映画-Movie Walker > 人物を探す > Sidney De Grey

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1932年 まで合計12映画作品)

1932年

人類の戦士

  • 1932年公開
  • 出演(Dr._Hesselink 役)

「国際盗賊ホテル」に次ぐロナルド・コールマン主演映画で、「本町通り」「バビット」と同じくシンクレア・ルイス作の小説を「怪紳士」「曳かれゆく男」等のコールマン映画の脚色者シドニー・ハワードが脚色に当り、「大空の闘士」「餓鬼娘」のジョン・フォードが監督し、「海賊(1931)」「即興恋愛詩」のレイ・ジューンが撮影した。「マデロンの悲劇」「武器よさらば」のヘレン・ヘイズがコールマンの相手役を勤め、「百万円貰ったら」「頬は薔薇色」のリチャード・ベネット、「シンガポール航路」のA・E・アンソン、「愛に叛く者」のマーナ・ローイ、「街の風景」のラッセル・ホプトン及びデイヴィッド・ランドー、クラレンス・ブルックス、アレック・B・フランシス等助演。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヘレン・ヘイズ リチャード・ベネット A・E・アンソン
1930年

三人姉妹(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Tito 役)

ジョージ・ブルックスと「キャバレーの秘話」「クリスティナ」のマリオン・オースとが合作したストーリーからジョージ・ブルックスと「黒時計連隊」のジェームズ・マクギネスとが脚色し、「ディキシー歌舞曲」「ダニューブ河の漣」のポール・H・スローンが監督したもので撮影は「鉄骨エロ騒動」「心許すな殿方に」のL・ウィリアム・オコンネル。主なる出演者は「母ぞよく知る」「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサー、「最後の一人」のケネス・マッケンナ、「最敬礼」「友愛天国」のジョイス・コンプトン、「ハッピイ・デイス」「南海の薔薇」のトム・パトリコア、アディー・マックフォールなどである。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー トム・パトリコラ ケネス・マッケンナ ジョイス・コンプトン
1926年

紳士

  • 1926年公開
  • 出演(Captain_Chumley 役)

ジェフリー・ファーノル氏作小説をリリー・ヘイワード女史が脚色し「海行く恋」「蜂雀」等と同じくシドニー・オルコット氏が監督したもので、主役は「美しの都」「憧れの水兵」等主演のリチャード・パーセルメス氏が演じ、相手役は新進のドロシー・ダンバー嬢が勤め、「奔流天に騰る」出演のガードナー・ジェームズ氏を始め、ナイジェル・バリー氏、ブランドン・ハースト氏、ジョン・ミルジャン氏等が助演している。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ドロシー・ダンバー ガードナー・ジェームズ ナイジェル・バリー

白銀の財宝

  • 1926年公開
  • 出演(Capt._Mitchell 役)

「卑怯者」の原作者ジョセフ・コンラッドの著名な小説『ノストロモ』を映画化したもので、ロバート・N・リーが脚色し「戦禍」「国なき人」などと同じくローランド・V・リーが監督した。主役は「愛の投縄」「無花果の葉」「3悪人」など出演のジョージ・オブライエンが勤め、「3悪人」「サイベリア」など出演のルー・テリジェン、心身のジョアン・ルネ、ヘレナ・ダルジー、ヘッダ・ホッパーが共演するほか「人生の行路」出演の英国名優スチュワート・ロームも重要なる役を演じている。その他エヴェリン・セルビー、ハーヴェイ・クラーク、オットー・マティーソン、桑原ジョージなどが助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ジョアン・ルネ ルー・テリジェン ヘレナ・ダルジー
1924年

青春の美酒

  • 1924年公開
  • 出演(Docter 役)

