映画-Movie Walker > 人物を探す > ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2001年 まで合計21映画作品)

2001年

マレーナ

  • 2001年6月9日(土)公開
  • 原作

「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作。悲劇的な運命をたどる女性の生きざまを、彼女に思 いを抱く少年の目を通して鮮烈に描き出す。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ジュゼッペ・スルファーロ ルチアーノ・フェデリコ マチルド・ピアナ
1994年

モンテカルロ殺人事件

  • 1994年4月16日(土)公開
  • 原作

ヨーロッパの社交場モンテカルロに展開する珍妙な殺人事件の騒動を、8大スターの競演で描いたミステリーコメディ。60年製作の『Crimen』を元に、チャールズ・シャイアー、ナンシー・マイヤーズ、スティーヴ・クルーガーが脚本を執筆、本作がデビュー作となるユージン・レヴィの監督でリメイク。製作は「キングコング(1976)」のディノ・デ・ラウレンティス。撮影は「アマルコルド」のジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「スリー・オブ・ハーツ」のリチャード・ギブスが担当。出演は94年3月4日に急死した「クール・ランニング」のジョン・キャンディ、「カーリー・スー」のジェームズ・ベルーシ、「ラスト・ショー2」のシビル・シェパードほか。

監督
ユージン・レビイ
出演キャスト
ジョン・キャンディ ジェームズ・ベルーシ シビル・シェパード ショーン・ヤング
1986年

ゴリラ(1986)

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 原案

「ターミネーター」「コマンドー」のアーノルド.シュワルツェネッガーがFBI捜査官に扮したアクション映画。製作はマーサ・シュマッチャー、監督は「チャンピオンズ」のジョン・アーヴィン、脚本はゲーリー・M・デュヴォアとノーマン・ウェクスラー、撮影はアレックス・トムソンが担当。出演は他に、キャスリン・ハロルド、ダレン・マックギャヴィン、サム・ワナーメーカーなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー キャスリン・ハロルド ダレン・マッガヴィン サム・ワナメーカー
1977年

オルカ

  • 1977年12月17日(土)公開
  • 製作、脚本

妻を人間に殺されたオルカの復讐を人間との戦きを通して描く。製作はディノ・デ・ラウレンティスとルチアーノ・ビンチェンツォーニ、監督は「2300年未来への旅」のマイケル・アンダーソン、脚本はルチアーノ・ビンチェンツォーニとセルジオ・ドナティ(ノヴェライゼーション/アーサー・ハーツォーク著・KKベストセラーズ刊)、撮影はテッド・ムーア、海洋監督はフォルコ・クイリチ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はリチャード・ハリス、シャーロット・ランプリング、ウィル・サンプソン、ボー・デレク、ロバート・キャラダイン、キーナン・ウィン、スコット・ウォルカー、ピーター・ホーテンなど。

監督
マイケル・アンダーソン
出演キャスト
リチャード・ハリス シャーロット・ランプリング ウィル・サンプソン ボー・デレク
1976年

オニオン流れ者

  • 1976年10月16日(土)公開
  • 脚本

強さの秘訣がホウレン草ならぬ玉ネギという主人公のアッと驚くドタバタ西部劇。製作はカルロ・ポンティ、製作総指揮はジャンカルロ・ペティーニ、監督は「黄金の三悪人」「超犯罪 ハイクライム」のエンツォ・G・カステラーリ、脚本はルチアーノビンセンゾニとセルジオ・ドナーティ、撮影はロベルト・ジロメッティ、音楽はグイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス、美術はアルベルト・ボッチャンティ、編集はジャンフランド・アミーコーが各々担当。出演はフランコ・ネロ、マーティン・バルサム、スターリング・ヘイドン、エンマ・コーエン、デュリオ・クルシアニ、フェルナンド・カストロ、レオ・アンコリス、ヘルムート・ブラスクなど。

