映画-Movie Walker > 人物を探す > 斉藤陽一郎

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計41映画作品)

2019年

イソップの思うツボ

上田慎一郎監督ら『カメラを止めるな!』の製作スタッフが手がけた、オリジナル脚本による青春ストーリー。複雑な家庭に育った3人の少女の出会いと、そこから起きる騒動の行方が描かれる。石川瑠華、井桁弘恵、紅甘というオーディションで選ばれた新鋭3人がヒロインを務める。

監督
上田慎一郎 中泉裕矢 浅沼直也
出演キャスト
石川瑠華 井桁弘恵 紅甘 斉藤陽一郎
2018年

母さんがどんなに僕を嫌いでも

  • 2018年11月16日(金)公開
  • 出演(タイジの父親 役)

歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく。共演は「ラブ×ドック」の吉田羊、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、「ホペイロの憂鬱」の白石隼也、「ガールズ・ステップ」の秋月三佳、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「泣き虫ピエロの結婚式」のおかやまはじめ、「恋人たち」の木野花。脚本を「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の大谷洋介、撮影を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の板倉陽子が担当。監督は「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。

監督
御法川修
出演キャスト
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也
2017年

最低。

  • 2017年11月25日(土)公開
  • 出演

AV女優・紗倉まなによる同名小説を「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が映画化。日常に耐えきれず新しい世界の扉を開く主婦・美穂、誇りを持ちながら仕事を淡々とこなす人気AV女優の彩乃、奔放な母親に振り回される女子高生・あやこという3人の女たちの運命を綴る。出演は「今日という日が最後なら、」の森口彩乃、「フィギュアなあなた」の佐々木心音、TV『霊魔の街』の山田愛奈、「下衆の愛」の忍成修吾、「ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助」の森岡龍、「ハローグッバイ」の渡辺真起子、「まなざし」の根岸季衣、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。撮影を「ディストラクション・ベイビーズ」の佐々木靖之、音楽を「マリアの乳房」の入江陽が手がける。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈 忍成修吾

ぐちゃぐちゃ

  • 2017年4月22日(土)公開
  • 出演

学生と映画館との共同企画『トリウッドスタジオプロジェクト』第11弾。内なるモヤモヤを隠しつつ日々を過ごす26歳のOL紗弓。そんな彼女の前に少し変わった男たちが次々と現れる。やがて同僚として会社に入って来た今泉に自分と同じ匂いを感じる紗弓だが……。出演は「でーれーガールズ」の石崎なつみ、「あやしい彼女」の田村健太郎、「はなくじらちち」の森下能幸、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「クズとブスとゲス」の板橋駿谷、「色あせてカラフル」の水間ロン、「過激派オペラ」の範田紗々。監督・脚本は、専門学校東京ビジュアルアーツに通う山岸綾。本公開に先駆け、2017年3月4日~10日下北沢トリウッドにて特別先行ロードショー。

監督
山岸綾
出演キャスト
石崎なつみ 田村健太郎 森下能幸 斉藤陽一郎

PARKS パークス

  • 2017年4月22日(土)公開
  • 出演

2017年5月に開園100周年を迎える東京・井の頭恩賜公園を舞台にした青春群像劇。亡き父親の元恋人・佐和子を捜しているという高校生ハルと知り合った女子大生の純。佐和子の孫トキオから彼女が既にこの世を去ったことを聞いた二人は、ある遺品を手渡される。出演は「バースデーカード」の橋本愛、「俺物語!!」の永野芽郁、「海賊とよばれた男」の染谷将太、「エミアビのはじまりとはじまり」の森岡龍、「なりゆきな魂、」の佐野史郎。監督・脚本は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき。撮影は「ディストラクション・ベイビーズ」の佐々木靖之。音楽監修は「HOMESICK」のトクマルシューゴ。

