TOP > 映画監督・俳優を探す > キャロル・ホロウェイ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1928年 まで合計5映画作品)

1928年

親父返る

  • 1928年
  • 出演(Effie_Trundle 役)

ハリー・ワグスタフ・グリップル氏とウォーレス・A・マンハイマー氏との合作した舞台劇「ロメオさん」の映画化で、イゾラ・フォレスター嬢とマン・ペイジ氏とが脚色したものを、「呑気大将漂流の巻」と同じくヘンリー・レーアマン氏が監督した。「特製運動服」「姿は偽らず」等出演のフォード・スターリング氏が主役を演じ、「金は天下の廻りもの」「おしゃれ哲学」のナンシー・キャロル嬢、「熱血健闘手」のアーサー・ストーン氏、「三人水兵恋行脚」のフランセス・リー嬢、「四人の息子(1928)」のジョージ・ミーカー氏、古顔のキャロル・ホロウェイ嬢、等が助演する。

監督
ヘンリー・レーアマン
出演キャスト
ナンシー・キャロル フォード・スターリング アーサー・ストーン ジョージ・ミーカー
1923年

謎の良人

  • 1923年
  • 出演(Either_Norworth 役)

ルローイ・スコット氏の原著の小就に基づき、フランク・ベレスフォード氏が脚色して「嵐の娘(1949)」等と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督した映画で、主役は「彫刻家の妻」「懐かしの小唄」等と同じくクララ・キムボール・ヤング嬢、対手役は「幸福の扇」「社交界の誘惑」等出演のハントリー・ゴードン氏で、メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢、ロイド・ウィットロック氏、カロール・ホロウェイ嬢等も共演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング ハントリー・ゴードン キャロル・ホロウェイ ロイド・ウィトロック
1922年

母よ恋し

  • 1922年
  • 出演(Maid 役)

「虚栄地獄」と同じくフランク・デイジーとアグネス・クリスティン・ジョンストンの合作になったもので、ロイス・ゼルナーが脚色し、「虚栄地獄」「悪魔の花園」等と同じくルイ・ガスニエが監督した。主役は「誰が罪ぞ」「唖も語る」等出演のクレア・ウィンザー、「南海の情火」「人類の心」等出演のハウス・ピータース、「仮面の勇士」「悪魔の花園」等出演のガストン・グラス等で、その他ローズマリー・セビー、マートル・ステッドマン、ミルドレッド・ジューン等も共演している。ガスニエの発表した家庭劇シリーズの最初の作品である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ハウス・ピータース クレア・ウィンザー ローズマリー・セビー ガストン・グラス
1921年

激闘果つる迄

  • 1921年
  • 出演(Hilma_Ring 役)

「野人の勇」「山頂の勇姿」「正義の銃士」「熱沙を蹴りて」などと同じくバック・ジョーンズ主演のフォックス映画で、相手役は「戦闘の跡」「雷岳の危難」など出演のキャロル・ホロウェイである。数多いフォックス物を監督したエドワード・ルサンの監督。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
バック・ジョーンズ キャロル・ホロウェイ ガス・サヴィル バート・スプロット
1919年

雷岳の危難

  • 1919年
  • 出演(Ethel_Carr 役)

「曲馬団の秘密」に続いて製作されたアントニオ・モレノ氏、キャロル・ホロウェイ嬢共演の連続活劇で、原作は例によってヴ社社長アルバート・E・スミス氏と先日死んだサイラス・タウンゼント・ブラディ氏の合作で、監督はR・N・ブラッドバリー氏とウィリアム・ボウマン氏の2人がなした。ユ社支社が輸入して10月上旬から公開されよう。

監督
R・N・ブラッドバリー ウィリアム・T・ボウマン
出演キャスト
アントニオ・モレノ キャロル・ホロウェイ ケイト・プライス Jack Waltemeyer

キャロル・ホロウェイの関連人物

A. D. Regnier  Jack Waltemeyer  George Stanley  Katherine Murphy  ルイス・デイトン 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > キャロル・ホロウェイ

ムービーウォーカー 上へ戻る