映画-Movie Walker > 人物を探す > 鴨鈴女

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2006年 まで合計6映画作品)

2006年

幸福(しあわせ)のスイッチ

  • 2006年10月14日(土)公開
  • 出演

上野樹里が沢田研二ら実力派俳優陣と共演するホーム・ドラマ。和歌山の田舎町を舞台に、電器店を営む一家が、衝突を繰り返しながらも絆を育んでいく姿を描く。

監督
安田真奈
出演キャスト
上野樹里 本上まなみ 沢田研二 中村静香
2000年

絵里に首ったけ

  • 2000年11月4日(土)公開
  • 出演(浜中会長 役)

 ナニワ生まれの笑いと涙の青春ドラマ。陽気な女性教師と落ちこぼれたちの奮闘をコミカルに描写。大河内奈々子扮するヒロインのキュートな魅力と、生徒たちの情熱や、コテコテのギャグが痛快!

監督
三原光尋
出演キャスト
大河内奈々子 福田転球 東野佑美 木下ほうか

いちげんさん

  • 2000年1月29日(土)公開
  • 出演(中山さん 役)

京都の四季のうつろいの中に、外国人留学生と盲目の日本人女性の愛と別れを描出するラヴ・ストーリー。監督は『ONCE in TIME』の森本功。第20回すばる文学賞を受賞したデビット・ゾペティによる同名小説を、森本監督が脚色。撮影監督にピーター・ボロッシュがあたっている。主演は、「仮面の男」のエドワード・アタートンと「Lie lie Lie」の鈴木保奈美。第1回京都シネメセナ助成作品。

監督
森本功
出演キャスト
エドワード・アタートン 鈴木保奈美 中田喜子 塩屋俊
1999年

燃えよピンポン

  • 1999年5月3日(月)公開
  • 出演(小原真央子 役)

恋と社運を賭けて繰り広げられる、OL同士の壮絶な卓球対決を活写したスポ根コメディ。監督は「ヒロイン!」の三原光尋。三原監督による原作を、三原監督と「風の王国」で美術を担当している高橋智紀が共同脚色。撮影を榊一史が担当している。主演はNHK朝の連続テレビドラマ『やんちゃくれ』の高田聖子。尚、本作は三原監督によるスポーツ映画三部作(「真夏のビタミン」「ヒロイン!」)の第二作として製作された作品で、また小劇場シアタートップスが独自に作品を選んで上映するインディペンデント映画の為の企画『TndEx/Tops』の第1回プログラム作品として公開された。初公開は1997年6月21日に兵庫・神戸アートビレッジセンターにて。16ミリ。

監督
三原光尋
出演キャスト
高田聖子 鴨鈴女 萩原圭 桂雀三郎
1998年

ヒロイン!

  • 1998年10月24日(土)公開
  • 出演(富田林良子 役)

商売敵で犬猿の仲の有閑マダム率いるママさんバレーボール・チームに、浪花のシングルマザーが仲間と共に勝負を挑んでいく姿を描いたスポーツ・コメディ。監督は「風の王国」の三原光尋で、本作が劇場用本篇デビュー作。脚本は久保田傑と三原監督の共同。撮影を「ロマンス」の本田茂が担当している。主演は「釣りバカ日誌8」の室井滋。関西テレビ開局40周年記念作品。大阪地区では1998年9月26日に先行公開された。

監督
三原光尋
出演キャスト
室井滋 伊原剛志 中川安奈 中尾貴子
1995年

BOXER JOE

  • 1995年5月27日(土)公開
  • 出演(主婦 役)

ボクサーとしては致命的な網膜剥離を克服し、現役復帰を果たしたプロボクサー・辰吉丈一郎。彼の勇姿は多くのボクシング・ファンを大いに熱くさせたが、そんな彼のインタビューと架空のドラマを融合させた異色のボクシング映画。ドキュメンタリー部分では辰吉のインタビューの他に、父親や奥さんのインタビューや、日本中を興奮の渦に叩き込んだ薬師寺保栄との試合をじっくり見せている。また、ドラマ部分では辰吉の熱狂的ファンである、あるお好み焼屋の主人を中心とする人たちの人間模様を、コメディ・タッチで描く。監督は「トカレフ」の阪本順治。脚本は阪本と「潤の街」の金秀吉。撮影は「エンジェル・ダスト」の笠松則通と「女帝(1995)」の田中一成が担当している。ドラマ部分の主演は宇崎竜童。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
阪本順治
出演キャスト
辰吉丈一郎 辰吉粂二 宇崎竜童 黒谷友香
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鴨鈴女