映画-Movie Walker > 人物を探す > ドゥエイン・ヒックマン

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1971年 まで合計5映画作品)

1971年

俺の犬は大泥棒

  • 1971年4月24日(土)公開
  • 出演(Jack 役)

図体に似合わずすばしこく、物をチョロまかす特技のワン君がまきおこす大騒動劇。製作はロン・ミラー、監督は「メリー・ポピンズ」「ラブ・バッグ」のロバート・スティーヴンソン、ゴードン・バフォードの原作をマイルズ・ワイルダーとウィリアム・レイナーが脚色、撮影は「赤いリボンに乾杯!」のウィリアム・スナイダー、音楽はバディ・ベイカーなどがそれぞれ担当。出演は「キャット・バルー」のドゥエイン・ヒックマン、「ガール・ハッピー」のメアリー・アン・モブリー。その他、ジョー・フリン、エルザ・ランチェスターなど。テクニカラー、ビスタサイズ。1969年作品。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
ドゥエイン・ヒックマン メアリー・アン・モブリー ジョー・フリン エルザ・ランチェスター
1967年

スキーパーティー

  • 1967年3月25日公開
  • 出演(Crailg 役)

ロバート・カウフマンの脚本を新鋭アラン・ラフキンが監督した。撮影はジョン・スティーヴンス音楽はアル・シムスが担当した。出演は人気歌手フランキー・アヴァロン、ドゥエイン・ヒックマン、デボラ・ウォーリー、イボンヌ・クレイグ、アロン・キンケイドほか。製作はジーン・コーマン。

監督
アラン・ラフキン
出演キャスト
フランキー・アヴァロン ドゥエイン・ヒックマン デボラ・ウォーリー イボンヌ・クレイグ
1966年

キャット・バルー

  • 1966年2月12日公開
  • 出演(Jed 役)

ロイ・チャンスラーの小説「キャット・バルーのバラード」を、ウォルター・ニューマンとフランク・R・ピアソンが共同脚色、TV「ドクター・キルデア」や「弁護士プレストン」の監督エリオット・シルヴァースタインの劇場映画第一作。撮影は「春来りなば(1956)」のジャック・マータ、音楽は「ちょっとご主人貸して」のフランク・デヴォール(主題歌はマック・デイヴィッドとジェリー・リヴィングストン)が担当した。出演は「輪舞」のジェーン・フォンダ、「殺人者たち」のリー・マーヴィン(2役)「勝利者(1963)」のマイケル・カランのほかに、歌手役で「セントルイス・ブルース」のナット・キング・コール、スタッビー・ケイ。製作は「終身犯」のハロルド・ヘクト。

監督
エリオット・シルヴァースタイン
出演キャスト
ジェーン・フォンダ リー・マービン マイケル・カラン ドゥエイン・ヒックマン
1965年

ビキニマシン

  • 1965年公開
  • 出演(Todd 役)

ジェームズ・ハートフォードの小説を、エルウッド・ウルマンとロバート・カウフマンが脚色、「パームスプリングの週末」のノーマン・タウログが監督したセックス・コメディ。撮影はサム・リーヴィット、音楽はアル・シムスが担当した。出演はヴィンセント・プライス、フランキー・アヴァロン、ドゥエイン・ヒックマンほか。製作はジェームズ・H・ニコルソンとサミュエル・Z・アーコフ。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ヴィンセント・プライス フランキー・アヴァロン ドゥエイン・ヒックマン Susan Hart
1949年

秘めたる心

  • 1949年6月公開
  • 出演(chase_as_child 役)

「卵と私」「ブーム・タウン」のクローデット・コルベール「ミニヴァー夫人」「パーキントン夫人」のウォルター・ビジョン「嘘つきお嬢さん」「姉妹と水兵」のジューン・アリソンが主演する1946年作品でローズ・フランケンとウィリアム・ブラウン・メロニーが書卸したストーリーを、ウイットフィールド・クックとアン・モリスン・チェピンが協力脚色し「美人劇場」「ニュー・ムーン」のロバート・Z・レナードが監督し「育ち行く年」のジョージ・フォルシーが撮影している。共演は「わが家の楽園」のライオネル・バリモア「奥様は顔が二つ」のウィリアム・スターリング「ワルツ・タイム」のパトリシア・メディナ、リチャード・デア、マーシャル・トンプソン等である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
クローデット・コルベール ウォルター・ピジョン ジューン・アリソン ライオネル・バリモア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドゥエイン・ヒックマン