監督
瀬田なつき
出演キャスト
橋本愛 永野芽郁 染谷将太 石橋静河
2015年

ディアーディアー

  • 2015年10月24日(土)公開
  • 出演(義夫/虚言癖の弟 役)

幼い頃に幻のシカを見つけたものの信じてもらえなかった3人の兄妹の軌跡を描いたヒューマンコメディ。監督は「ヘブンズストーリー」など助監督として数々の現場を踏んできた菊地健雄。郷里である栃木県足利市を舞台に初監督作に挑んだ。また、「グレート・ラビット」で第62回ベルリン国際映画祭短編部門の銀熊賞を受賞した和田淳がアニメーションを担当。ロックバンド『森は生きている』の岡田拓郎が劇中の音楽を手がけている。酒びたりの妹を「パッチギ! LOVE & PEACE」の中村ゆりが、多額の借金を背負う長兄を「市民ポリス69」の桐生コウジが、心のバランスを崩した次男を「Helpless」など青山真治監督作品の常連・斉藤陽一郎が演じる。

監督
菊地健雄
出演キャスト
中村ゆり 斉藤陽一郎 桐生コウジ 染谷将太

ある取り調べ

  • 2015年6月13日(土)公開
  • 出演

「苦い蜜 消えたレコード」の俳優・中西良太が脚本を手がけた密室劇。妻子を殺し、死刑にしてくれと懇願する容疑者と、鬱病の妻を抱え家庭崩壊の危機に直面したベテラン刑事の取り調べを描く。中西自ら刑事役を演じ、「じんじん」の佐藤B作、「恋に至る病」の斉藤陽一郎が出演する。監督は、「BANK」の村橋明郎。

監督
村橋明郎
出演キャスト
佐藤B作 中西良太 斉藤陽一郎 西歩美
2014年

友だちと歩こう

  • 2014年3月22日(土)公開
  • 出演

ナイーブな少年たちを描き第50回ベルリン国際映画祭アルフレート・バウアー賞を受賞した「独立少年合唱団」や、かつて交際していた中年男女を描き2005年モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した「いつか読書する日」を生みだした緒方明監督と脚本家の青木研次が、9年ぶりにタッグを組んだオムニバス映画。郊外の団地に住む年老いた男性たちや青春を引きずる者たちが織りなす「煙草を買いに行く」「毛糸の犬」「千九百年代のリンゴ」「道を歩けば」の4作から成り、それぞれ密接に関わり合っている。アコーディオン奏者cobaが音楽を担当。「JAZZ爺MEN」の上田耕一、「風花」の高橋長英、「恋に至る病」の斉藤陽一郎、「SP」シリーズの松尾諭らが出演。

監督
緒方明
出演キャスト
上田耕一 高橋長英 斉藤陽一郎 松尾諭
2013年

モーメント

  • 2013年10月31日(木)公開
  • 出演

「ゆるせない、逢いたい」で商業映画デビューを果たした金井純一が監督・脚本を務め、映画専門学校・ENBUゼミナールのワークショップ“CINEMA PROJECT”で製作した長編映画。兄を植物状態にされたアヤミと家族を殺された章子は復讐心によって結ばれ、やがてアヤミの兄を襲った加害者に接触を始める……。

監督
金井純一
出演キャスト
由加子 鶴巻紬 田中慎也 金子祐史

Sweet Sickness

  • 2013年4月6日(土)公開
  • 出演

新進監督たちが自由な発想で作品を発表する青春Hシリーズ第29弾。姉に理不尽な執着心ともいえる感情を抱く弟と、その想いに戸惑う姉の姿を描く。「ラブ キル キル」の西村晋也監督作。出演は「RIVER(2011)」の小林ユウキチ、「バカのハコ船」の細江祐子、「青春Hシリーズ イヤリング」の片宮あやか、「恋に至る病」の斉藤陽一郎。

監督
西村晋也
出演キャスト
小林ユウキチ 細江祐子 綾見ひかる 片宮あやか
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 斉藤陽一郎