映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ペリオラット

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1928年 まで合計23映画作品)

1928年

綽名副牧師

  • 1928年公開
  • 出演(Tony 役)

「のんだくれ」「珍妙楽天王」のジーン・ハーショルト主演映画でジョン・B・ハイマーとルロイ・クレメンス合作の舞台劇に基づいて、チャールズ・ケニヨンが脚本化。監督は「我れ世に誇る」「のんだくれ」「えくぼ御用心」のエドワード・スローマン。共演者は「のんだくれ」「仇敵めがけて」のジューン・マーロウ、「ヨランダ姫」「夢の街」のラルフ・グレイヴスを始め、マートル・ステッドマン、トム・ケネディー、ジョージ・ペリオラットなど。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジーン・ハーショルト ジューン・マーロウ ラルフ・グレイヴス マートル・ステッドマン

オレンジ実る頃

  • 1928年公開
  • 出演(The_Doctor 役)

「鉄條網」「罪に立つ女」に続くポーラ・ネグリ嬢主演映画で、シドニー・ハワード氏の舞台劇に基づき、「鉄條網」「燃ゆる青春」をものしたローランド・V・リー氏が脚色監督したものである。助演俳優は「ステラ・ダラス(1925)」「グリード」等に妙技を讃へられたるジーン・ハーショルト氏、ピー・ディー・シー映画に出演したことのある舞台俳優ケネス・トムソン氏及びジョージ・ペリオラット氏である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ポーラ・ネグリ ジーン・ハーショルト ケネス・トンプソン ジョージ・ペリオラット
1927年

高原王

  • 1927年公開
  • 出演(Fernandez 役)

「ギブソン大手柄」「ギブソンの伊達男」等と同じくフート・ギブソン氏主演西部劇で、ウィリアム・ウオーレス・クツク氏が特に書き下ろした物語をフランク・ハワード・クラーク氏が脚色し「ギブソンの伊達男」「文化娘大事件」等と同じくリーヴス・イースン氏が監督したものである。ギブソン氏の相手役は新進のバーバラ・ウオース嬢が勤めている。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フート・ギブスン バーバラ・ウォース チャールズ・セロン ローザ・ゴア

猛犬ダイナマイト

  • 1927年公開
  • 出演(Colonel_Shelby 役)

「狼の追跡」と同じく警察犬ダイナマイト主演活劇でジョージ・モーガン氏が書き卸した台本によって「パヴー」「王者の如く」等と同じくスチュアート・ペイトン氏が監督したもの。助演者は「狼の追跡」「大軍襲来」等出演のエドモンド・コッブ氏を始めベティー・コルドウェル嬢、ジョージ・ペリオラット氏、アル・ファーガソン氏等である。

監督
スチュアート・ペイトン
出演キャスト
ダイナマイト エドモンド・コッブ ベティー・コルドウエル ジョージ・ペリオラット
1926年

無理矢理探訪大飛脚

  • 1926年公開
  • 出演(Her_Father 役)

「無理矢理空の大統領」「無理矢理ロッキー破り」と同じくモンティ・バンクス氏の主演する長編喜劇であるが、監督は前作品とは異なり「長恨悲歌」「大学行進曲」のエドワード・エッチ・グリフィス氏である。チャールズ・ホーラン氏とアルフ・グールディング氏とが協力して原作を物しあわせて脚本を作った。相手役を演ずるのは「村の医者」「市俄古」のヴァージニア・ブラッドフォード嬢であるが、そのほかメアリー・カー夫人、ヴァージニア・ペアソン嬢、アール・メトカルフ氏、アーニー・ウッド氏、フレッド・ケルシー氏、アメリカ・チェディスター嬢、等も出演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
モンティ・バンクス メアリー・カー Albert Fisher ヴァージニア・ブラッドフォード
1925年

恋文御用心

  • 1925年公開
  • 出演(Dr._Bourget 役)

