映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルフリッド・ハイド・ホワイト

年代別 映画作品( 1937年 ~ 1983年 まで合計24映画作品)

1983年

おもちゃがくれた愛

  • 1983年4月23日(土)公開
  • 出演(Barkley 役)

金持ちのわがまま息子と彼におもちゃとして与えられた黒人がまきおこす珍騒動を描くコメディで、フランシス・ヴェベル作のフランス映画「おもちゃ」.”Le Jouet”を基に翻案した。製作は「ワイルドバンチ」のフィル・フェルドマン。監督は「サンフランシスコ物語」のリチャード・ドナー。脚本はキャロル・ンビエスキー、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はバトリック・ウィリアムスが担当。出演はリチャード・ブライヤー、ジャッキー・グリーソン、ネッド・ビーティ、スコッ」シユワーツ、テレサ・ガンジェルなど。ルイジアナ州のバトン・ルージュでロケ撮影。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
リチャード・プライヤー ジャッキー・グリーソン スコット・シュワーツ テレサ・ガンジェル
1979年

宇宙空母ギャラクティカ

  • 1979年1月27日(土)公開
  • 出演(Anton 役)

全長約2000mの飛行体を母船とした、宇宙バス、ロケット定期船などの大軍団が新しい定住の星を求めて宇宙横断の旅に出発するSF映画。製作総指揮はグレン・A・ラーソン、製作はジョン・ダイクストラとレスリー・スティーヴンス、監督はリチャード・A・コーラ、脚本はグレン・A・ラーソン、撮影はベン・コールマン、音楽はステュー・フィリップスとグレン・A・ラーソン、特撮監督はジョン・ダイクストラが各々担当。出演はリチャード・ハッチ、ダーク・ベネディクト、ローン・グリーン、レイ・ミランド、ルー・エイヤース、ジェーン・シーモア、ウィルフリッド・ハイド=ホワイト、リック・スプリングフィールド、ジョン・コリコスなど。

監督
リチャード・A・コーラ
出演キャスト
リチャード・ハッチ ダーク・ベネディクト ローン・グリーン レイ・ミランド
1970年

マジック・クリスチャン

  • 1970年11月21日公開
  • 出演(Captain Klaus 役)

億万長者とフーテン息子が捲き起すブラック・コメディ。製作総指揮は「ジュリアス・シーザー」のヘンリー・T・ウェンステイン、アンソニー・B・アンガー、製作は「華やかな情事」のデニス・オディール、監督は「007 カジノ・ロワイヤル」でデビューしたジョゼフ・マクグラス。原作は「キャンディ」のテリー・サザーン、脚色はテリー・サザーンとジョゼフ・マクグラスと主演のピーター・セラーズ。撮影は「2001年宇宙の旅」のジェフリー・アンスワース、音楽を「ローマで起った奇妙な出来事」のケン・ソーンがそれぞれ担当。なお、ポール・マッカートニー作曲の主題歌を新人グループのバッドフィンガーが歌っている。出演は「キャンディ」のリンゴ・スター、「太ももに蝶」のピーター・セラーズ、「シャイヨの伯爵夫人」のユル・ブリンナー、「ローズマリーの赤ちゃん」の監督ロマン・ポランスキー、「100挺のライフル」のラクウェル・ウェルチ、「彼女と彼」のローレンス・ハーヴェイ、「ドリトル先生/不思議な旅」のリチャード・アッテンボロー、「悪徳の快楽」のクリストファー・リー、「マイ・フェア・レディ」のウィルフリッド・ハイド・ホワイトなど。

監督
ジョゼフ・マクグラス
出演キャスト
リンゴ・スター ピーター・セラーズ ユル・ブリンナー ロマン・ポランスキー
1968年

野良犬の罠

  • 1968年2月1日公開
  • 出演(Billings_Browne 役)

フィリップ・リースマン・ジュニアとエドワード・J・モンターニュのストーリーを、フィリップ・リースマン・ジュニアが脚色、「ブルー・マックス」のジョン・ギラーミンが監督したハードボイルド・タッチのアクション篇、撮影はロイヤル・グリグス、音楽はニール・ヘフティが担当した。なお、主題歌の作曲はパーシー・フェイスである。出演は「トブルク戦線」のジョージ・ペパード、TV「ペリー・メイスン」のレイモンド・バーのほかに2人の新人女優ゲイル・ハニカットとスーザン・セント・ジェームズなど。製作は、ストーリーを書いているエドワード・J・モンテイン。

監督
ジョン・ギラーミン
出演キャスト
ジョージ・ペパード レイモンド・バー ゲイル・ハニカット Brock Pites
1967年

姿なき殺人者

  • 1967年12月7日公開
  • 出演(Judge_Cannon 役)

