映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ブラウン

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1951年 まで合計9映画作品)

1951年

モヒカン族の最後(1934)

  • 1951年10月26日公開
  • 出演(Alice 役)

ジェイムズ・F・クーパーの同名の小説より取材した1934年作品で、戦後日本ではじめての連続活劇。監督は「ボンバ」のフォード・ビーブと「ユーコンの叫び」のB・リーブス・イースン。ビーブが、ジャック・ナタフォード、コルベート・クラーク、ウィンダム・ギテンスと共に潤色し、台辞を書いている。撮影は「西部の挑戦」のアーネスト・ミラー他が担当。出演は西部劇のヴェテラン、ハリー・ケイリー以下、エドウィナ・ブース、ミッシャ・アウアら。

監督
フォード・ビーブ
出演キャスト
ハリー・ケイリー エドウィナ・ブース ホバート・ボスウォース ウォルター・ミラー
1933年

快賊ディアボロ

  • 1933年公開
  • 出演(Zerlina 役)

「極楽二人組」「極楽兵隊さん」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー共演喜劇で、オーベル作の喜歌劇「フラ・ディアヴォロ」に基づいて「マダム・サタン」「ダイナマイト(1929)」のジェニー・マクファーソンが脚色し、プロデューサーのハル・ローチが自らチャールズ・バディー・ロジャースを助手として監督に当たったもの。助演者は「放浪の王者(1930)」のデニス・キング、「ご冗談でしョ」「その夜」のセルマ・トッド、「極楽兵隊さん」のジェームズ・フィンレイソン、「武装ラグビー」のアーサー・ピアソン、「親爺は若い」のルシル・ブラウン、ヘンリー・アーメッタ、レーン・チャンドラー等で、撮影は「極楽兵隊さん」のアート・ロイドとハップ・デピューの担当である。

監督
ハル・ローチ チャールズ・バディー・ロジャース
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー デニス・キング セルマ・トッド

闘技場の王者

  • 1933年公開
  • 出演(Mary_Hiller 役)

「悍馬征服」等に主演したケン・メイナードが再びユ社を通じて提供する第1回主演西部劇で、メイナード映画を監督しているアラン・ジェームズが監督に当たった。原作はハル・バーガーとレイ・ラウクが共同執筆し、脚色と台詞には監督ジェームズが自ら任じている。撮影は最近ジョン・ウェイン西部劇をクランクしていたテッド・マッコードの担任。助演者は連続映画「空中怪盗団」「冒険島」のルシル・ブラウン、「獣人島」のロバート・コートマン、「闘う隊商」のジェームズ・マーカス、「異国の母」のフランク・ライス、マイケル・ヴィサロフ、ジャック・モワー等。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ルシル・ブラウン ジョン・セント・ポリス ロバート・コートマン
1932年

空中飛行便の秘密

  • 1932年公開
  • 出演(Mary_Ross 役)

エラ・オノールのストーリーをベイジル・ディッキー、ジョージ・プリンプトン、ージ・モーガンの三人が脚色した連続映画で監督は「冒険島」のレイ・テイラー、撮影者はジョン・ヒックソン。主たる出演者は新進のジェームズ・フレイヴィン、「親父は若い」「街のをんな」のルシル・ブラウン、「高速度尖端娘」のホイーキラー・オークマン、フランク・ハグニー、ネルソン・マクドウェル、ブルウス・ミッチェル、アル・プレ、等である。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ジェームズ・フレイヴィン ルシル・ブラウン ウィーラー・オークマン フランク・ハグニー
1931年

親爺は若い

  • 1931年公開
  • 出演(Dorothy_Gregson 役)

「愉快な武士道」「巴里見る可し」と同じく・ウィル・ロジャース主演する映画。ジョージ・エイドの筆になる原作を基に「再生の港」のエドウィン・バークが脚色し、「我が心の歌(1930)」「リリオム」のフランク・ボーゼージが監督したもので助演者は「各国の女」「妾は貴方のものなのよ」のフィフィ・ドルセイをはじめ「霊と肉」のドナルド・ディラウェイ、「大海の底」テラレンス・レイ、ルシアン・リトルフィールド、ルシル・ブラウン、ロザリー・ローイ、ジョン・T・マレイなど、カメラは「我が心の歌(1930)」「リリオム」のチェスター・ライオンズが担当。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ウィル・ロジャース フィフィ・ドルセイ ルシアン・リトルフィールド ドナルド・ディラウェイ