エルマー・ハリス氏が製作した映画でウィンストン・ブーヴ氏がエインスリー・マガジンに載せた小説を、ハリス氏自らが脚色し、「偉大なる愛(1921)」「物言わぬ北国より」等と々くウィリアム・ウォーシントン氏が監督した。主役は「紐青狂想曲」「南京豆小僧天空の巻」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、ナイルス・ウェルチ氏、アーリン・プレティ嬢、シャノン・ディ嬢、パートラム・グラスビー氏、フリーマン・ウッド氏、ジョージ・ペリオラット氏、などが助演している。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー フランセス・レイモンド アーリン・プリティ シャノン・デイ
1924年

愛人の迷路

  • 1924年公開
  • 出演(Dr._Stone 役)

「ボー・ブラムメル」等の名作を書いたクライド・フィッチ氏の舞台劇に基づき「ボー・ブラムメル」「恋の浅瀬」等を脚色したドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ヤング・ラジャー」「大陸突破」等と同じくフィル・ローセン氏が監督したもの。主役は「そばかす大統領」「恋の浅瀬」等出演のガートルード・オルムステッド嬢、「人生の焔」「野の花」等出演のロバート・エリス氏、「恩愛のむち」等出演のクローファード・ケント氏等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ロバート・エリス ガートルード・オルムステッド クロフォード・ケント Kate Toncray

紅百合

  • 1924年公開
  • 出演(Papa_Bouchard 役)

「海賊アップルジャック」「ピレネーの情火」に続くフレッド・ニブロ氏監督作品で氏の原作になり、ベス・メレディス女史が脚色した。主役は「ピレネーの情火」「アラブ」等のラモン・ノヴァロ氏、「海賊アップルジャック」「ロビン・フッド(1922)」等のエニッド・ベネット嬢で、その他ウォーレス・ビアリー氏、ローズマリー・セビー嬢等が共演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ エニッド・ベネット ウォーレス・ビアリー フランク・カリアー
1923年

ロジタ(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(Rosita's_Father 役)

メアリー・ピックフォードが「嵐の国のテス(1922)」に続いて製作した特作映画で、原作はノルベルト・ファルクの手になり、エドワード・ノブロックが脚色し、ドイツに於いて「パッション」「デセプション」等を監督して有名なエルンスト・ルビッチがアメリカに於ける第1回作品である。ピックフォードの対手はフォックス映画でお馴染みのジョージ・ウォルシュで、舞台の名優ホルブルック・ブリンや、「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチなどが重要な役を受け持っている。因みに本映画がパラマウント映画ポーラ・ネグリ主演の「西班牙の踊子」と同じ原作であると誤りを伝えられているがどちらもスペインが背景であり、時代劇であるということの外には、何等の関係もない。前者の女主人公の名はロジタ、主人公はドン・ディエゴ、後者はマリタナとドン・ケーザル・ド・バザンと、名前を見ても全然異なっている。後者の原作はフランスの戯曲家アドルフ・ダンヌリイとペエ・エス・ペエ・デュマのアール合作のオペラ「ドン・ケーザル・ド・パザン」であることは言うまでもない。尚「ロジタ」の美術監督はデンマークの有名な芸術家スヴェンド・ガーダであることを附言する。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ホルブルック・ブリン アイリーン・リッチ ジョージ・ウォルシュ
1922年

可愛い悪魔(1922 Seiter)

  • 1922年公開
  • 出演(Netherote 役)

「処女の頃」「男装令嬢」等と同じくアール・シー社におけるドリス・メイ嬢主演の喜劇でチャールズ・ローグ氏の原作をギャレット・フォート氏が脚色し、ウィリアム・A・サイター氏が監督した。「我子恋しさ」等主演のカレン・ランディス氏が相手役、その他「処女の頃」と同様オーティス・ハーラン氏ブル・モンタナ氏が出演して味を添えている。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ドリス・メイ カレン・ランディス オーティス・ハーラン ジャクリーヌ・ローガン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ペリオラット