映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・スウィッカード

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1939年 まで合計44映画作品)

1939年

我が家の楽園

  • 1939年4月公開
  • 出演(Professor 役)

「失はれた地平線」に次ぐフランク・キャプラ監督作品で、ジョージ・S・カウフマンとモス・ハートが合作した舞台喜劇を映画化したものである。脚本ロバート・リスキン、音楽ディミトリ・ティオムキン、撮影ジョセフ・ウォーカーその他のスタッフも「失はれた地平線」と同じである。出演者は「オペラ・ハット」「街は春風」のジーン・アーサー、「噫初恋」「椿姫(1937)」のライオネル・バリモア、「海の若人」「第七天国(1937)」のジェームズ・スチュアート、「街は春風」「富豪一代」のエドワード・アーノルドをはじめ、「恋のみちぐさ」のミッシャ・オーア「靴を脱いだ女」のアン・ミラー、「海賊(1938)」のスプリング・バイトン、「ステージ・ドア」のサミュエル・S・ハインズ、「富豪一代」のドナルド・ミーク、H・B・ワーナー、ハリウェル・ホッブス、ダッグ・テイラー、メアリー・フォーブスその他の面々である。第11回(1938年)アカデミー賞の作品賞、監督賞(フランク・キャプラ)受賞。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジーン・アーサー ライオネル・バリモア ジェームズ・スチュアート エドワード・アーノルド
1935年

ゾロック

  • 1935年当年公開
  • 出演(Manyus 役)

「化石人間」「豚児売り出す」のウィリアム・ボイドと「若き血に燃ゆる頃」のケイン・リッチモンドが主役を演じる映画で、ゼルマ・キャロル以下2名の共作ストーリーを、パーレー・プーア・シーハン以下2名が協力して脚色しハリー・レヴィアーが監督したものである。助演者は「ミックスの再起」のクローディア・デルを始め、ジョセフ・スウィッカード、サム・ベイカー、ラルフ・ルイス等である。(全12篇)

監督
ハリー・レヴィアー
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ケイン・リッチモンド クローディア・デル ジョセフ・スウィッカード
1929年

女秘聞

  • 1929年当年公開
  • 出演(Colonel_de_Selincourt 役)

「パレスの騎士」「蛮勇恋の武者修行」と同じくエメット・J・フリン氏の監督作品でジュリオ・ドゥ・モアレ伯の原作からダグラス・ドーティー氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「モダン出世鏡」のリア・トラ嬢と新進のポール・ヴィンセンティ氏で他に「ストリート・ガール」のイヴァン・レベデフ氏、ルピタ・トヴァー氏、モード・ジョージ嬢、ジョセフ・スウィッカード氏、ウォルター・マッグレイル氏等が出演している。キャメラは「赤毛布恋の渦巻」「極北恋の滑走」のチャールズ・G・クラーク氏が担任。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
リア・トラ ポール・ヴィンセンティ イヴァン・レベデフ ルピタ・トヴァル
1928年

三人水兵恋行脚

  • 1928年当年公開
  • 出演(Grandpere 役)

「青鷲」「雲晴れて愛は輝く」等と同じくジョージ・オブライエン氏の主演する映画で、原作はランドール・H・フェイ氏が特に氏のために書き卸したものである。脚色したのはマリオン・オース女史で、それを「踵の魅惑」「モガ地獄」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督している。オブライエン氏の相手役は「燃ゆる青春」「宣伝地獄」等出演のロイス・モーラン嬢で、この主役二人を助けてロイド喜劇出身のノア・ヤング氏、新進グウェン・リー嬢、それにジョセフ・スウィッカード氏、トム・デューガン氏、ウィリアム・デマレスト氏などが出演する。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン ノア・ヤング トム・デューガン
1927年

決闘請負業

  • 1927年当年公開
  • 出演(Her_Father 役)

「グリフィスの婚礼屋」「吃驚仰天」「ペンキ塗り立て」等と同じくレイモンド・グリフィス氏主演喜劇で、アルフレッド・サヴォア氏作の喜劇に基づいてピエール・コリングス氏が脚色し、「猿飛カンター」「暗の小路」等と同じくフランク・タトル氏が監督したもの。相手女優は新進のロシア系美人ヴェラ・ヴォロニナ嬢で「男装女剣客」「錯覚恋愛」等出演のウィリアム・パウエル氏が適役を演じ、ジョセフ・スウィッカード氏も出演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
レイモンド・グリフィス ヴェラ・ヴォロニナ ジョセフ・スウィッカード ウィリアム・パウエル

