映画-Movie Walker > 人物を探す > アダム・ボールドウィン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1996年 まで合計11映画作品)

1996年

インデペンデンス・デイ

  • 1996年12月7日(土)公開
  • 出演(Major Mitchell 役)

地球を侵略せんとする異星人と人類の3日間の攻防を描き、世界各地で大ヒットしたSFパニック超大作。ミニチュア・ワークをはじめとする伝統的な手法と最新のデジタル技術を組み合わせたSFXを駆使し、数千人のエキストラを動員したスペクタクル場面の迫力が圧巻。古典的なプロットを現代に再生したのは、「ユニバーサル・ソルジャー」「スターゲイト」の監督ローランド・エメリッヒと製作ディーン・デヴリンのコンビで、脚本も2人の共同。エグゼクティヴ・プロデューサーはエメリッヒ、彼の実妹ウテ・エメリッヒ、「ハンテッド」のウィリアム・フェイ。撮影のウォルター・リンデンローブ、美術のオリヴァー・スコールとパトリック・タトポロス、音楽のデイヴィッド・アーノルド、衣裳のジョゼフ・ポロは前作「スターゲイト」に続いての参加。世界各国の混成チームのSFX陣をまとめた視覚効果監修は、ドイツ時代からのエメリッヒの盟友で「MOON<ムーン>44」「ユニバーサル・ソルジャー」を手掛けたフォルカー・エンゲルと、「バットマン・フォーエヴァー」のダグラス・スミス。出演は「バッドボーイズ(1995)」のウィル・スミス、「あなたが寝てる間に…」のビル・プルマン、「9か月」のジェフ・ゴールドブラム、「スニーカーズ」のメアリー・マクドネル、「旅立ちの時」のジャド・ハーシュ、「アイ・ラブ・トラブル」のロバート・ロッジア、「ラストダンス」のランディ・クエイド、テレビ・シリーズ『新スタートレック』でのアンドロイドのデータ役で知られる「ジェネレーションズ」のブレント・スパイナー、「コピーキャット」のハリー・コニック・ジュニアほか多彩な顔ぶれ。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
ウィル・スミス ビル・プルマン ジェフ・ゴールドブラム メアリー・マクドネル
1994年

ワイアット・アープ(1994)

  • 1994年公開
  • 出演(Tom McLaury 役)

西部開拓史の伝説のヒーロー、ワイアット・アープの波乱万丈の生涯を描いた西部劇の大作。従来のアープものと異なり、史実に忠実で重厚な人間ドラマとして描かれている。監督は「シルバラード」に続き西部劇を手掛けたローレンス・カスダン。脚本はカスダンとジム・ウィルソンのオリジナル。製作はカスダン、ウィルソン、主演のケヴィン・コスナーの共同。撮影はオーウェン・ロイズマン、美術のアイダ・ランダム、編集のキャロル・リトルトンら主要スタッフはカスダン作品の常連揃い。ほかに、音楽に「わかれ路(1994)」のジェームズ・ニュートン・ハワードら。「シルバラード」やカスダン脚本の「ボディガード(1992)」に主演したケヴィン・コスナーが堂々たる風格でアープを演じるほか、親友ドク・ホリデイ役のデニス・クエイドをはじめ、「ジェロニモ(1994)」のジーン・ハックマン、「フィアレス」のイザベラ・ロッセリーニほか多彩なキャスト。

監督
ローレンス・カスダン
出演キャスト
ケヴィン・コスナー デニス・クエイド ジーン・ハックマン ジェフ・フェイヒー

ブロンドの標的

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 出演(Bobby Brody Jr. 役)

父親の遺産を継いだ青年が、2人の謎のブロンド美女に翻弄されるさまを描いたフィルムノワール調の悪女サスペンス。主演女優2人が見事な肢体を披露してみせる、官能描写も魅力の一つ。監督は19歳でUCLAフィルムスクールを卒業し、「ゴーストバスターズ」「2010年」などの製作アシスタントを経て、本作でデビューしたデュエイン・クラーク。脚本はランドール・フォンタナで、着想は40年代のフィルムノワールの名作や、ジャック・ターナー、ニコラス・レイ監督などの諸作から得ているという。製作はスティーヴン・ポールとゲイリー・ビンコウ、撮影はアダム・ケイン、音楽はマイケル・タヴェサが担当。主演は元エイス・ワンダーのヴォーカルで、「リーサル・ウェポン2」「シュリンジ」のパッツィ・ケンジット、「ドアーズ」「心臓が凍る瞬間」「ダリアン」のジェニファー・ルービン、ボールドウィン兄弟の末っ子で「7月4日に生まれて」「黒豹のバラード」のスティーブン・ボールドウィン。彼の兄アダム・ボールドウィンが助演している。

監督
デュエイン・クラーク
出演キャスト
パッツィ・ケンジット スティーブン・ボールドウィン ジェニファー・ルービン アダム・ボールドウィン
1993年

ハートブレイク・タウン

  • 1993年1月23日(土)公開
  • 出演(Black 役)

ハリウッド大通りを溜り場にするストリート・キッズたちの姿を描いたセミ・ドキュメンタリー・タッチの群像ドラマ。監督・脚本は「ドリーム・ドリーム」の28才の新鋭マーク・ロッコ。製作はポール・ハーツバーグ、エクゼクティブ・プロデューサーはロッコとリサ・M・ハンセン、共同脚本はマイケル・ヒッチコックとカート・ヴォス、撮影は「ガッチャ」のキング・バゴット、音楽はビル・フィージが担当。主演は「恋の時給は4ドル44セント」のダーモット・マルロニー、「ツイン・ピークス」のドナ役のララ・フリン・ボイル、「蠅の王」のバルタザール・ゲティ。

