映画-Movie Walker > 人物を探す > ビービー・ダニエルス

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1933年 まで合計39映画作品)

1933年

巨人登場

  • 1933年当年公開
  • 出演(Regina_Gordon 役)

「トパーズ(1933)」「晩餐八時」ジョン・バリモアが主演する映画で、原作はアメリカ有数の劇作家エルマー・ライスの戯曲である。なお、この映画化にあたってはライス自らが特に脚色の筆を執り、監督には「北海の漁火」「鉄血士官校」のウィリアム・ワイラーがあたった。バリモアを助けて出演する人々は、「四十二番街」「ディキシアナ」のビービー・ダニエルスと「ヤング・アメリカ」「シンガポール航路」のドリス・ケニヨンとの2人が主なるもので、それから「ナガナ」のオンスロウ・スティヴンス、「今宵ひととき」のマーヴィン・ダグラス、「めりけん音頭」のセルマ・トッド、「ナイトクラブの女」のメイヨ・メソット、及び原作戯曲の舞台上演に際してその役を舞台に演じたヴィンセント・シャーマン、エルマー・ブラウン、アンジェラ・ジェーコブス、マルカ・コーンシタイン、マーヴィン・クライン、ジョン・ハモンド・デイリー、等も出演している。撮影は「近衛兵」「世界大洪水」のノーバート・ブロディンの担任。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ジョン・バリモア ビービー・ダニエルス ドリス・ケニヨン オンスロー・スティーヴンス

四十二番街

  • 1933年当年公開
  • 出演(Dorothy_Brock 役)

「ブラウン野球虎の巻」「海底マラソン」のロイド・ベーコンが監督した舞台裏情話物で、ブラッドフォード・ロープスの原作に基づいて「つばさの天使」と同じくライアン・ジェームズとジェームズ・シーモアが共同脚色している。キャメラは「仮面の米国」「ルンペン紳士」のソル・ポリートの担任で、ダンスは「パーミィ・デイス」のバスビー・バークレーが振りつけ及び演出している。出演者は「懐かしの谷」「脱走兵」のワーナー・バクスター、「月世界征服(1931)」「マルタの鷹(1931)」のビービー・ダニエルス、「母」「女探偵長」のジョージ・ブレント、ジーグフェルド・フォリーズのスターたるルービィ・キーラー、「待ちかねる処女」「男子入用」のユーナ・マーケル、「母」「ルンペン紳士」のガイ・キッビー、「劇場王ブラウン」のジンジャー・ロジャース、新進のディック・パウエルでその他ネッド・スパークス、アレン・ジェンキンス、ヘンリー・B・ウォルソール、ジョージ・E・ストーン等が助演するほか200名の踊り子たちが出演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ワーナー・バクスター ビービー・ダニエルス ジョージ・ブレント ウナ・マーケル
1931年

近代エロ双紙

  • 1931年当年公開
  • 出演(Dora_Macy 役)

「リオ・リタ」「愛の訪れ」のビーブ・ダンエルス、「青春の夢(1929)」のベン・ライオン、「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演する映画で、チャールズ・ケニヨンが書き下ろし台詞を付したストーリーをもとに「スパイ(1930)」「ブロードウェイ黄金時代」のロイ・デル・ルースが監督し、「スパイ」「地獄の一丁目」と同じくチック・マッギルが撮影にあたったもの。助演者は「アパートの殺人」のナタリー・ムーアヘッド、ジョーン・ブロンデル、アルバート・グラン、ヴァージニア・セールなどである。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ベン・ライオン ルイス・ストーン ジョーン・ブロンデル

月世界征服(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Vivian_Benton 役)

「鉄仮面」「じゃじゃ馬馴らし(1929)」に次ぐダグラス・フェアバンクス主演映画で、作曲者として有名なアーヴィング・バーリンがストーリーを書き下ろし、作曲し、自ら指揮の任にアたった映画で、脚色並びに監督は「トレスパサー」「悪魔の日曜日」のエドモンド・グールディングが担任し、「紐育の囁き」「コウモリは囁く」のレイ・ジューンとロバート・プランクの両人がクランクした。助演者は「愛の訪れ」「近代エロ双紙」のビービー・ダニエルスが相手役として登場するほか「恋の勝馬」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「モンテカルロ」のクロード・アリスター、「殺人犯横行」「ハリウッド盛衰記」のジャック・マルホール、新進ジューン・マックロイ、「スキピイ」のヘレン・ジェローム・エディーの面々である。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス ビービー・ダニエルス エドワード・エヴァレット・ホートン クロード・アリスター

マルタの鷹(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Ruth_Wonderly 役)

