映画-Movie Walker > 人物を探す > パティ・ダーバンヴィル

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2007年 まで合計13映画作品)

2007年

パーフェクト・ストレンジャー

  • 2007年9月29日(土)公開
  • 出演(Esmeralda 役)

人気俳優のハル・ベリーとブルース・ウィリスが共演。ニューヨークの広告業界、そして誰もが別人格になれるインターネットの世界を舞台に描かれる戦慄と衝撃のミステリー。

監督
ジェームズ・フォーリー
出演キャスト
ハル・ベリー ブルース・ウィリス ジョヴァンニ・リビシ リチャード・ポートナウ
1997年

ファーザーズ・デイ

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 出演(Shirley Trainor 役)

互いに自分こそ父親だと主張して譲らぬ2人の中年男性が、1人の少年を巡って争いながら珍道中を繰り広げるロードムービー・コメディ。ロビン・ウィリアムズとビリー・クリスタルという当代の芸達者たちの丁々発止のやり取り(映画では初共演)が笑いを誘う。フランシス・ベイベール監督、ピエール・リシャール、ジェラール・ドパルデュー主演のフランス映画「Les Comperes」(84)を、「ジュニア」のアイヴァン・ライトマンの監督・製作でリメイク。脚本は「彼と彼女の第2章」「クローンズ」などのコンビ、ローウェル・ガンツとババルー・マンデル。製作は「陰謀のセオリー」のジョエル・シルヴァーとライトマンの共同。製作総指揮は「SPACE JAM」のジョー・メダックとダニエル・ゴールドバーグ、撮影は「カリートの道」のスティーヴン・H・ブラム、音楽は「SPACE JAM」のジェームズ・ニュートン・ハワードで、ポール・マッカートニーのテーマ曲『ヤング・ボーイ』『ザ・ワールド・トゥナイト』のほか、シュガー・レイ、スペシャルズ、ライル・ラヴェットら多彩な挿入曲が全編に流れる。編集は「SPACE JAM」のシェルダン・カーンと「ジュニア」のウェンディ・グリーン・ブリックモント、衣裳は「身代金」のリタ・ライアック。主演は「ジャック」のロビン・ウィリアムズと「彼と彼女の第2章」のビリー・クリスタル。共演は「ターミナル・ベロシティ」のナスターシャ・キンスキー、「BOYS」のチャーリー・ホフハイマー、「ノース/ちいさな旅人」のジュリア・ルイス=ドレイファスほか。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ビリー・クリスタル ジュリア・ルイス・ドレイファス ナスターシャ・キンスキー
1996年

ザ・ファン

  • 1996年10月26日(土)公開
  • 出演(Ellen_Renard 役)

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。

監督
トニー・スコット
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ウェズリー・スナイプス エレン・バーキン ジョン・レグイザモ
1992年

ベルーシ=ブルースの消えた夜

  • 1992年2月29日(土)公開
  • 出演(Cathy_Smith 役)

ドラッグに溺れた名コメディアン、ジョン・ベルーシの破滅に至るまでの人生を現実と夢を交錯させながら描く。監督は「ハード・ツー・ホールド」のラリー・ピアース、製作はエドワード・S・フェルドマンとチャールズ・R・ミーカー、ボブ・ウッドワードのベストセラーを原作に、脚本はアール・マック・ローチ、撮影はトニー・アイミ、音楽は「ブルーラグーン」のバジル・ポールドュリスとニール・ポートノウが担当。

監督
ラリー・ピアース
出演キャスト
マイケル・チキリス レイ・シャーキー J・T・ウォルシュ パティ・ダーバンヴィル
1990年

想い出のジュエル

  • 1990年6月23日(土)公開
  • 出演(Jean 役)

裕福な青年と年若き元人妻との儚い恋を描いたラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはアラン・マーシル、製作はディック・バーグ、監督は「勝利への旅立ち」のデイヴィッド・アンスポー、ラリー・ケトロンの戯曲を自身で脚色、撮影はフレッド・マーフィー、音楽はデイヴィツド・フォスターとパトリック・ウィリアムスが担当。出演はモリー・リングウォルド、アンドリュー・マッカーシーほか。

監督
デイヴィッド・アンスポー
出演キャスト
モリー・リングウォルド アンドリュー・マッカーシー パティ・ダーバンヴィル ベン・スティラー
1989年

真夜中にコール・ミー

  • 1989年7月14日(金)公開
  • 出演(Cori 役)

