映画-Movie Walker > 人物を探す > パティ・マコーマック

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1976年 まで合計6映画作品)

1976年

燃える昆虫軍団

  • 1976年6月19日(土)公開
  • 出演(Silbia 役)

大地の亀裂からはい上がってきた巨大な昆虫たちと人間の戦いを描く。製作はウィリアム・キャッスル、監督はジャノー・シュワーク、脚本はキャッスルとトーマス・ペンジ、原作はトーマス・ペイジ、撮影はミシェル・ユーゴー、音楽はチャールズ・フォックスが各々担当。出演はブラッドフォード・ディルマン、ジョアンナ・マイルズ、リチャード・ギリランド、アラン・ファッジ、ジェミー・スミス・ジャクソン、ジェシー・ヴィント、パティ・マコーマックなど。

監督
ジャノー・シュワーク
出演キャスト
ブラッドフォード・ディルマン ジョアナ・マイルズ リチャード・ギリランド アラン・ファッジ
1970年

ヤング・アニマル

  • 1970年10月10日(土)公開
  • 出演(Janet 役)

アメリカ人の心に巣食う有色人種偏見、それにより生ずる感情的な対立と忌まわしい暴力行為、差別に対する不満から展開される学園紛争、病めるアメリカのハイティーン高校生の無軌道な生態。監督をモーリー・デクスター、脚本ジェームズ・ゴードン・ホワイト、撮影ケン・ピーチ、音楽レス・バクスターが担当。出演は「キャット・バルー」のトム・ナルディーニ、「悪い種子」のパティ・マコーマック、TV出身のデイヴィッド・マックリンや「アメリカ アメリカ」のジョアンナ・フランクなど。イーストマンカラー、スタンド。1968年作品。

監督
モーリー・デクスター
出演キャスト
トム・ナルディーニ パティ・マコーマック デイヴィッド・マックリン ジョアンナ・フランク
1969年

地獄の暴走

  • 1969年10月21日(火)公開
  • 出演(Edie 役)

ミニ・スカートの地獄の天使たちの生態を描く作品。ジェームズ・ゴードン・ホワイトの脚本からモーリー・デクスターが製作・監督。撮影はアーチ・R・ダルゼル。出演は、ジェレミー・スレート、モデルあがりのダイアン・マックベイン、シェリー・ジャクソン、「悪い種子」のパティ・マコーマック。

監督
モーリー・デクスター
出演キャスト
ジェレミー・スレート ダイアン・マクベイン シェリー・ジャクソン パティ・マコーマック

俺たちに鎖はない

  • 1969年5月24日(土)公開
  • 出演(Deanie_Donford 役)

「わかれ道(1963)」のオービル・H・ハンプトンのシナリオを、テレビ畑の新鋭アーサー・ドレイファスが監督したもので、10代の少年少女の、家出問題を扱っている。撮影は「引き裂かれたカーテン」のジョン・F・ウォレン、音楽は「フランキーandジョニー」のフレッド・カーガーが担当した。美術監督はジョージ・W・デイヴィスとメリル・パイ、編集はベン・ルイス、出演はテレビ「ボナンザ」の新人ブルック・バンディ、この映画の主題歌の作詞・作曲をしているケヴィン・コフリン、「悪い種子」の少女スターだったパティ・マコーマックほか。製作は「青空のデイト」のサム・カッツマン。

監督
アーサー・ドレイファス
出演キャスト
ブルック・バンディ ケヴィン・コフリン ロイド・ボックナー パティ・マコーマック
1958年

白い丘

  • 1958年10月29日(水)公開
  • 出演(Annabelle_Eunson 役)

19世紀の中頃、ウィスコンシン州に実際にあった、スコットランド移民の若夫婦とその子供たちをめぐる心暖まる物語を、この物語の主人公の子孫にあたる作家キャサリンおよびデール・ユンソンが小説化したものの映画化。脚本も同じ原作者2人があたり、監督はテレビ出身のアレン・レイスナーが担当した。撮影監督は「ディズニーの宇宙旅行」のウィリアム・V・スコール。音楽はマックス・スタイナー。この物語はCBSテレビのクリスマス特別番組としても放送され、好評を博した。主演は「日本での冒険」のキャメロン・ミッチェル、「剣とばら」のグリニス・ジョンズが父母に扮する他、「悪い種子」のパティ・マコーマック、「愛情物語」のレックス・トンプソン、テリー・アン・ロス、ヨランド・ホワイト等の子役陣が出演している。助演はアラン・ヘール、マーガレット・レイトン等。製作サム・ウィーセンサル。

監督
アレン・レイスナー
出演キャスト
グリニス・ジョンズ キャメロン・ミッチェル レックス・トンプソン パティ・マコーマック
1957年

悪い種子

  • 1957年4月4日(木)公開
  • 出演(Rhoda 役)

8歳の少女が殺人事件を犯すショッキングなテーマを描いた作家ウィリアム・マーチの原作を「栄光何するものぞ」の脚本を執筆した劇作家マックスウェル・アンダースンが劇化、ブロードウェイで記録的上演を続けたものを「巨象の道」のジョン・リー・メインが脚色し、「荒野の貴婦人」のマーヴィン・ルロイが監督、同じくハロルド・ロッソンが撮影を担当した。音楽は「ながれ者」のアレックス・ノース。主演は、殆ど舞台そのままで主人公のローダに10歳のパティ・マコーマックのほか「ターザン砂漠へ行く」のナンシー・ケリー、「理由なき反抗」のウィリアム・ホッパー、「傷だらけの栄光」のアイリーン・ヘッカート、「ジャイアンツ」のポール・フィックスなど。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ナンシー・ケリー パティ・マコーマック ヘンリー・ジョーンズ アイリーン・ヘッカート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パティ・マコーマック