映画-Movie Walker > 人物を探す > 御法川修

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

母さんがどんなに僕を嫌いでも

  • 2018年11月16日(金)公開
  • 監督

歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく。共演は「ラブ×ドック」の吉田羊、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、「ホペイロの憂鬱」の白石隼也、「ガールズ・ステップ」の秋月三佳、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「泣き虫ピエロの結婚式」のおかやまはじめ、「恋人たち」の木野花。脚本を「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の大谷洋介、撮影を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の板倉陽子が担当。監督は「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。

監督
御法川修
出演キャスト
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也
2016年

泣き虫ピエロの結婚式

  • 2016年9月24日(土)公開
  • 監督

見習いピエロのヒロインと余命わずかな青年との恋を描く、実話がベースのせつないラブストーリー。志田未来がどんな時も笑顔を絶やさずに病気の恋人を励まし続ける、まっすぐで明るいヒロインを好演。「獣電戦隊キョウリュウジャー」で人気を博した竜星涼が相手役を演じる。監督は『世界はときどき美しい』の御法川修。

監督
御法川修
出演キャスト
志田未来 竜星涼 高橋洋 おかやまはじめ
2009年

色彩の記憶

  • 2009年2月7日(土)公開
  • 監督

「世界はときどき美しい」の御法川修監督が、色彩を生み出す各方面の匠たちの技や心に迫ったアート・ドキュメンタリー。美を司るさまざまなスペシャリストたちの生の声に注目。

監督
御法川修
出演キャスト
高原紀子 岩上晴美 山口伊太郎 野中明
2007年

世界はときどき美しい

  • 2007年3月31日(土)公開
  • 監督、脚本

松田龍平、市川実日子ら実力派俳優が顔をそろえたドラマ。ちょっとした出来事を機に、日常に隠れた“幸福”を見つける男女の姿を5編の連作形式で紡ぎ出す。

監督
御法川修
出演キャスト
松田美由紀 柄本明 安田蓮 川名正博
2002年

忘れてはイケナイ物語り オキナワ

  • 2002年8月3日(土)公開
  • 監督

作家・野坂昭如により連載された「戦争童話集」を原作に、イラストレーター・黒田征太郎らが敗戦国日本の記憶とオキナワのイメージを映像化。

監督
御法川修
1994年

エレファントソング(1994)

  • 1994年10月15日(土)公開
  • 脚本

昔馴染みの男との約束を果たすため、ひとり息子らと共に男の死体を土葬する土地を探す女の2日間の旅を描くドラマ。監督は「ザジ ZAZIE」以来五年ぶりとなる利重剛。脚本は利重と御法川修の共同、撮影は小倉和彦が担当。WOWOWの映画シリーズ〈J・MOVIE・WARS〉の第2期の1本として8月に放映、のち劇場公開となった。

監督
利重剛
出演キャスト
松田美由紀 三谷昇 寺島進 高村祐毅

関連ニュース

益田ミリ原作「すーちゃん」シリーズの映画化!柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが初共演
益田ミリ原作「すーちゃん」シリーズの映画化!柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが初共演(2012年3月30日)

30・40代女性から支持されている益田ミリの原作「すーちゃん」シリーズを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』で柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが主演…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 御法川修