフ・ヴァレンタインである。助演者は「決断の谷」のブレストン・フォスターを始め、「快傑ゾロ(1940)」のユージーン・パレット「4人の姉妹」のディック・フォーラン「旧友」のエスター・デール、「春の序曲」のウォルター・カトレットらである。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
アイリーン・ダン ロバート・モンゴメリー プレストン・フォスター ユージン・ポーレット
1947年

湖中の女

  • 1947年10月14日公開
  • 監督、出演(Phillip_Marlow 役)

「幽霊ニューヨークを歩く」のロバート・モンゴメリーが監督に転向しての第一回 作品でレイモンド・チャンドラー作の同名の探偵小説の映画化である。脚本はスティーヴン・フィッシャーが執筆し、監督モントゴメリーが主役フィリップ・マーロウを演じ、新人女優オードリー・トッターをはじめ、「ブルックリン横町」のロイド・ノーラン、「恋の十日間」のトム・タリー、新顔のレオン・エイムス、ジェーン・メドウス、ディック・シモンズ等が共演している。

監督
ロバート・モンゴメリー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー オードリー・トッター ロイド・ノーラン トム・タリー
1946年

幽霊紐育を歩く

  • 1946年7月18日公開
  • 出演(Joe_Pendleton 役)

「恋というもの」「朝飯まで御滞在」といった軽喜劇の得意なアレクサンダー・ホールの監督作品で、ハリー・シーガルの戯曲「天国は待ってくれる」をシドニー・バックマンとシートン・I・ミラーが脚色したもの。エヴェレット・リスキンの製作にかかるコロンビア映画である。主演者ロバート・モンゴメリーは「夜は必ず来る」あたりから普通の二枚目俳優の域を脱して性格的な役柄に転じて来ている。相手役のイヴリン・キースは、この映画に出たのちに「引退した婦人たち」にも続いて出演している。クロード・レインズはかつて「透明人間」「情熱なき犯罪」などに主演した性格俳優で、最近人荷の「カサブランカ」にも出演している。リタ・ジョンソンは新人。エドワード・エヴァレット・ホートンやジェームズ・グリースンなどはいづれも古くから馴染みのある達者な脇役俳優である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー イヴリン・キース クロード・レインズ リタ・ジョンソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・モンゴメリー