アガサ・クリスティの推理小説『そして誰もいなくなった』をピーター・イェルダムとピーター・ウェルベックが脚色、ジョージ・ポロックが監督にあたった。撮影はアーネスト・スチュワード、音楽はマルコム・ロックヤーが担当。出演は「復讐戦線」のヒュー・オブライエン、「さそり暗殺命令」のシャーリー・イートン、歌手のフェビアン、「マイ・フェア・レディ」のスタンレー・ハロウェイほか。製作はオリヴァー・A・アンガー。

監督
ジョージ・ポロック
出演キャスト
ヒュー・オブライエン シャーリー・イートン フェビアン レオ・ゲン

殺しのエージェント

  • 1967年2月25日公開
  • 出演(The_Chief 役)

ジョン・ガードナーの同名小説をピーター・イェルダムが脚色、ジャック・カーディフが監督したスパイ・アクション。撮影はテッド・スケイフ、音楽はラロ・シフリンが担当した。出演は「マーメイド作戦」のロッド・テイラー、「悪のシンフォニー」のトレヴァー・ハワードのほか、ジル・セント・ジョン、デイヴィッド・トムリンソンなど。製作はジョン・ベニングトン。

監督
ジャック・カーディフ
出演キャスト
ロッド・テイラー トレヴァー・ハワード ジル・セント・ジョン ウィルフリッド・ハイド・ホワイト

恐怖の蝋人形

  • 1967年2月4日公開
  • 出演(Harold 役)

スティーブン・カンデルの脚本をテレビ出身の新進ハイ・アヴァーバックが製作・監督した恐怖映画。撮影はリチャード・クライン、音楽はウィリアム・ラーバが担当。出演は「クレオパトラ(1963)」のチェザーレ・ダノヴァ、「キング・ラット」のパトリック・オニール、「レッド・ライン7000」のローラ・デヴォン、ウィルフリッド・ハイド・ホワイトほか。

監督
ハイ・アヴァーバック
出演キャスト
チェザーレ・ダノヴァ ウィルフリッド・ハイド・ホワイト ローラ・デヴォン パトリス・ワイモア
1964年

マイ・フェア・レディ

  • 1964年12月1日公開
  • 出演(Colonel Pickering 役)

ジョージ・バーナード・ショウの「ピグマリオン」を脚色したミュージカル。脚色(作詞)は「恋のてほどき」のアラン・ジェイ・ラーナー。「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが演出したミュージカル。撮影はハリー・ストラドリング、音楽はアラン・ジェイ・ラーナーの作詞、舞台と同じくフレデリック・ロー及びアンドレ・プレヴィンが作曲をそれぞれ担当した。出演は「クレオパトラ(1963)」のレックス・ハリソン、「シャレード」のオードリー・ヘップバーン、舞台で同じ役を演じたスタンレー・ハロウェイ、「恋をしましょう(1960)」のウィルフリッド・ハイド・ホワイト、ジェレミー・ブレットなど。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン レックス・ハリソン スタンリー・ホロウェイ ウィルフリッド・ハイド・ホワイト

難破船(1962)

  • 1964年3月14日公開
  • 出演(Lord_Glenarvan 役)

ジュール・ベルンの冒険小説「グラント船長の子供たち」をローウェル・S・ホウリーが脚色、ロバート・スティーヴンソンが監督したスペクタクルドラマ。撮影はポール・ビースン、音楽はウィリアム・オルウィンの担当。出演者は「ペペ」のモーリス・シュヴァリエ、「罠にかかったパパとママ」のヘイリー・ミルズ、「ソロモンとシバの女王」のジョージ・サンダース、「第3の男」のウィルフリッド・ハイド・ホワイト、他にマイケル・アンダーソン・ジュニア、キース・ハムシャーなど。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ ヘイリー・ミルズ ジョージ・サンダース ウィルフリッド・ハイド・ホワイト
1963年

ダイナミック作戦

  • 1963年公開
  • 出演(Trowbridge 役)

R・F・デルダーフィルドの原作を、ハロルド・バックマンが脚色、シリル・フランケルが監督した戦争コメディ。撮影はエドワード・スケイフ、音楽はマルコム・アーノルドが担当した。出演は「007/ゴールドフィンガー」のショーン・コネリー、TV出身のアルフレッド・リンチほか。製作はS・ベンジャミン・フィッツ。

監督
シリル・フランケル
出演キャスト
ショーン・コネリー アルフレッド・リンチ セシル・パーカー スタンリー・ホロウェイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルフリッド・ハイド・ホワイト