TOP > 人物を探す > カリン・ブース

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1953年 まで合計2映画作品)

1952年

決闘カリブ街道

  • 1952年7月31日(木)
  • 出演(Francis 役)

ナット・ホルトの製作になるシネ・カラーの西部活劇1950年作品。監督は「拳銃45」のエドウィン・L・マリン。ジョン・ローズ・スタディーの原作をフランク・グルーバーが脚色した。撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア(「燃える密林」)、音楽はポール・ソーテル(「拳銃の誓い」)の担当。主演は「拳銃45」ノランドルフ・スコットで、ジョージ・ギャビー・ヘイズ(「硝煙の新天地」)、ビル・ウィリアムス(「甦える熱球」)、カリン・ブース、デール・ロバートソン、ヴィクター・ジョリー、ダグラス・ケネディ、ジム・デイヴィスらが助演する。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
ランドルフ・スコット ジョージ・“ギャビー”・ヘイズ ビル・ウィリアムス カリン・ブース
1953年

愚かなり我が心

  • 1953年1月31日(土)
  • 出演(Mriiam_Ball 役)

「我が心の呼ぶ声」と同じくサミュエル・ゴールドウィンが製作し、マーク・ロブソンが監督した恋愛ドラマ。1949年作品。雑誌ニューヨーカーに掲載されたJ・D・サリンジャーの原作小説を、「カサブランカ」などのライター・チーム、ジュリアス・Jとフィリップ・Gのエプスタイン兄弟が脚色した。撮影のリー・ガームス、音楽のヴィクター・ヤングは「われら自身のもの」と同じスタッフ。主演は「我が心の呼ぶ声」のダナ・アンドリュースと「愛欲の十字路」のスーザン・ヘイワードで、ロバート・キース(「烙印」)、ケント・スミス(「摩天楼」)、ロイス・ウィーラー、子役のジジ・ペローらが助演している。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
スーザン・ヘイワード ダナ・アンドリュース ロバート・キース ケント・スミス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > カリン・ブース