「男子凱旋」「腕自慢」等と同じくキング・ヴィダー氏監督作品で原作はラシェル・クロザース女史作の戯曲で1923年にニューヨークで上演されたもの。撮影台本はケイリー・ウィルソン氏が執筆した。主役は「腕自慢」「新婚の危機」「惑溺の十字路」等出演のエリナー・ボードマン嬢で、対手役は「動員一下」「荒み行く女性」等出演のベン・ライオン氏と「囁きの小径」「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が勤め、ポーリン・ギャロン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏、ロバート・エイニュー氏、ジェームズ・モリソン氏、クレイトン・ヘール氏、ジョニー・ウォーカー氏、ナイルス・ウェルチ氏等が助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン ジェームズ・モリソン ジョニー・ウォーカー ナイルス・ウェルチ
1923年

隣同士大取組

  • 1923年公開
  • 出演(John_Alden_Kimberly 役)

「北緯三十六度」の原作者エマーソン・ホウ作の小説をC・グレアム・ベイカーが脚色し「サイベリア」「迷路の乙女」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲルが監督したもので主役は「大自然の籠児」「悪魔の罵る声」等出演のアリス・カルホーンと「洪水!洪水!」「キャプテン・ブラッド」等出演のジェームズ・モリソンで、デイヴィッド・トーレンス、フランク・シェリダン、ジョン・ステップリング、アディル・ファリントン等が共演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
アリス・カルホーン ジェームズ・モリソン デイヴィッド・トーレンス フランク・シェリダン

オレゴンの勇者

  • 1923年公開
  • 出演(Hernandez_Valasquez 役)

ユ社独特の歴史的教育連続映画で「西部の勝者」「豪勇ビル」等と同じく監督はエドワード・レムル氏、主役も同じくアート・アコード氏である。原作及び脚色も又「豪勇ビル」等同様ロバート・ディロン氏で、「電波王」其他連続物でお馴染のルイズ・ロレイン嬢が相手役、其他「豪勇ビル」で大活躍を見せたデューク・リー氏等が出演している。米国西部開拓時代に於ける有名なルィス・クラーク遠征当時の挿話として巧みに譚を展開している。(全18篇)

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
アート・アコード ルイズ・ロレイン ルス・ロイス デューク・リー

娘十八紅かねつけて

  • 1923年公開
  • 出演(James_Patterson_II 役)

リタ・ウィーマン女史原作の小説「舞台の上にて」Upstageトム・J・ホプキンスが脚色し、ハロルド・ショウ氏が監督した。ヴァイオラ・ダナ姫が「恋の一太刀」「待人来る」に続く主演映画である。相手は「兄貴」「泥棒待て」等出演のトム・ムーア氏である。

監督
ハロルド・ショウ
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ トム・ムーア ノーラ・ラクスフォード Sidney De Grey
1922年

恋の闘争

  • 1922年公開
  • 出演(The_Sheriff 役)

かつてサン・フィルム社の手で我が国に紹介された事のある西部劇専門のアンカー映画の1つで、ファラ映画会社の製作、ブルース・ミッチェル監督で、主役はエセル・リッチーとエドワード・コクソンである。

監督
ブルース・ミッチェル
出演キャスト
エセル・リッチー エドワード・コクソン Charles Farra Sidney De Grey

血と砂(1922)

  • 1922年公開
  • 出演(Dr._Ruiz 役)

「黙示録の4騎手」の原作者として広く知られるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏の同名の小説を、「黙示録の4騎手」「征服の力」のジューン・メイシス女史が脚色し、「三銃士(1921)」「奇傑ゾロー」「性」のフレッド・ニブロ氏が監督したもの。主演は「シーク」「海のモーラン」「黙示録の4騎手」「征服の力」等に出演した米国第一の人気者ルドルフ・ヴァレンティノ氏で、相手役は「魂の入れ替」「屋上の椿事」出演のライラ・リー嬢と「狂える悪魔」「人生」等出演のニタ・ナルディ嬢である。その他パ社の名悪役ウォルター・ロング氏や「奇傑ゾロ」のジョージ・ベリオラット氏、ロバート・マッキム氏夫人たるドーカス・マシューズ嬢等が共演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ライラ・リー ニタ・ナルディ Charles Belcher
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Sidney De Grey