映画-Movie Walker > 人物を探す > アルジェンティナ・ブルネッティ

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1966年 まで合計6映画作品)

1966年

銭の罠

  • 1966年3月2日公開
  • 出演(Aunt 役)

ライオネル・ホワイトの原作を「パリの旅愁」のウォルター・バーンスタインが脚色、「ランダース」のバート・ケネディが監督したスリリングな犯罪ドラマ。撮影は「青空のデイト」のポール・C・ヴォーゲル、音楽はハル・シェーファーが担当した。出演は「不時着」のグレン・フォード、「暗闇でドッキリ」のエルケ・ソマー、「サーカスの世界」のリタ・ヘイワース、「シャイアン」のリカルド・モンタルバン、「ふるえて眠れ」のジョセフ・コットン、ほかにトム・リーズ、ジェームズ・ミッチャム、アルジェンティナ・ブルネッティなど。製作はデイヴィッド・カーとマックス・E・ヤングスタイン。

監督
バート・ケネディ
出演キャスト
グレン・フォード エルケ・ソマー リタ・ヘイワース ジョゼフ・コットン
1961年

復讐に賭ける男

  • 1961年12月5日公開
  • 出演(Mama_Malatesta 役)

惨殺された恩人の仇をうつために、今は青年警官であるかつての孤児が、迷宮入りになりかけた事件に身を賭して挑戦するサスペンス・ドラマ。原作はエドウィン・ブラム。脚色は原作者とジョン・ロビンソンの共同。監督は「挑戦者」のジョセフ・ペヴニーが担当。撮影はラッセル・メティ。音楽はジョセフ・ガーシェンソンである。出演はトニー・カーティス、マリサ・パヴァン、ギルバート・ローランド、ジェイ・C・フリッペン、アルジェンティナ・ブルネッティ、テッド・デ・コルシアなど。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス マリサ・パバン ギルバート・ローランド ジェイ・C・フリッペン
1955年

遥かなる地平線

  • 1955年8月25日公開
  • 出演(Old_Crone 役)

デラ・グールド・エモンズの小説『ショショーニ族のサカジャエア』から「最後の砦」のウィンストン・ミラーと「地球の静止する日」のエドモンド・H・ノースが脚色、「第二の機会」のルドルフ・マテが監督、「底抜け落下傘部隊」のダニエル・L・ファップが撮影、ハンス・J・サルターが音楽を担当する。主なる出演者は「ケイン号の叛乱」のフレッド・マクマレイ、「黒い絨毯」のチャールトン・ヘストン、「雨の朝巴里に死す」のドナ・リード、「窓」のバーバラ・ヘイル、「ネブラスカ魂」のウィリアム・デマレストなどで、ウィリアム・H・パインとウィリアム・C・トマスの製作するビスタビジョン。1955年作品。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
フレッド・マクマレイ チャールトン・ヘストン ドナ・リード バーバラ・ヘイル
1954年

壮烈カイバー銃隊

  • 1954年4月23日公開
  • 出演(Lali 役)

二十世紀フォックス社のシネマスコープ第4回作品で、セポイ反乱を題材にしたタルボット・マンディの小説の映画化である。「脱獄者の秘密」のフランク・P・ローゼンバーグが製作し、「キリマンジャロの雪」のヘンリー・キングが監督したテクニカラー作品(1954年)。「雨に濡れた欲情」のハリー・クライナーが映画用にストーリイを書き「蛮地の太陽」のイヴァン・ゴフ、ベン・ロバーツが脚色した。撮影は「聖衣」のレオン・シャムロイ、音楽は「キリマンジャロの雪」のバーナード・ハーマンの担当。主演は「ミシシッピの賭博師」のタイロン・パワー、「綱渡りの男」のテリー・ムーア、「聖衣」のマイケル・レニーで、ジョン・ジャスティン(「メルバ」)、ガイ・ロルフ(「悲恋の王女エリザベス」)、リチャード・スタップリイ、マレイ・マシスン(「流刑の大陸」)らが助演する。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
タイロン・パワー テリー・ムーア マイケル・レニー ジョン・ジャスティン
1951年

折れた矢(1950)

  • 1951年9月21日公開
  • 出演(Nalkadeya 役)

フォックスの新鋭プロデューサー、ジュリアン・ブラウステインの1950年度製作作品。エリオット・アーノルドの原作小説「ブラッド・ブラザア」から「四人の息子(1941)」のマイケル・ブランクフォートが脚色、「潜行者」のデルマー・デイヴスが監督した。撮影は「嵐の園」のアーネスト・パーマー、音楽は「気まぐれ天使」のヒューゴー・フリードホーファーの担当。主人公には「不時着結婚」のジェームズ・スチュアートが扮し、以下49年にラジオから映画入りしたジェフ・チャンドラー、「他人の家」のデブラ・パジェット、バシル・ルイスダール、ウィル・ギアらが助演する。

監督
デルマー・デイヴス
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート ジェフ・チャンドラー デブラ・パジェット ベイジル・ルイスディール
1949年

クマオンの人喰虎

  • 1949年11月公開
  • 出演(Sita 役)

モンティ・シャフがフランク・P・ローゼンバーグと協同して製作した1948年作品。ジム・コーベットの手記をリチャード・G・ハブラーとアルデン・ナッシュが協力して改作し「この虫10万ドル」のルイス・メルツァーとジーン・バートレットが脚色し、かつて撮影技師だったバイロン・ハスキンが監督「ブルースの誕生」のウィリアム・C・メラーが撮影した。主演はかつて「カラナグ」に出演したサブーと「被告」にも出演している舞台からきた新人ウェンデル・コーリーで「アメリカ交響楽」のモーリス・カーノフスキー、新人ジョーン・ページ、アルジェンティナ・ブルネッティ等が助演する。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
サブウ ウェンデル・コーリー ジョーン・ページ モーリス・カーノフスキー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルジェンティナ・ブルネッティ