TOP > 映画監督・俳優を探す > アメリア・サマーヴィル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1926年 まで合計5映画作品)

1926年

死線を潜りて

  • 1926年
  • 出演(Lady_Jane 役)

ジョージ・ギツブス氏作の小説を映画かしたもので、パウル・ベルン氏が脚色し「山だし娘」「動員一下」等と同じくハワード・ヒギン氏が監督した。主役は「動員一下」「燃ゆる唇」等出演のベン・ライオン氏と「山だし娘」「神ぞ知る」等出演のアイリーン・ブリングル嬢が演じ、シャーロット・ウオーカー嬢、サム・ハーデイー氏、ベーシル・ラスポーン氏、アメリア・サマーヴイル嬢等が助演している。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ベン・ライオン アイリーン・プリングル ベイジル・ラスボーン サム・ハーディ
1924年

ロモラ

  • 1924年
  • 出演(Brigida 役)

「ホワイト・シスター(1923)」に続くリリアン・ギッシュ、ヘンリー・キング作品で、ジョージ・エリオット女史作の名高い小説からウィル・M・リッチー氏が脚色し、ヘンリー・キング氏がイタリアで監督製作した大史劇である。主役は「ホワイト・シスター(1923)」主演のリリアン・ギッシュ嬢で「嵐の孤児」で共演したドロシー・ギッシュ嬢が共演し、「ホワイト・シスター(1923)」出演のロナルド・コールマン史やウィリアム・パウエル氏が重要な役を演じ、その他イタリア俳優連も出演している。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ドロシー・ギッシュ ロナルド・コールマン ウィリアム・パウエル
1920年

愚かなエイプリル

  • 1920年
  • 出演(Clive_Connal 役)

シンシア・ストックリー女史原作のコスモポリタン雑誌掲載の小説をエイドリアン・ジョンソン氏が脚色し、メー・マレイ嬢の夫君であるロバート・Z・レナード氏が監督したものである。「無稽な物語であるから、真面目に考えることは馬鹿らしいくらいであるが、大仕掛けな美しい映画である。」とはニュース誌の評。

監督
ロバート・Z・レオナード アルバート・シーグラー
出演キャスト
マリオン・デイヴィス Madeline Marshall Hattie De Laro アメリア・サマーヴィル
1919年

見習いの妻

  • 1919年
  • 出演(Eunic_Glway 役)

シドニー・A・フランクリン氏監督のセレクト映画で、「高原に咲く花」と同じくノーマ・タルマッジ嬢とトーマス・ミーアン氏の共演である。其他「ウーマン」「空中のローマンス」出演のフローレンス・ビリングス嬢や、「謎の手袋」「愛のモデル」「操り人形」等出演のアレック・B・フランシス氏も出演して居る。喜劇的分子の加味された人情劇でタルマッジ嬢の性格描写が明確に見られる。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ トーマス・ミーアン フローレンス・ビリングス アレック・B・フランシス

強者の暴力

  • 1919年
  • 出演(Margaret_Pettifer 役)

英国の有名な劇作家にして小説家なるA・E・W・メイスンの原作を、ウィーダ・ベルジェールが脚色し、「浮世離れて」「踊り狂いて」などの名篇を監督したジョージ・フィッツモーリスが監督するもの、主役はおなじみ深きエルシー・ファーガスンで、ヴァーノン・スティール、ワーナー・オーランド、ウィンダム・スタンディングらの御歴々の共演である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
エルシー・ファーガスン ヴァーノン・スティール ワーナー・オーランド ウィンダム・スタンディング

アメリア・サマーヴィルの関連人物

Tina Rivali  Eduilio Muzzi  Angelo Scatigna  ボナベンチュラ・イバニェス  Walter McEwen 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アメリア・サマーヴィル

ムービーウォーカー 上へ戻る