映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・エリス

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1950年 まで合計19映画作品)

1950年

オマハ街道

  • 1950年9月5日(火)公開
  • 出演

機関車輸送をめぐる陸運業者同士の対立を描く西部劇。脚本はジェシ・ラスキー・ジュニアとヒューゴー・バトラーが共同で執筆。製作はジャック・シェルトク、監督はエドワード・バゼル、撮影はシドニー・ワグナー、音楽はデイヴィッド・スネルが担当。出演はジェームス・クレイグ、パメラ・ブレーク、ディーン・ジャガー、エドワード・エリス、チル・ウィルスなど。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
ジェームス・クレイグ パメラ・ブレーク ディーン・ジャガー エドワード・エリス
1938年

天晴れテンプル

  • 1938年当年公開
  • 出演(Pop_Shea 役)

「テンプルちゃんお芽出度う」「同福の神」と同じくアーヴィング・カミングスが監督したシャーリー・テンプル主演映画で「煌めく銀星」の脚色チームのハリー・テュゲンド、ジャック・イェレンが脚本を書き卸したもの。撮影は「ハイディ」「軍使」のアーサー・ミラーの担当で、助演者は「忘れがたみ」「スイングの女王」のジョージ・マーフィー「大学の顔役」のジミー・デューラント、「恋いの挽歌」のエドナ・メイ・オリヴァー、「シカゴ」のフィリス・ブルックス、「煌めく銀星」のジョージ・バービア、「天晴れ着陸」のエル・ブレンデル等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジョージ・マーフィー ジミー・デューラント フィリス・ブルックス
1937年

セイルムの娘

  • 1937年当年公開
  • 出演(Elder_Goode 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード

深夜のマドンナ

  • 1937年当年公開
  • 出演(Judge_Clark 役)

「黎明の丘(1937)」「浮気名女優」のウォーレン・ウィリアムと映画初出演の舞台女優マディー・コレルとが主演する映画で、デイヴィッド・ボームの原作を「黎明の丘(1937)」のドリス・マロイと「懐かしのケンタッキイ(1935)」のグラディス・レーマンが協力脚色し、「盲目の飛行士」「上海」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、「爆破光線」ロバート・ピッタックが撮影した。助演者は新子役キティー・クランシー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス、「爆破光線」のロバート・ボールドウィン、ジョナサン・ヘイルその他である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム マディー・コレル キティー・クランシー エドワード・エリス

民衆の為に

  • 1937年当年公開
  • 出演(Pete_Lindsey 役)

「失はれた地平線」「山は笑う」のジョン・ハワードと「天使の花園」「沿岸警備船」のナン・グレイが主役を勤める映画でリチャード・ウォームサーのオリジナル・ストーリーをブールス・マニングとライオネル・ハウザーが協力脚色し、「楽天伯爵」「女罠」のハロルド・ヤングが監督に当たり、「日かげの花」のジェームズ・バン・ツリース賀撮影したもの。助演俳優は「激怒(1936)」のエドワード・エリス、「銀翼の戦慄」のジュディス・バーレット、新人ロバート・ウイルコックス、「ロミオとジュリエット」のヘンリー・コルカーである。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
ジョン・ハワード ナン・グレイ エドワード・エリス ジュディス・バーレット
1936年

愛情無限

  • 1936年当年公開
  • 出演(Jim_Talbot 役)

「晩春」と同じくアン・ハーディングとハーバート・マーシャルが主演する映画で、「一対二」「ロマンスの街」のスチーヴン・ロバーツが監督にあたったもの。ストーリーは「米国の機密室」の脚色者P・J・ウルフソンが書き下ろし、「一対二」のアンソニー・ヴェイラーと協力してウルフスンが脚色した。助演俳優は「シスコ・キッド(1935)」のマーガレット・リンゼイ、「三銃士(1935)」のウォルター・エイベル、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、ホバート・カヴァナの面々で、カメラは「一対二」のJ・ロイ・ハントの担当。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
アン・ハーディング ハーバート・マーシャル マーガレット・リンゼイ ウォルター・エイベル

激怒(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Sheriff 役)

「丘の一本松」「Gウーマン」のシルヴィア・シドニーと「港に異常なし」「諾?否?」のスペンサー・トレイシーが出演する映画で、「M」「怪人マブゼ博士」のフリッツ・ラングの渡米第一回監督作品である。原作はノーマン・クラスナが書き下ろし、監督ランクが「恐怖の4人」のバーレット・コーマックと共同脚色した。助演者は「三銃士(1935)」のウォルター・エイベル、「情無用ッ」のブルース・キャボット、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス、「地獄への挑戦」のウォルター・ブレナン、新顔のジョージ・ウォルコット、フランク・アルバートスン等で、撮影は「地獄への挑戦」のジョゼフ・ルッテンバーグの担任である。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー スペンサー・トレイシー ウォルター・エイベル ブルース・キャボット

テキサス決死隊(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Major_Bailey 役)

テキサス州百年祭に因んで作られた映画で、「薔薇は何故紅い」「麦秋」のキング・ヴィダーが原作・監督・製作したもの。脚本は「空飛ぶ悪魔」のルイス・スティーヴンスンが任じた。主演は「丘の一本松」「春を手さぐる」のフレッド・マクマレイと「女学生大行進」「1936年の大放送」のジャック・オーキーで、「幽霊西へ行く」「シーコウヤ」のジーン・パーカーを始め、「片道切符」「無法地獄」のロイド・ノーラン、「航空十三時間」のベニー・バートレット、「星の奇蹟」のエドワード・エリス、エレナ・マルチネス、フランク・シャノン等が助演する。撮影は「野いばら」「旅烏子供連れ」のエドワード・クロンジェガーの担当である。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジャック・オーキー ジーン・パーカー ロイド・ノーラン

目撃者(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Judge_Gaunt 役)

マクスウェル・アンダースン作の舞台劇の映画化で、舞台と同じくバージェス・メレディス、「情熱なき犯罪」「ロビンフッドの復讐」のマーゴ、「ウィーンの再会」「生きているモレア」のエドワード・チアネーリの3人が主演する。脚色には「愛情無限」「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが当たり、「ある女の一生」「嵐の国テス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「愛の花篭」「三銃士(1935)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演俳優は「愛情無限」のエドワード・エリス、「特高警察のポール・ギルフォイル、舞台から来たモーリス・モスコヴィッチ、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラディン、「生きているモレア」のスタンリー・リッジス等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
バージェス・メレディス マーゴ エドワード・チアネーリ ジョン・キャラダイン
1935年

うるさき人々

  • 1935年当年公開
  • 出演(Old_Ike 役)

「痴人の愛」「泉」「恋の歌」のジョン・クロムウェルが監督した映画で、「南風」「あめりか祭」と同じくフィル・ストングの小説の映画化。脚色は「トップ・ハット」のアラン・スコットが任じ、撮影は「ロマンその街角」のニック・ミニズラカの担当。出演者は「ロバータ」「薔薇はなぜ紅い」のランドルフ・スコット、「雁(かりがね)」「痴人の愛」のケイ・ジョンソンを始め、「ロマンスの街」のアーサー・ホール、運ちゃん武勇伝」のロバート・バラット、「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、ドロシー・バージェス等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ランドルフ・スコット ケイ・ジョンソン アーサー・ホール ロバート・バラット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・エリス