TOP > 人物を探す > ポール・コスロ

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2013年 まで合計18映画作品)

1992年

シャドーチェイサー 地獄の殺戮アンドロイド

  • 1992年6月20日(土)
  • 出演(Trevanian 役)

人違いで刑務所から釈放された元フットボールプレイヤーが、殺人アンドロイド率いるテロ集団を相手に闘うSFアクション。監督は、製作も兼ねるジョン・イヤーズ、製作はジョフ・グリフィス、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・イヤーズ、ジョフ・グリフィス、ジョン・カーティスとロイド・L・シマンドル。脚本はスティーブン・リスター、撮影はアラン・M・トロウ、編集はデラク・レーン、音楽はゲイリー・ピンダーが担当。

監督
ジョン・イヤーズ
出演キャスト
マーティン・コーヴ フランク・ザガリーノ メグ・フォスター ポール・コスロ
1991年

エイリアン・ウォーズ

  • 1991年6月8日(土)
  • 出演(Dr.Summerfield 役)

科学研究所を舞台に、異次元から来た巨大モンスターと科学者たちの壮絶な闘いを描いたSF映画。主演は「ビッグ・ウェンズデー」などのジャン・マイケル・ヴィンセント。共演はほかに「キャノンボール」のタラ・バックマン、「ロボジョックス」のポール・コスロ、ニコラス・リー、W・F・ウォーデン、ジャノ・フランドセンなど。「エクストロ」でデビューしたハリー・ブロムリー・タヴェンポート監督の第2作。

監督
ハリー・ブロムリー・タヴェンポート
出演キャスト
ジャン・マイケル・ヴィンセント タラ・バックマン ポール・コスロ ニコラス・リー
1990年

ロボ・ジョックス

  • 1990年10月20日(土)
  • 出演

米ソ冷戦の続く近未来を舞台に、米ソロボットの一騎打ちを描くSFアクション。監督・原案は「ZONBIO 死霊のしたたり」のスチュアート・ゴードン、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・バンド、製作はアルバート・バンド、脚本はジョー・ホールドマン、撮影はマック・オールバーグ、音楽はフレデリック・タルゴーン、編集テッド・ニコラオウとロリ・スコット・ボール、美術はシオヴァーニ・ナタルッシ、SFXはデイヴィッド・アレンがそれぞれ担当。

監督
スチュアート・ゴードン
出演キャスト
ゲイリー・グラハム ポール・コスロ アン・マリー・ジョンソン
1988年

ジミー さよならのキスもしてくれない

  • 1988年1月15日(金)
  • 出演(Jimmy's_Father 役)

17歳の少年が、身に起こる出来事を通して、少し大人に成長する過程を、36時間の中に捉えた青春物語。製作は「蜘蛛女のキス」「モナリザ」などで知られるアイランド・ピクチャーズの社長で、「ダウン・バイ・ロー」の製作を手がけたラッセル・シュワルツ。監督は自伝的な原作「さよならのキスもしてくれない」の著者で、脚本も手がけているウィリアム・リチャート。撮影はジョン・J・コナー、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演は「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス、「天国の門」のポール・コスロ、メレディス・サレンジャー、アン・マグナソン、マシュー・ペリー、ロアンヌ、60年代のフォークシンガー、ドノヴァンの娘のアイオン・スカイほか。

監督
ウィリアム・リチャート
出演キャスト
リヴァー・フェニックス メレディス・サレンジャー ポール・コスロ アン・マグナスン
2013年

天国の門(デジタル修復完全版)

  • 2013年10月5日(土)
  • 出演(チャーリー・レザック市長 役)

過剰な製作費の超過と公開後の不評、不入りのために歴史あるハリウッドの映画会社ユナイテッドアーティスツを消滅させたことで知られるマイケル・チミノ監督の問題作が、公開から30年以上の時を経てデジタル修復、216分のオリジナル完全版として復活。出演は「スター誕生」のクリス・クリストファーソン、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン、「エレファント・マン」のジョン・ハート、「ピアニスト」のイザベル・ユペール。撮影は「未知との遭遇」のヴィルモス・ジグモンド。

監督
マイケル・チミノ
出演キャスト
クリス・クリストファーソン クリストファー・ウォーケン ジョン・ハート イザベル・ユペール
1981年

天国の門

  • 1981年9月26日(土)
  • 出演(Mayor Charlie Lezak 役)