ダシール・ハメットの小説を映画化したもので脚色並びに台詞はモード・フルトン、ブラウン・ホームズの2人があたり、監督は「スパイ(1930)」「近代エロ双紙」のロイ・デル・ルースが受持ち「四十八手の裏表」のウィリアム・リースが撮影した。主なる出演者は「近代エロ双紙」「愛の訪れ」のビービー・ダニエルススをはじめ「モンタナの月」「ハア・マン」のリカルド・コンテス、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、ロバート・エリオット、ダッドリー・ディグス、セルマ・トッド、オットー・マテイーソン等々である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ダッドリー・ディグス ウナ・マーケル
1930年

愛の訪れ

  • 1930年当年公開
  • 出演(Peggy 役)

R・K・Oに入社したビービー・ダニエルス嬢が「リオ・リタ」につづく主演映画で、エドワード・ノブロック氏原作の舞台劇より「赤い鳩」のウォーレス・スミス氏が脚色し「春爛漫」「メリケン波止場」のルパート・ジュリアン氏が監督したもの。主演者の他に「彼とお姫様」「恋のサーカス」のロイド・ヒューズ氏、「風」「気まぐれ女優」のモンタギュー・ラヴ氏、ネッド・スパークス氏、アルマ・テル嬢、ライオネル・ベルモア氏等が出演している。撮影は「医師の秘密」「恋愛行進曲」のJ・ロイ・ハント氏が担任。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ロイド・ヒューズ モンタギュー・ラヴ ネッド・スパークス

女賊ガーティー

  • 1930年当年公開
  • 出演(Marie 役)

「リオ・リタ」「愛の訪れ」と同じくビービー・ダニエルス嬢の主演映画でベイヤード・ヴェイラー氏原作の舞台劇から「ブルドッグ・ドラモンド」「愛の訪れ」のウォーレス・スミス氏が脚色し台詞をつけ、「陶酔の毒盃」「鉄腕の男」のジョージ・アーチェンボード氏が監督に当ったもの。主演者を助けて「青春の夢(1929)」「輝く人生」のベン・ライオン氏、「シンギング・フール」「恋の走馬燈」のロバート・エメット・オコナー氏、ジョン・インス氏、デイジー・ベルモア嬢、ベティー・ピアース嬢等が出演している。キャメラは「ヴァージニアン(1929)」「愛の訪れ」のロイ・ハント氏が担任。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ベン・ライオン ロバート・エメット・オコナー ジョン・インス
1929年

リオ・リタ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Rita_Ferguson 役)

R・K・Oラジオ映画中の超特作品で有名なジークフェルトの当り狂言を映画化したものである。原作はガイ・ボルトン氏、フレッド・トンプソン氏合作、ジョセフ・マッカーシー氏が歌詞を執筆、ハリー・ティファニー氏が作曲したオペレッタで、「夜会服」「上海目指して」のルーサー・リード氏が脚色並びに監督し、「復活(1927)」「四枚の羽根」のロバート・カール氏が撮影主任を勤めた。主役は「娘十八」物を名残にパラマウントを去って入社したビービー・ダニエルス嬢で、「最後の警告」「暗黒街のローマンス」のジョン・ボールス氏が相手役を演じ「男女の戦い」「巴里のアパッシュ」のドン・アルヴァラド氏、新進花形ドロシー・リー嬢、舞台で喜劇俳優として著名なバート・ウイーラー氏とロバート・ウールジー氏、エヴァ・ロジタ嬢、ヘレン・カイザー嬢、ニック・デ・ルイス氏、タイニー・サンドフォード氏等が助演している。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジョン・ボールズ ドン・アルヴァラド ドロシー・リー
1928年

娘十八映画時代

  • 1928年当年公開
  • 出演(Pat_Clancey 役)

「娘十八冒険時代」「同爆発時代」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で、モンテ・ブライス氏とハーラン・トンプソン氏合作の物語をロイド・コリガン氏とグローヴァ・ジョンズ氏とが潤色しフローレンス・ライアソン女史が脚色し、「娘十八爆発時代」「赤い髪」などをものしたクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。ダニエルス嬢を助けて「魔の家(1928)」「ショウ・ダウン」のニール・ハミルトン氏、「三罪人」のポール・ルーカス氏、アルフレッド・アレン氏、スペック・オドンネル君、クロード・キング氏が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン ポール・ルーカス アルフレッド・アレン

娘十八コーラス時代

  • 1928年当年公開
  • 出演(Peggy_Lane 役)

「娘十八映画時代」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇でハーラント・トンプスン氏とグローヴァ・ジョーンス氏とが合作した物語をエセル・ドハーティー女史が脚色し「芝居の世の中」「桃色女白浪」等を同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したものである。相手役は「娘十八映画時代」「脚光の影」等主演のニール・ハミルトン氏が勤め、「乙女よ純なれ」のリリアン・タッシュマン嬢を始め、ドリス・ヒル嬢、ジョー・E・ブラウン氏が助演する。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン リリアン・タッシュマン ドリス・ヒル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビービー・ダニエルス