TOP > 人物を探す > Edna Mae Cooper

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計5映画作品)

1925年

三人の踊子

  • 1925年
  • 出演(Maggie 役)

「パリ」と同じくエドモンド・グールディング氏の監督サック品で、エドワード・ドゥリング氏の原作を氏自ら脚色して監督完成したものである。主役たる三人の踊子に扮するのは、「マイク」「滑れケリー」主演をサリー・オニール嬢、「密輸入者の恋」「パリ」のジョーン・クローフォード嬢、「我が子」「鷲鳥飼う女」のコンスタンス・ベネット嬢、の三人で、そのじょか「滑れケリー」「マイク」のウィリアム・ヘインズ氏、「パリ」のダグラス。ギルモア氏「笑う男」のサム・ド・グラッス氏、「勇肌美人女給」のヘンリー・コルカー氏、等も主演している。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ジョーン・クロフォード サリー・オニール ウィリアム・ヘインズ
1920年

何故妻を代へる

  • 1920年
  • 出演(Maid 役)

セシル・B・デミルが「夫を変ゆるな」「男性と女性」に続いて製作した道徳劇で、オルガ・プリンツロー女史およびセイダ・コウアンの共同で脚色したものである。主役として「男性と女性」の時と同じくトーマス・ミーアンとグロリア・スワンソンが出演し、そのほかビービー・ダニエルス、セオドア・コスロフ、クラレンス・H・ゲルダートらの著名の人々が出演する。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン グロリア・スワンソン ビービー・ダニエルス セオドア・コスロフ
1919年

男と女と金

  • 1919年
  • 出演(Miss_Cate 役)

コスモ・ハミルトン氏原作の社会劇で、ジョージ・メルフォード氏の監督になったもの。「家庭の女」「女優と兵士」等で紹介されたエセル・クレイトン嬢が主役。アーヴィング・カミングス氏等が相手である。立派な原作がこの映画成功の主要原因であると米誌は評している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
エセル・クレイトン ジェームズ・ニール Jane Wolfe シルヴィア・アッシュトン

愛の覚醒

  • 1919年
  • 出演(Gwendolin_Finn 役)

「盗まれたる女」等同様パラマウント時代のヴィヴィアン・マーティン嬢主演映画で監督も同じくロバート・G・ヴィニョーラ氏である。原作はヘリオドアー・テノ女史、脚色はエディス・ケネディ女史である。相手役としてロバート・エリス氏、ハリソン・フォード。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
ヴィヴィアン・マーティン ハリソン・フォード ロバート・エリス キャスリーン・カーカム
1918年

探鉱家

  • 1918年
  • 出演(Hazel_Watts 役)

デーン・クーリッジ氏の原作で、ドナルド・クリスプ氏監督の活劇で、主役はファーラー嬢の相手として「神に見離された女」「ジャンダーク」等で古典劇に於る手腕を見せたウォーレス・リード氏と「情熱の国」「鉄火ブライス」等に主演したアン・リットル嬢である。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
ウォーレス・リード アン・リットル Edna Mae Cooper ガイ・オリヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Edna Mae Cooper

ムービーウォーカー 上へ戻る