TOP > 人物を探す > 竹下宏太郎

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2012年 まで合計6映画作品)

2012年

スープ 生まれ変わりの物語

  • 2012年7月7日(土)
  • 出演

数々のドラマ・映画で活躍する個性派俳優、生瀬勝久が初の単独主演を果たしたファンタジー。生瀬が演じるのは、突然の事故であの世へ行ってしまった、落ちこぼれサラリーマン。娘に思いを伝えようと右往左往する不器用な父親像を、ときにコミカルにときにシリアスに演じて共感を呼ぶ。上司役を演じるのは小西真奈美。

監督
大塚祐吉
出演キャスト
生瀬勝久 小西真奈美 刈谷友衣子 野村周平
2010年

舞台「鉄人28号」

  • 2010年8月7日(土)
  • 演出補、振付

横山光輝原作『鉄人28号』を、「攻殻機動隊」の押井守が初めて演出を手掛け舞台化した公演を映像化。新しい時代を迎えつつあった1964年の東京を舞台に、オリンピック阻止を企む過激派と、鉄人28号を操る少年・金田正太郎たちの攻防を描く。出演は、「夢見通りの人々」の南果歩、舞台『熱海殺人事件』の池田成志。

監督
出演キャスト
南果歩 池田成志 ダイアモンドユカイ 田鍋謙一郎
2008年

ALLDAYS 二丁目の朝日

  • 2008年2月2日(土)
  • 出演

ゲイの街として知られる新宿二丁目がかつて赤線地域だった昭和30年代を舞台に、そこで暮らす人々の悲喜こもごもを描く人情ドラマ。三浦涼介、松田祥一らイケメン俳優が多数登場!

監督
村上賢司
出演キャスト
三浦涼介 谷桃子 松田祥一 中原和宏
2003年

OPEN HOUSE

  • 2003年12月13日(土)
  • 出演

「GO」で注目を集めた行定勲監督の長編デビュー作。芥川賞作家・辻仁成の人気小説をもとに、都会に生きる男女3人の行き場のない不安や孤独を繊細なタッチで描き出す。

監督
行定勲
出演キャスト
しいなえいひ 川岡大次郎 南果歩 加藤登紀子
1996年

(ハル)

  • 1996年3月16日(土)
  • 出演(戸部正午 役)

パソコン通信を通じて知り合った男女が、メールのやり取りをするうちに愛を育んでいく模様を描いた、新感覚の恋愛ドラマ。映画のかなりの部分をパソコン通信のディスプレイ上に打ち出されるメールによる文字=字幕が占めるという野心的な実験が試みられている。監督・脚本は「未来の想い出 Last_Christmas」の森田芳光。撮影は「とられてたまるか!?」の高瀬比呂志。主演は「バースデイプレゼント」の深津絵里と、これが映画デビューになる内野聖陽。96年度キネマ旬報ベストテン第4位、同・読者選出ベストテン第3位。

監督
森田芳光
出演キャスト
深津絵里 内野聖陽 戸田菜穂 宮沢和史
1994年

毎日が夏休み

  • 1994年6月11日(土)
  • 出演(変な男・中川 役)

登校拒否の娘と会社を辞めた義父、その間でおろおろする母――一家3人の葛藤と自由な生活を爽やかに描くファンタジック・ホーム・コメディ。大島弓子の同名人気コミック(角川書店・刊)を原作に、「卒業旅行 ニホンから来ました」の金子修介が監督・脚本、撮影は柴崎幸三が担当。雑誌モデルから本作が映画デビューとなった新人・佐伯日菜子がヒロインのスギナをみずみずしく演じた。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第10位、同読者選出日本映画ベストテン第7位。

監督
金子修介
出演キャスト
佐野史郎 佐伯日菜子 高橋ひとみ 益岡徹

竹下宏太郎の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 竹下宏太郎