TOP > 人物を探す > ウィリアム・H・ライト

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1964年 まで合計8映画作品)

1964年

誰が私を殺したのか?

  • 1964年7月4日(土)
  • 製作

ライアン・ジェームズの原作をアルバート・ビーチとオスカー・ミラードが脚色、ポール・ヘンリードが演出したサスペンスドラマ。撮影は「何がジェーンに起こったか?」のアーネスト・ホーラー、音楽はアンドレ・プレヴィンが担当した。製作はウィリアム・H・ライト。出演は「何がジェーンに起こったか?」のベティ・デイヴィス、「西部開拓史」のカール・マルデン、「荒野の3軍曹」のピーター・ローフォード、「5月の7日間」のジョージ・マクレディ、「ミスタア・ロバーツ」のフィリップ・ケイリー、モニカ・ヘンリードなど。

監督
ポール・ヘンリード
出演キャスト
ベティ・デイヴィス カール・マルデン ピーター・ローフォード フィリップ・ケイリー

遠い喇叭

  • 1964年5月20日(水)
  • 製作

「リオ・グランデ」のポール・ホーガンの原作を「連邦警察」のジョン・ツウィストが脚色、「遠い太鼓」のラウール・ウォルシュが演出した西部劇。撮影は「マクリントック」のウィリアム・H・クローシア、音楽を「スペンサーの山」のマックス・スタイナーが担当した。製作はウィリアム・H・ライト。出演は「パームスプリングの週末」のトロイ・ドナヒュー、スザンヌ・プレシェット、「二十歳の火遊び」のダイアン・マクベイン、「魚雷艇109」のジェームズ・グレゴリー、TVのウィリアム・レイノルズ、「侵略」のジャドソン・プラット、「地上より永遠に」のクロード・エイキンズほか。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
トロイ・ドナヒュー スザンヌ・プレシェット ダイアン・マクベイン ジェームズ・グレゴリー
1953年

裸の拍車

  • 1953年10月24日(土)
  • 製作

「怒りの河」と同じく、アンソニー・マンが監督しジェイムス・ステュアートが主演するテクニカラー西部劇で、「暴力行為」のウィリアム・H・ライトが製作した1953年作品。脚本はラジオやTVの新進ライター・チーム、サム・ロルフとハロルド・ジャック・ブルーム、撮影は「ミズーリ横断」のウィリアム・C・メラー、音楽は「北の狼」のブロニスロー・ケイパー」の担当。共演者は「血闘」のジャネット・リー、「荒野の三悪人」のロバート・ライアン、「ジープの四人」の新人ラルフ・ミーカー、「雨に唄えば」のミラード・ミッチェル。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート ジャネット・リー ロバート・ライアン ラルフ・ミーカー
1949年

暴力行為(1948)

  • 1949年11月29日(火)
  • 製作

「捜索」を発表して認められた「不思議な少年」のフレッド・ジンネマンが監督した1949年作品で、コリアー・ヤングの原作をロバート・L・リチャーズが脚色した。撮影は「恋愛放送」「嘘つきお嬢さん」のロバート・サーティース、音楽はプロニスロー・カバーが作編曲した。キャストは「大地は怒る」「カンサス騎兵隊」のヴァン・ヘフリン「猟銃街道」のロバート・ライアンの主演、新人ジャネット・リー「偉大な嘘」のメアリー・アスター「大草原」のフィリス・サクスター「鉄のカーテン」のベリー・クローガー「百万人の音楽」のコニー・ギルクリスト等の助演である。

監督
フレッド・ジンネマン
出演キャスト
ヴァン・ヘフリン ロバート・ライアン ジャネット・リー メアリー・アスター
1950年

逃げた花嫁

  • 1950年2月14日(火)
  • 製作

「恋愛放送」「姉妹と水兵」のヴァン・ジョンソンと「若草物語(1949)」「姉妹と水兵」のジューン・アリソンが主演する喜劇で、アルバート・ビーチが脚本を書きおろし「少年の町」のノーマン・タウログが監督し、「美人劇場」のレイ・ジューンが撮影した1948年作品。助演は「不思議な少年」のブッチ・ジェンキンス、「育ち行く年」のヒューム・クローニン、「孤児」のユーナ・マーケル、新人アーリン・ダール、「秘めたる心」のリチャード・デアその他である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン ジューン・アリソン ブッチ・ジェンキンス ヒューム・クローニン
1951年

夢みる少女

  • 1951年6月19日(火)
  • 製作

オースティン・ストロングの戯曲からジョン・マクダーモットとジェームズ・オハンロン「サハラ戦車隊」が脚色、「特ダネ女史」のエドワード・バゼルが監督した1946年度ウィリアム・ライト「暴力行為」製作映画。撮影はハロルド・ロッソン、音楽はブロニスロー・ケイパー(ともに「帰郷(1948)」)が担当する。「若草の頃」のマーガレット・オブライエンを中心に、「海の男」のライオネル・バリモア、「初恋合戦」のルイス・ストーン、「群衆」のエドワード・アーノルド、「駅馬車(1939)」のトーマス・ミッチェル以下、レイ・コリンズ、ハリー・ダヴェンポオト、シド・チャリシーらが共演する。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
マーガレット・オブライエン ライオネル・バリモア ルイス・ストーン エドワード・アーノルド
1948年

冒険

  • 1948年1月
  • 脚色

「ブーム・タウン」「風と共に去りぬ」クラーク・ゲーブルが「心の旅路」「キューリー夫人」のグリア・ガースンと主演する映画でクライド・ブライオン・ディヴィス作の小説を「春を手さぐる」のヴィンセント・ローレンスとフレデリック・ハズリット・ブレナンが協力して脚本を書き「テスト・パイロット」「風と共に去りぬ」のヴィクター・フレミングが監督し「心の旅路」「ガス燈」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影を監督した。助演は「ブルックリン横町」のジョンプロプンデル「駅馬車(1939)」のトーマス・ミッチェル「恋の十日間」のトム・タリー「育ちゆく年」のリチャード・ヘイドン「悪魔の金」ジョン・クェーレン等である。なお原作小説は「目撃者(1936)」のアンソニー・ヴェイラーがウイリヤム・H・ライトと協力改作した。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
クラーク・ゲーブル グリア・ガースン ジョーン・ブロンデル トーマス・ミッチェル
1936年

親分はお人よし

  • 1936年
  • 原作

「夜毎の八時に」「何が彼をそうさせたか」のジョージ・ラフトと「小公子」のドロレス・コステロ・バリモアが主演する映画で、ウィリアム・R・リップマンとウィリアム・H・ライトとが共作し、イヴ・グリーン、ハーラン・ウェーア、フィリップ・マクドナルドの3氏が協力脚色し、「さらば海軍兵学校」「恋のナポリ」のアレクサンダー・ホールが監督に当たり、「忘れられた顔(1936)」のテオドル・スパークールが撮影したもの。助演者は「海は桃色」のアイダ・ルピーノ、「マンハッタン夜話」のレジナルド・オーウェン、「一対二」のジェームズ・グリースン、「南瓜おやじ」のリン・オヴァーマン、エドガー・ケネディ、スキーツ・ギャラガー等である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジョージ・ラフト ドロレス・コステロ・バリモア アイダ・ルピノ レジナルド・オーウェン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ウィリアム・H・ライト

ムービーウォーカー 上へ戻る