西部開拓史上にその名を残すジョンソン郡戦争をテーマに極限状況に置かれた人々の愛と友情、哀しみを描く。製作はジョアン・カレリ、監督・脚本は「ディア・ハンター」のマイケル・チミノ、撮影はビルモス・ジグモンド、音楽はデイビッド・マンスフィールド、編集はトム・ロルフ、ウィリアム・レイノルズ、リサ・フラックマン、ジェリー・グリーンバーグ・美術はタンビ・ラーセン、衣裳はアレン・ハイフィルが各々担当。出演はクリス・クリストファーソン、クリストファー・ウォーケン、ジョン・ハート、サム・ウォーターストン、ブラッド・ダリフ、イザベル・ユペール、ジョセフ・コットン、ジェフ・ブリッジスなど。

監督
マイケル・チミノ
出演キャスト
クリス・クリストファーソン クリストファー・ウォーケン ジョン・ハート サム・ウォーターストン
1977年

さすらいの航海

  • 1977年8月27日(土)
  • 出演(Aaron 役)

第2次大戦前夜、ドイツからユダヤ人を乗せた客船が第2の故郷をもとめて旅する姿を描く実話の映画化。製作はロバート・フライヤー、監督は「新・動く標的」のスチュアート・ローゼンバーグ、脚本はスティーブ・シェイガンとデイヴィッド・バトラー、原作はゴードン・トマスとマックス・モーガン・ウィッツのノンフィクション「絶望の航海」(早川書房刊)、撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はラロ・シフリンが各々担当。出演はフェイ・ダナウェイ、オスカー・ヴェルナー、マックス・フォン・シドー、マルコム・マクドウェル、リン・フレデリック、リー・グラント、キャサリン・ロス、オーソン・ウェルズ、ベン・ギャザラ、ジェームズ・メイソン、ホセ・フェラー、フェルナンド・レイ、マリア・シェル、サム・ワナメーカーなど。

監督
スチュアート・ローゼンバーグ
出演キャスト
フェイ・ダナウェイ オスカー・ヴェルナー マックス・フォン・シドー マルコム・マクダウェル
1976年

ハーパー探偵シリーズ 新・動く標的

  • 1976年2月21日(土)
  • 出演(Candy 役)

アメリカ南部に莫大な石油の権利を持つ老婦人が殺された事件にとり組む私立探偵ルー・ハーパーの活躍を描く。ハードボイルド作家ロス・マクドナルド原作の「動く標的」の続篇。製作はローレンス・ターマンとデイヴィッド・フォスター、監督は「マシンガン・パニック」のスチュワート・ローゼンバーグ、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニアとトレイシー・キーナン・ウィン、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はマイケル・スモール、編集はジョン・ハワードなど。

監督
スチュアート・ローゼンバーグ
出演キャスト
ポール・ニューマン ジョアン・ウッドワード アンソニー・フランシオーサ マーレイ・ハミルトン

オレゴン魂

  • 1976年10月4日(月)
  • 出演(Luke 役)

「勇気ある追跡」(68)の大酒飲みの片眼の保安官ルースター・コグバーン役でアカデミー男優賞を獲得したジョン・ウェインが、再び同じキャラクターに扮する西部劇で、キャサリン・ヘップバーンとは初共演である。製作はハル・B・ウォリス、監督は「女優志願」「終身犯」「小さな巨人」などを製作し、監督第2作目(1本目は日本未公開)のスチュアート・ミラー、脚本はマーティン・ジュリアン、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、美術はプレストン・エイムズがそれぞれ担当。出演は前記の2人のほかに、アンソニー・ザーブ、リチャード・ジョーダン、ジョン・マッキンタイアなど。

監督
スチュアート・ミラー
出演キャスト
ジョン・ウェイン キャサリン・ヘップバーン アンソニー・ザーブ リチャード・ジョーダン
1974年

マジェスティック(1974)

  • 1974年11月9日(土)
  • 出演(Bobby_Kopas 役)

コロラドの大農場を舞台に、巨大なマフィア組織に立ち向かう男の執念を描くアクション。製作はウォルター・ミリッシュ、監督は「トラ・トラ・トラ!」のリチャード・フライシャー、脚本はエルモア・レナード、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、アル・レッティエリ、リンダ・クリスタル、リー・パーセル、ポール・コスロなど。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン アル・レッティエリ リンダ・クリスタル リー・パーセル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ポール・コスロ