監督
エンツォ・G・カステラーリ
出演キャスト
フランコ・ネロ マーティン・バルサム スターリング・ヘイドン エンマ・コーエン

危険なめぐり逢い

  • 1976年5月22日(土)公開
  • 原案

性格のまったく逆な二人の若い娘が闖入者によって数奇な運命にまき込まれていくさまを描くサスペンス。製作はカルロ・ポンティとジャック・バール、監督は「狼は天使の匂い」のルネ・クレマン、脚本はクレマンとマーク・ペプローの共同、原案はルチアーノ・ヴィンセンツォーニとニコラ・バダルッコ、撮影はアルベルト・スパノーリ、音楽はフランシス・レイが各々担当。出演はシドニー・ローム、マリア・シュナイダー、ロバート・ヴォーン、ヴィック・モロー、ナジャ・ティラー、ジョン・ウィッティングトン、レナート・ポツェットなど。

監督
ルネ・クレマン
出演キャスト
シドニー・ローム マリア・シュナイダー ロバート・ヴォーン ヴィック・モロー
1975年

華麗なる復讐(1974)

  • 1975年2月15日(土)公開
  • 脚本

マフィアの抗争の中で芽ばえた男と男の友情を描くアクション映画。製作はディノ・デ・ウラレンティス、監督は「新・黄金の七人 7×7」のミケーレ・ルーポ、脚本はルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・ドナーティ、ニコラ・バダルッコの共同、撮影はルチアーノ・トンティ、音楽はリズ・オルトラーニが各々担当。出演はリー・ヴァン・クリーフ、トニー・ロ・ビアンコ、エドウィジュ・フェネシュ、ジャン・ロシュフォール、ファウスト・トッツィなど。

監督
ミケーレ・ルーポ
出演キャスト
リー・ヴァン・クリーフ トニー・ロ・ビアンコ エドウィジュ・フェネシュ ジャン・ロシュフォール
1974年

小さな刑事

  • 1974年5月18日(土)公開
  • 脚本

殺人犯として捕まった父の無実を信じる二人の兄弟が力を合わせて真犯人を追う。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督はカルロ・リッツァーニ、脚本はニコラ・バダルッコとルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はジャンフランコ・レヴェルベリが各々担当。出演はアンドレア・ブレスティ、ドメニコ・サントロ、バッド・スペンサー、ニコラ・ディ・バリ、フランソワーズ・ファビアンなど。

監督
カルロ・リッツァーニ
出演キャスト
アンドレア・ブレスティ ドメニコ・サントロ バッド・スペンサー ニコラ・ディ・バリ
1972年

夕陽のギャングたち

  • 1972年4月22日(土)公開
  • 脚色

二十世紀初頭のメキシコを舞台に、アイルランド人の革命家とメキシコ人山賊の活躍を描く。製作はフルヴィオ・モルセッラ、監督はセルジオ・レオーネ、レオーネの原案を彼自身とルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・ドナーティが脚色化した。撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーン、ロモロ・ヴァッリ、マリア・センティ、フランコ・グラツィオーシなど。日本語版監修は清水俊二。テクニカラー・テクニスコープ。

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
ロッド・スタイガー ジェームズ・コバーン ロモロ・ヴァッリ マリア・モンティ
1971年

怪奇な恋の物語

  • 1971年11月20日(土)公開
  • 脚色

現代文明の異常性によって精神を錯乱させられてしまう男の恐怖を描く。製作は「サテリコン」のアルベルト・グリマルディ、監督は「殺人捜査」のエリオ・ペトリ、トニーノ・グエッラとペトリの共作小説をペトリ自身とルチアーノ・ヴィンセンツォーニが脚色、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はルッジェーロ・マストロヤンニが各々担当。絵はアメリカ前衛画壇の一人者、ジム・ダインが描いている。出演は「裸足のイサドラ」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「キャメロット」「続荒野の用心棒」のフランコ・ネロ、ジョルジュ・ジェレ、ガブリエラ・グリマルディ、リタ・カルデローニ、レナート・メネゴットなど。

監督
エリオ・ペトリ
出演キャスト
ヴァネッサ・レッドグレイヴ フランコ・ネロ ジョルジュ・ジェレ ガブリエラ・グリマルディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