監督
マーク・ロッコ
出演キャスト
ダーモット・マローニー ララ・フリン・ボイル バルサザール・ゲティ ショーン・アスティン
1992年

ラジオ・フライヤー

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 出演(The_King 役)

義理の父親にいじめられる弟を見兼ねた兄が、伝説に夢を託して弟を救い出すまでを描いた家族愛のドラマ。監督は「リーサル・ウェポン3」のリチャード・ドナー、製作は「セント・エルモス・ファイアー」のローレン・シュラー・ドナー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「氷の微笑」のマイケル・ダグラス、リック・ビーバー、デイヴィッド・ミッキー・エヴァンス、脚本はデイヴィッド・ミッキー・エヴァンス、撮影は「ゴーストバスターズ」のラズロ・コヴァックス、音楽は「テルマ&ルイーズ」のハンス・ジマーが担当。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
ロレイン・ブラッコ ジョン・ハード アダム・ボールドウィン イライジャ・ウッド
1990年

ジャッカー

  • 1990年3月17日(土)公開
  • 出演(Tate 役)

組織の殺人を目撃したため誘拐された少年と、2人の殺し屋が車中で過ごす心理的駆け引きに満ちた一夜を描くサスペンス・アクション。製作はアントニー・ルーファス・アイザックスとジェフ・ヤング、監督・脚本はこれがデビューの26歳、「ヒッチャー」の脚本家エリック・レッド、撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はビル・コンティが担当。出演はロイ・シャイダー、アダム・ボールドウィンほか。

監督
エリック・レッド
出演キャスト
ロイ・シャイダー アダム・ボールドウィン ハーリー・クロス

チョコレート・ウォー

  • 1990年2月10日(土)公開
  • 出演(Carter 役)

学園の秘密組織の見えざる圧力に立ち向かうひとりの学生の姿を描くドラマ。ロバート・コーミアの同名小説の映画化で、製作はジョナサン・D・クレイン、監督・脚本は本作品が長篇第1作になるキース・ゴードン、撮影はトム・リッチモンドが担当。出演はイラン・ミッチェル・スミス、ジョン・グローヴァーほか。

監督
キース・ゴードン
出演キャスト
ジョン・グロヴァー イラン・ミッチェル・スミス ウォーリー・ウォード ダグ・ハッチソン
1988年

フルメタル・ジャケット

  • 1988年3月19日(土)公開
  • 出演(Animal_Mother 役)

ヴェトナム戦争を舞台に、新兵の厳しい訓練と彼らが赴いた戦場での体験を描く。「シャイニング」以来7年ぶりのスタンリー・キューブリック製作・監督作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはヤン・ハーラン、共同製作にフィリップ・ホブス。グスタフ・ハスフォードの原作をハスフォード自らとキューブリックおよびマイケル・ハーが脚色。撮影はダグラス・ミルサム、プロダクション・デザイナーはアントン・ファースト、音楽はアビゲイル・ミード、編集はマーティン・ハンター、録音はエドワード・タイズが担当。出演は「ビジョン・クエスト 青春の賭け」のマシュー・モディン、「地獄の黙示録」のリー・アーメイ、「俺達の明日」のアダム・ボールドウィン、ヴィンセント・ドノフリオほか。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
マシュー・モディン アダム・ボールドウィン ヴィンセント・ドノフリオ R・リー・アーメイ
1984年

D.C.キャブ

  • 1984年12月22日(土)公開
  • 出演(Albert 役)

ワシントンのタクシー会社を舞台にした喜劇。製作はトッパー・ケイルー。共同製作はカシアス・ヴァーノン・ウェザビー。エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・グーバーとジョン・ピータース。監督は「縮みゆく女」(81)のジョエル・シューマカー。トッパ!・ケイルーとジョエル・シューマカーの原案に基づいてシューマッチャーが脚色。撮影はディーン・カンディ、音楽はジョルジオ・モロダーが担当。出演はアダム・ボールドウィン、ミスター・T、チャーリー・バネット、マックス・ゲイルなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は進藤光太。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ジョエル・シューマカー
出演キャスト
アダム・ボールドウィン チャーリー・バーネット アン・デ・サルヴォ マックス・ゲイル

俺達の明日

  • 1984年6月23日(土)公開
  • 出演(Randy_Daniels 役)

現在の境遇に満足できない若者たちが、生きがいを求めて故郷を去ってゆく姿を描く青春映画。製作はエドガー・J・シェリックとスコット・ルーディン、監督はこれがデビュー作になるジェームズ・フォーリー、脚本はクリス・コロンバス、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はトーマス・ニューマン、編集はアルバート・マグノーリ、プロダクション・デザイナーはジェフリー・タウンセンドが担当。出演はアイダン・クイン、ダリル・ハンナ、ケネス・マクミラン、クリフ・デ・ヤングなど。日本版字幕は菊地浩司。メトロカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ジェームズ・フォーリー
出演キャスト
エイダン・クイン ダリル・ハンナ ケネス・マクミラン クリフ・デ・ヤング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アダム・ボールドウィン