わいせつ電話を受けた女性記者が殺人事件に巻き込まれていくスリラー。監督はソレイス・ミッチェル。製作はジョン・E・クィルとケネス・H・マーテル。エグゼクティブ・プロデューサーはミッチェル・キャノルドとスティーヴン・ルーサー、ルース・ヴィタール。原案はカレン・ケイ。撮影はゾルタン・デイヴィッド。音楽はデイヴィッド・フランクが担当。

監督
ソレイス・ミッチェル
出演キャスト
パトリシア・シャーボノー スティーブン・マックハッティ ボイド・ゲインズ サム・フリード
1986年

天才アカデミー

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 出演(Sherry_Nugil 役)

15歳で大学に入った天才少年の愛と冒険をコミカルに描く。製作はブライアン・グレーザー。エグゼクティヴ.プロデューサーはロバート・デイリー。監督はValley Girl(83)のマーサ・クーリッジ。ニール・イズラエルとバット・プロフトの原案を基に、2人にピーター・トロクヴェイが加わって脚本を執筆。撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はトーマス・ニューマンが担当。出演はゲイブ・ジャレット、ウィリアム・アザートンなど。パナビジョンで撮影。ドルビー・ステレオ。

監督
マーサ・クーリッジ
出演キャスト
ゲイブ・ジャレット ヴァル・キルマー ウィリアム・アザートン ミシェル・メイリンク
1984年

スーパー念力マン

  • 1984年6月2日(土)公開
  • 出演(Darcy 役)

放射能のせいで念力を使えるようになった男が巻き起こす騒動を描く喜劇。製作はアラン・グライスマンとマイケル・シャンバーグ。エグゼクテイヴ・プロデューサーはこの映画の撮影中に急死したダグラス・ケニー。監督はケン・シャピロ。脚本はシャピロとトム・シェローマン、アーサー・セラーズが共同で執筆。撮影はエドモンド・クーンズ、音楽はドミニク・フロンティア、特殊視覚効果はトライプレーン・フィルムズ・インクが担当。出演は監督と同じバード大学に学んだチェヴィ・チェイス、パティ・ダーバンヴィル、メアリー・ケイ・プレイス、ダブニー・コールマンなど。日本版字幕は岡枝慎二。デラックスカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ケン・シャピロ
出演キャスト
チェヴィ・チェイス パティ・ダーバンヴィル メアリー・ケイ・プレイス ネル・カーター
1981年

タイム・アフター・タイム

  • 1981年8月22日(土)公開
  • 出演(Shirley 役)

イギリスの著名なSF作家H・G・ウェルズと、殺人鬼として名高い切り裂きジャックを結びつけ、2人を19世紀後半から現代にタイム・スリップして描くSF映画。製作はハーブ・ジャッフェ、監督・脚本はニコラス・メイヤー、原作はカール・アレクサンダーとスチーブ・ヘイズ、撮影はポール・ローマン、音楽はミクロス・ローザ、編集はドン・キャンバーン、製作デザインはエドワード・C・カーファグノが各々担当。出演はマルコム・マクドウェル、デビッド・ワーナー、メアリー・スティーンバージェン、チャールズ・チォッフィ、ケント・ウィリアムス、アンドニア・カサロスなど。

監督
ニコラス・メイヤー
出演キャスト
マルコム・マクダウェル デイヴィッド・ワーナー メアリー・スティーンバージェン チャールズ・チオッフィ
1979年

メーン・イベント

  • 1979年12月15日(土)公開
  • 出演(Donna 役)

鼻っ柱の強いじゃじゃ馬女と引退したボクサーの喧嘩友達式のラブ・ストーリーを描く喜劇。ファースト・アーチスツ提供作品。製作総指揮はハワード・ローゼンマンとレニー・ミセル、製作はジョン・ピータースとバーブラ・ストライサンド、監督はハワード・ジーフ、脚本はゲイル・ペアレントとアンドリュー・スミス、撮影はマリオ・トッシ、アソシエート・プロデューサーはジェフ・ワーナー、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニア、製作デザインはチャールズ・ローゼン、衣裳はルース・マイヤーズ、技術指導はヘジモン・ルイスと勅使河原宏監督の記録映画(60)の主人公にもなったホゼ・トーレス、スタント監修はデンバー・マットソンが各々担当。出演はバーブラ・ストライサンド、ライアン・オニール、ポール・サンド、ウィットマン・メーヨ、パティ・ダーバンヴィル、チュ・チュ・マラーブ、リチャード・ローソン、ジェームズ・グレゴリーなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

監督
ハワード・ジーフ
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド ライアン・オニール ポール・サンド ウィットマン・メーヨ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パティ・ダーバンヴィル