映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリソン・フォード

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1928年 まで合計34映画作品)

1928年

浮気は御法度

  • 1928年公開
  • 出演(Charles_Bateman 役)

「沈黙(1926)」「昨日への道」出演のヴェラ・レイノルズ嬢と「駆落相手違ひ」等出演のハリソン・フォード氏との主演する映画で、W・スコット・ダーリング氏の原作、脚色により「奥様お耳拝借」「グリフィスの婚礼屋」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督した。助演者として「監獄行列車」等出演のジョン・パトリック氏を始めとしてサリー・ランド嬢、キャスリーン・キイ嬢、等が出演する。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ハリソン・フォード ジョン・パトリック サリー・ランド

金髪の歌

  • 1928年公開
  • 出演(Jack_Stanley 役)

「紳士は金髪がお好き(1928)」に主演したルース・テイラー嬢とジェームズ・ホール氏との第1回共演映画で「アビーの白薔薇」の作者アン・ニコルズ女史作の喜劇を映画化したもの。脚色にはフランク・バトラー氏とギルバート・プラット氏が協力し「彌次喜多探偵の巻」「乱暴ロージー」のフランク・ストレイヤー氏が監督した。助演者はかつてパラマウントのスターだったライラ・リー嬢、ハリソン・フォード氏、ウィリアム・オースティン氏、アイヴィー・ハリス嬢ウェード・ボトラー氏等。因みにジェームズ・ホール氏の最近出演映画には「四人の息子(1928)」「娘十八爆発時代」等がある。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジェームズ・ホール ルース・テイラー ハリソン・フォード ウィリアム・オースティン

三週間

  • 1928年公開
  • 出演(Paul_Turner 役)

「あれ」「赤い髪」と同じくクララ・ボウ嬢主演。エリノア・グリン女史原作、クラレンス・バッヂャー氏監督になるモダン趣味の喜劇である。グリン女史の原作をジョン・ファーロウ氏が改作し、ルイズ・ロング女史とパーシー・ヒース氏とサム・ミンツ氏とが共同脚色した。ポー嬢を助けて「娘十八映画時代」「モダン十戒」のニール・ハミルトン氏、「素晴らしい果報者」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏が共演するほか、ガイ・オリヴァー氏、エディス・チャップマン嬢が出演している。カメラは「ニューヨークの波止場」「紳士は金髪がお好き(1928)」のハロルド・ロッソン氏の担任。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ ニール・ハミルトン ガイ・オリヴァー エディス・チャップマン

隼コーラン

  • 1928年公開
  • 出演(Callahan 役)

リチャード・ハーディング・デイヴィス氏の小説の映画化で、エリオット・J・クローソン氏が改作ならびに撮影台本を作成したのに基づき、「船に打ち乗り海原さして」を監督したエルマー・クリフトン氏が監督したものである。主役は「滑れケリー」「メリケン波止場」出演の小役ジュニアー・コーラン君で、「浮気は御法度」出演のハリソン・フォード氏、「ヴォルガの舟唄」「メリケン波止場」出演のエリノア・フェアー嬢が助演するほか、ウェード・ボトラー氏、イヴァン・レベデフ氏、等も出演。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
ジュニアー・コーラン ハリソン・フォード エリノア・フェアー ウェード・ボトラー

ラッシュ・アワー(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Dan_Morley 役)

「美人売約済」と同じくマリー・プレヴォー嬢が主演し、E・メイソン・ホッパー氏が監督した映画。原作はフレデリック並びにファニーの両ハットンの筆になり、それをゼルダ・シアース女史とフレッド・スタンリー氏とが脚色した。主役プレヴァー嬢を助けて「素晴らしい果報者」「隼コーラン」のハリソン・フォード氏、「難破船」のシーナ・オウエン嬢、今はフォックス社で監督として知られているデヴィット・バトラー氏、ワード・クレーン氏、等が主演している。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
マリー・プレヴォー ハリソン・フォード シーナ・オウエン デイヴィッド・バトラー
1927年

