映画-Movie Walker > 人物を探す > 東ちづる

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

私はワタシ over the rainbow

  • 2018年12月22日(土)公開
  • プロデューサー、企画、キャスティング、インタビュー

誰も排除しない“まぜこぜの社会”を目指して、LGBTと呼ばれる性的マイノリティたちへのインタビューや彼らの生き様を追ったドキュメンタリー。HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス理事の長谷川博史を始め、ピーター、はるな愛などの著名人も登場。一般社団法人Get in touchが制作し、同団体の理事長を務める女優の東ちづるがプロデューサー、インタビュアーを担当している。

監督
増田玄樹
出演キャスト
長谷川博史 増原裕子 ピーター はるな愛

鯉のはなシアター ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~

  • 2018年12月8日(土)公開
  • 出演

広島東洋カープと広島にまつわる秘話を紹介する広島ホームテレビ制作のテレビ番組『鯉のはなシアター』から生まれた、放送作家・桝本壮志による小説を映画化。カープのユニークなエピソードを織り交ぜながら、映画館の再生を目指す人々のドラマを紡ぐ。広島市にてオールロケされた。監督は広島市を拠点に「シネマの天使」などを撮る時川英之。カープファンとして知られる芸人の徳井義実、「花筐/HANAGATAMI」の矢作穂香のほか、広島出身のタレントや元カープ選手などが出演する。第10回沖縄国際映画祭にて初上映。2018年9月7日より広島先行公開。

監督
時川英之
出演キャスト
徳井義実 矢作穂香 小越勇輝 高尾六平

恋のしずく

  • 2018年10月20日(土)公開
  • 出演

川栄李奈が大学生のヒロインを演じ、映画初主演した人間ドラマ。ワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のヒロインが、実習先の酒蔵で日本酒作りを通して、その奥深さを知り、また、出会う人々との絆を深めていく姿が描かれる。劇団EXILEの小野塚勇人が実習先の酒蔵の息子を、その父を演じた大杉漣の遺作となった。

監督
瀬木直貴
出演キャスト
川栄李奈 小野塚勇人 宮地真緒 中村優一
2007年

天使がくれたもの

  • 2007年9月29日(土)公開
  • 出演

中高生から絶大な支持を得ている、実体験を基にしたChacoの人気ケータイ小説を映画化。好きだけどすれ違いを繰り返してしまう高校生の男女の恋模様をリアルに描いている。

監督
中田信一郎
出演キャスト
清水由紀 鍵本輝 徳永えり 宮下雄也
1999年

極道の妻たち 死んで貰います

  • 1999年11月27日(土)公開
  • 出演(深町飛鳥 役)

跡目争いの陰謀に立ち向かう極妻の活躍を描いた、人気シリーズの通算第12作。監督は「極道の妻たち 赤い殺意」の関本郁夫。家田荘子による原作を基に、「極道の妻たち 決着」の高田宏治が脚本を執筆。撮影を「極道の妻たち 赤い殺意」の水巻祐介が担当している。主演は「EM EMBALMING」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
関本郁夫
出演キャスト
高島礼子 斉藤慶子 東ちづる 三田村邦彦
1996年

必殺! 主水死す

  • 1996年5月25日(土)公開
  • 出演(おけい 役)

1972年から20年間に渡って放送されたテレビ時代劇『必殺!』シリーズの5年ぶりの劇場版第6作。監督は初期テレビシリーズから『必殺!』にかかわり、劇場版第1作「必殺!」も監督した貞永方久。脚本は「復活の朝」の吉田剛、撮影は「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の石原興がそれぞれ担当している。音楽はシリーズ全てを手掛ける平尾昌晃。『必殺!』の代名詞ともいえる仕事人・中村主水にはテレビ版同様に藤田まことがふんし、三田村邦彦、菅井きん、白木万理、中条きよしらテレビのレギュラー陣に加え、名取裕子、津川雅彦、東ちずる、野村祐人、細川ふみえら多彩な顔触れのゲストが華を添えている。

監督
貞永方久
出演キャスト
藤田まこと 三田村邦彦 菅井きん 白木万理
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 東ちづる