冒険島

  • 1931年公開
  • 出演(Bonnie_Adams 役)

「インディアン来る」の監督者ヘンリー・マックレエがストオリーを書き、ベイジル・ディッキーが撮影台本に組み立てたものに基づいて、「闇に踊る(1929)」のレイ・テイラーが監督した連続映画でカメラはジョン・ヒックソンが担任。出演者は「親爺は若い」「ルンペンの天国」のルシル・ブラウン、「軍装と腰巾着」のケネス・ハーランの二人で、助演者として「凸凹海軍」のトム・リケッツ、ウォルター・ミラー、ウィリアム・L・ソーン、ビューラー・ハットン、エンディ・デヴァイン、ジョージ・リーガン、エヴェレット・ブラウン等が登場する。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ケネス・ハーラン ルシル・ブラウン トム・リケッツ ウォルター・ミラー

街のをんな

  • 1931年公開
  • 出演(Edna 役)

「心を汚されし女」「名門芸術」のジョージ・キューカーが監督したもので、「忍びよる心」のゾー・エイキンスが書き下ろした物語をレイモンド・グリフィスとブライアン・マーロウとが共同で脚色し台詞をつけた。主なる出演者は「二十四時間」「影を売る男」のケイ・フランシス、「ダイナマイト(1929)」のジョエル・マクリー、「時計の殺人」「悪魔が跳び出す」のリリアン・タッシュマン、「上海特急」「腕白大将」のユージン・ポーレットでその他、アラン・ダインハート、ルシル・グリーソン、アンダーソン・ローラー等が助演したいる。カメラは「二十四時間」「無冠の帝王」のアーネスト・ホーラーの担当である。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
ケイ・フランシス ジョエル・マクリー リリアン・タッシュマン ユージン・ポーレット
1930年

曠原の血煙

  • 1930年公開
  • 出演(Ruth_Garrett 役)

「曠野に叫ぶ(1930)」と同じくゼーン・グレイ原作の西部劇で、同じくジョージ・オブライエンが主演する。脚色はアーネスト・パスカルが当たり「ヨーロッパ突進」「キット・カーソン」のアルフレッド・L・ワーカーが監督した。助演者は新進ルシル・ブラウン、「恋の大分水嶺」「黒時計連隊」のマーナ・ローイを始め「曠野に叫ぶ(1930)」「最後の一人」のウォルター・マッグレイル、「掠奪者」のロイド・イングレアム、「海の狼(1930)」のナット・ペンドルトン、及びジェームズ・メイスン、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニアが出演。カメラは「曠野に叫ぶ(1930)」「ヨーロッパ突進」のダニエル・B・クラークが担任。

監督
アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ルシル・ブラウン マーナ・ローイ ウォルター・マッグレイル

ルンペンの天国

  • 1930年公開
  • 出演(Louise 役)

「1930年フォックス・フォリース」「ハッピイ・デイス」と同じくベンジャミン・ストロフ監督作品で、漫画家として名あるルーブ・ゴールドバーグが原作、台詞を執筆し「友愛天国」「ドノヴァン」のハワード・J・グリーンが脚色した。主役は米国ヴォードヴィル界の一方の雄たるテッド・ヒーリーが演じ、「キング・オブ・ジャズ」「有頂天時代(1930)」のスタンリー・スミス、ニューヨーク喜劇女優のフランセス・マッコーイ、「曠原の血煙」のルシル・ブラウン、舞台俳優チャールズ・ウィニンジャー等が助演している。カメラは「ハヴァナから来た女」「紐育萬華響」のジョセフ・ヴァレンタインが担当している。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
テッド・ヒーリー フランセス・マッコーイ スタンリー・スミス ルシル・ブラウン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ブラウン