恋人強奪

  • 1927年当年公開
  • 出演(Duc_d'Albin 役)

「あれ」「乱暴ロージー」「フラ」と同じくクララ・ボウ嬢主演喜劇で、ルイ・ヴェルヌイユ氏作の舞台喜劇に基いてホープ・ロアリング女史が執筆した映画物語をアグネス・ブランド・リー女史が脚色し「近代女風俗」「モダン十戒」と同じくドロシー・アーズナー女史が監督したもの。ボウ嬢を助けて「つばさ」「デパート娘大学」出演のチャールズ・バディー・ロジャース氏「錯覚恋愛」「弥次喜多消防の巻」出演のジョセフィン・ダン嬢の二新進俳優を始め、老練ジョセフ・スウィッカード氏、ハーヴェイ・クラーク氏等が出演している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
クララ・ボウ チャールズ・バディー・ロジャース ジョセフィン・ダン ジョセフ・スウィッカード

人肉の桑港

  • 1927年当年公開
  • 出演(Don_Hernandez_Vasquez 役)

「テンダーロイン」「ノアの箱船」のドロレス・コステロ嬢主演映画で、「ノアの箱船」と同じくダリル・フランシス・ザナック氏が原作し、アンソニー・コールドウェイ氏が脚色したものを、「クラック将軍」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアラン・クロスランド氏が監督し、「テンダーロイン」「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア氏が撮影した。助演者は「支那街の夜」「ジャズ・シンガー(1927)」のワーナー・オーランド氏、「悪魔の曲馬団」「決死隊」の故チャールズ・エメット・マック氏、「ノアの箱船」のジョセフ・スウィッカード氏、「海のロマンス」の上山草人氏、「ピカデリー」のアンナ・メイ・ウォン嬢、ジョン・ミルジャン氏、ウィリアム・デマレスト氏、アンダース・ランドルフ等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ドロレス・コステロ ワーナー・オーランド チャールズ・エメット・マック ジョセフ・スウィッカード

男装女剣客

  • 1927年当年公開
  • 出演(Fransisco_Hernandez 役)

「勇肌美人女給」「娘十八運動狂」と同じくダラレンス・バッジャー氏が監督したビービー・ダニエルスス嬢主演喜劇で、ジョン・マクダーモット氏が書き卸した物語を氏自身ロイド・コロガン氏と共同して脚色したもの。ダニエルス嬢の相手役は「娘十八運動狂」「令嬢無銭旅行」と同じくジェームズ・ホール氏で、「神ぞ知る」「ニウヨーク」等出演のウィリアム・ボウエル氏を始め、ジョセフ・スウィッカード氏、ゲイン・ホィットマン氏、トム・ケネディー氏、ジョアン・スタンデイング嬢等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジェームズ・ホール ウィリアム・パウエル ジョセフ・スウィッカード
1926年

紅顔の侠児

  • 1926年当年公開
  • 出演(Juan_Estrada 役)

ファースト・ナショナルの西部劇スターとして入社したケン・メイナード氏の第一回作品である。マリオン・ジャクソン女史が原作及び脚色し、「侠勇トムソン」と同じくアルバート・S・ロージェル氏の監督したもので、対手役には「男は度胸」等出演のドロシー・デヴォーア嬢が出演している。その他にもジョージ・ニコルズ氏、J・P・マッゴワン氏、ジョセフ・スウィッカード氏、シェルドン・ルイス氏及び名馬ターザンが共演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・デヴォーア ジョージ・ニコルズ ジョセフ・スウィッカード

沙漠颪(1926)

  • 1926年当年公開
  • 出演(Sebastian_Castanada 役)

「滅び行く民族」「白馬王国」と同じくゼーン・グレイ氏の物語りをジョージ・B・サイツ氏が監督したもので脚色者はルシエン・ハバード氏。主役は「ある乞食の話」「可愛いフランス娘」出演のニール・ハミルトン氏と「卑怯者」等出演のシャーリー・メイスン嬢並びに「結びの神も思案投首」等出演のロバート・フレイザー氏及び「海馬」等出演のウィリアム・パウエル氏で、ジョセフ・スウィッカード氏、ジョージ・アーヴィング氏、エディ・グリッボン氏等が助演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ニール・ハミルトン シャーリー・メイスン ロバート・フレイザー ウィリアム・パウエル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・スウィッカード