TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリー・ワトソン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1937年 まで合計5映画作品)

1937年

武侠少年

  • 1937年
  • 出演(Sam 役)

「風雲児アドヴァース」「白衣の天使」のビリー・モーチが主役を勤めるブース・ターキントンの名作物語の映画化である。脚色にはリリー・ヘイワードとヒュー・カミングスが協力し、ウィリアム・マクガンが監督に当たり、「お馬に乗って」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「バーバリー・コースト」のフランク・クレイヴン、「噫初恋」のスプリング・バイントン、「無限の青空」クレイグ・レイノルズ、子役のハリー・ワトソン、ジャッキー・モロウ、フィリップ・ハーリック、「歩く死骸」のケネス・ハーラン、チャールズ・ハルトン等である。

監督
ウィリアム・マクガン
出演キャスト
ビリー・モーチ フランク・クレイヴン スプリング・バイントン クレイグ・レイノルズ
1936年

拾万ドル玉手箱

  • 1936年
  • 出演(Freddie 役)

「噫初恋」「猛獣師の子」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、ギャレット・スミスの大衆小説を「クレイグの妻」の作者たる劇作家ジョージ・ケリーが脚色し、「男性No.1」「港に異常なし」のJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たり、「噫初恋」のクライド・デ・ヴィナが撮影したもの。助演者は「噫初恋」に恋人役で共演したエリック・リンデンとセシリア・バーカーを始め、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソン、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「海賊ブラッド」のドナルド・ミーク、子役キャロライン及びジュリア・パーキンス、デルマー及びハリー・ワトソン等である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー エリック・リンデン セシリア・パーカー エリザベス・パターソン
1925年

荒野の孤児

  • 1925年
  • 出演(Good_News 役)

かつてニューヨークに於いてアリス・ブラディ嬢が演じたソールズベリー・フィールド氏作の舞台劇を映画化したもので、「なまけ者」「ステラ・ダラス(1925)」等と同じくフランセス・マリオン女史が脚色し「特別最大急行」「闇黒」等と同じくジョージ・ヒル氏が監督した。「建国の乙女」に共演したマリオン・デイヴィース嬢、ハリソン・フォード氏の主演で、ホルプルック・プリン氏、ジョージ・シーグマン氏、ホバート・ポスウォース氏、ハリー・マイヤース氏、ヘッダ・ホッパー嬢、リチャード・カール氏エミリー・フィッツローイ嬢及びジョン・ハフ君が出演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ホルブルック・ブリン ハリソン・フォード ハリー・ワトソン
1924年

歓楽の不夜城

  • 1924年
  • 出演(City_Editor 役)

「争闘の熱血」「拳闘王」等の原作を書いたH・C・ウィットワー氏の書き卸したものを、ルーサー・リード氏が脚色し、「女房征服」「漂泊の孤児」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏の監督したもの。主役は「恋の関門」「洋上の薔薇」等主演のアニタ・スチュアート嬢、「負けじ魂」等のT・ロイ・バーンズ氏、喜歌劇のスターから映画界に初めて飛び込んだオスカー・ショウ氏等であるが、その他にも有名なジーグフェルド・フォーリス美人合唱団や、ハースト系新聞紙の有名な記者、寄稿家等が多数顔を見せて、米国における興業価値を高めた。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
アニタ・スチュアート T・ロイ・バーンズ オスカー・ショウ トム・ルイス
1923年

懐かしの紐育

  • 1923年
  • 出演(Bully_Boy_Brewster 役)

リダ・ジョン・ヤング氏の原作になる舞台劇をルーサー・リード氏が脚色し、「背中を掻いて頂戴」「蜂雀」等と同じくシドニー・オルコット氏が監督した。主役は「武士道華やかなりし頃」「アダムとエヴァ」等と同じくマリオン・デイヴィース嬢。相手役は「影に怖えて」等出演のハリソン・フォード氏、「愛の栄光」等出演のマーロン・ハミルトン氏である。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
マリオン・デイヴィス スティーヴ・カー J・M・ケリガン ハリソン・フォード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリー・ワトソン

ムービーウォーカー 上へ戻る