寝台車の女

  • 1927年公開
  • 出演(Dr._Donald 役)

「破戒」「美人売約済」のマリー・プレヴォー嬢が主演する映画でウィルソン・コリソン氏の原作から「恋と休暇」「美人売約済」のF・マッグルー・ウィリス氏が脚色並びに撮影台本を執筆し「桃色曲芸団」「我侭女房」のアール・C・ケントン氏が監督し「難破船」「ラッシュ・アワー」のデューウィ・リグリー氏が撮影した。主演者の他に「三週間」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏、「歓楽地帯」「ダイアモンド強奪事件」のキャスリン・マクガイア嬢、「美人売約済」「幻の街」のハリー・マイヤース氏、フランクリン・パングボーン氏、エセル・ウェールス夫人等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
マリー・プレヴォー ハリソン・フォード フランクリン・パングボーン キャスリン・マクガイア
1926年

歌え!踊れ!(1926)

  • 1926年公開
  • 出演(Joseph_Murdock 役)

原作はジョージ・M・コーハン氏がニューヨーク劇壇に於いて大当りを取った氏自作の喜劇でパラマウント社は映画化に際してポール・ショーフィールド氏に脚色せしめ、「ピーターパン(1924)」「人生の舞台裏」等と同じくハーバート・ブレノン氏に監督せしめた。重なる出演俳優は「南海の孤島」「夫婦円満哲学」等出演のトム・ムーア氏、「絶壁に戦う」「情焔の曲」等出演のベシー・ラヴ嬢、「腕自慢」「荒野の孤児」等出演のハリソン・フォード氏等でその他にもノマン・トレヴォア氏、ジョセフィン・ドレイク嬢、ジョージ・ナッシュ氏等が出演する。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
トム・ムーア ベッシー・ラブ ハリソン・フォード ノーマン・トレヴァー

サンディー

  • 1926年公開
  • 出演(Ramon_Worth 役)

エリノア・メヒリン女史作の小説家らイヴ・アンセル女史が脚色し、「恋の舞台姿」「恋の浅瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したもので、主役は「なまけ者」「踊り狂う人々」等出演のマッジ・ベラミー嬢で相手役は「女案内者」「腕自慢」等出演のハリソン・フォード氏が演じ、「なまけ者」出演のレスリー・フェントン氏を始めグロリア・ホープ嬢、チャールズ・バード氏、チャールズ・ファーレル氏、デイヴィッド・トーレンス氏及びジョアン・スタンデーング嬢等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
マッジ・ベラミー レスリー・フェントン ハリソン・フォード グロリア・ホープ

地獄四百丁目

  • 1926年公開
  • 出演(John_North 役)

ヴオーン・ケスター作の小説「正義と不義」に基づいてブラッドリー・キングが脚色し、「傷める胡蝶」「風雲急を告ぐ」等と同じくジョン・グリフィス・レイが監督したもので、主役は「怒号する天地(1925)」「廻る小車」等出演のマーガレット・リヴィングストンと「サンディー」「廻る小車」等出演のハリソン・フォードで、ウオーレス・マクドナルド、ヘンリー・コルカー、マーセリン・デイ等が共演している。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
マーガレット・リヴィングストン ハリソン・フォード ヘンリー・コルカー マーセリン・デイ

素晴らしい果報者

  • 1926年公開
  • 出演(Henry_Williams 役)

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン

関連ニュース

ハリソン・フォードは見飽きた!?『42 世界を変えた男』監督がハリソン出演の経緯を明かす
ハリソン・フォードは見飽きた!?『42 世界を変えた男』監督がハリソン出演の経緯を明かす(2013年11月1日)

ただ一人、大リーグ全球団の永久欠番になった男がいる。初めての黒人選手、ジャッキー・ロビンソンだ。このたび、実話を基にした映画『42 世界を変えた男』(11月1日…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリソン・フォード