TOP > 人物を探す > 森永恭子

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2016年 まで合計16映画作品)

2016年

の・ようなもの のようなもの

  • 2016年1月16日(土)
  • スクリプター

若手落語家の青春を描いた故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』のその後を描くコメディ。生真面目でさえない若手落語家が、もう一度高座に立つよう兄弟子を説得するために始めたおかしな共同生活のゆくえがつづられる。主人公を松山ケンイチ、兄弟子役で『の・ようなもの』で主役を務めた伊藤克信が同じ役で出演する。

監督
杉山泰一
出演キャスト
松山ケンイチ 北川景子 伊藤克信 尾藤イサオ
2009年

わたし出すわ

  • 2009年10月31日(土)
  • 記録

森田芳光が13年ぶりにオリジナル脚本で描く、"お金"にまつわるドラマ。人々の夢や希望を聞いては、それを叶えるための大金を差し出そうとするミステリアスな女性の姿をつづる。

監督
森田芳光
出演キャスト
小雪 黒谷友香 井坂俊哉 山中崇
2004年

海猫

  • 2004年11月13日(土)
  • スクリプター

「失楽園」の森田芳光監督が、谷村志穂の同名小説を映画化したラブ・ストーリー。北の漁村を舞台に、夫とその弟の間で揺れる人妻の危うい関係を濃密につづる。

監督
森田芳光
出演キャスト
伊東美咲 佐藤浩市 仲村トオル 三田佳子
2002年

黄昏流星群 同窓会星団

  • 2002年5月18日(土)
  • スクリプター

社会派漫画家として知られる弘兼憲史の秀作短編を映画化。忘れかけていた恋愛に目覚めた中年の男女と、彼らの子供らが織り成すドラマを描く大人のラブ・ストーリー。

監督
山川元
出演キャスト
神田正輝 原日出子 高岡奏輔 安藤響

模倣犯

  • 2002年6月8日(土)
  • スクリプター

直木賞作家・宮部みゆきのベストセラー・ミステリーを映画化。メディアを巻き込む冷酷な犯罪を行う異常犯たちと、被害者遺族たちとの闘いを描く異色の犯罪ドラマだ。

監督
森田芳光
出演キャスト
中居正広 山崎努 藤井隆 津田寛治

ON AIR オンエアー

  • 2002年3月9日(土)
  • スクリプター

実力派俳優・鶴見辰吾が製作・主演の2役を務めるハートウォーミング・コメディ。華麗なTVドラマの世界と、その裏で渦巻く人間模様をおもしろおかしく描き出す。

監督
牛山真一
出演キャスト
鶴見辰吾 杉田かおる 石原良純 船越英一郎
1999年

<39>刑法第三十九条

  • 1999年5月1日(土)
  • スクリプター

謎に満ちた猟奇的殺人事件の容疑者の精神鑑定に、女性精神医が挑む法廷サスペンス。監督は「失楽園」の森田芳光。鈴木光と大森寿美男による原案と永井泰宇による原作を基に、「お墓がない!」の大森寿美男が脚本を執筆。撮影を「キリコの風景」の高瀬比呂志が担当している。主演は、「ベル・エポック」の鈴木京香と「アンラッキー・モンキー」の堤真一。第49回ベルリン国際映画祭コンペ部門正式出品作品。

監督
森田芳光
出演キャスト
鈴木京香 堤真一 岸部一徳 杉浦直樹

黒い家(1999)

  • 1999年11月13日(土)
  • スクリプター

生命保険会社に勤務するサラリーマンに襲いかかった、保険金詐欺夫婦による恐怖を描いたサイコ・ホラー。監督は「〈39〉刑法第三十九条」の森田芳光。第4回日本ホラー大賞を受賞した貴志祐介による同名小説を、「〈39〉刑法第三十九条」の大森寿美男が脚色。撮影を「SLANG 黄犬群」の北信康が担当している。主演は「虹の岬」の内野聖陽と「鉄道員」の大竹しのぶ。

監督
森田芳光
出演キャスト
内野聖陽 大竹しのぶ 西村まさ彦 田中美里
1998年

お墓がない!

  • 1998年2月7日(土)
  • スクリプター

人一倍プライドの高い大女優が、自分が入るに相応しいお墓を探して東奔西走する姿を描いたコメディ。監督は「OL忠臣蔵」の原隆二。脚本は「新・静かなるドン」の大森寿美男。撮影を「鍵」の前田米造が担当している。主演は「極道の妻たち 決着」の岩下志麻。

監督
出演キャスト
岩下志麻 袴田吉彦 安達祐実 高橋ひとみ
1997年

失楽園 海外版オリジナル・ヴァージョン

  • 1997年
  • スクリプター

配給収入23億円というオトナの実写作品としては近年にないほどの大ヒットとなり、映画版のみならず、原作、テレビ・ドラマ版などもさまざまな話題を呼んで、日本流行語大賞を受賞するという社会現象ともなった「失楽園」の海外向けヴァージョン。アメリカをはじめ32カ国での世界配給が決まり、モントリオール国際映画祭などでも上映された輸出版が、大ヒット記念の凱旋ロードショーとして、国内でも上映された。当初、日本で公開されたR指定版では、過激な絡みのために濡れ場シーンを暗くプリントしていたが、この海外向けヴァージョンでは修正部分をオリジナルの形に戻し、成人指定での公開となっている。

監督
森田芳光
出演キャスト
役所広司 黒木瞳 星野知子 柴俊夫

森永恭子の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 森永恭子