TOP > 映画監督・俳優を探す > 古賀俊輔

年代別 映画作品( 2017年 ~ 2020年 まで合計45映画作品)

2020年

劇場

  • 7月17日(金)
  • チーフプロデューサー

芸人として活躍する一方『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹による恋愛小説を、行定勲監督が映画化。永田が脚本・演出を手掛ける劇団は公演の度に作風を酷評され、解散状態に。理想と現実の間で苦しむ中、女優を夢見る沙希と出会い、彼女の家に転がり込む。劇作家を目指す不器用な永田と健気に彼を必死に支えようとする沙希の恋を、「ヲタクに恋は難しい」の山﨑賢人と「蜜蜂と遠雷」の松岡茉優が紡いでいく。また、シンガーソングライターの曽我部恵一が本作の音楽を手がけた。

監督
行定勲
出演キャスト
山崎賢人 松岡茉優 寛一郎 伊藤沙莉

#ハンド全力

  • 7月31日(金)
  • 企画プロデュース

震災後の熊本を舞台にした青春映画。高校生のマサオが、3年前に撮ったハンドボールの写真をSNSに投稿したところ、全国から“いいね”が殺到。舞い上がったマサオたちは、“#ハンド全力”をつけてハンドボールを頑張るフリをした写真の投稿を続けるが。出演は「暗殺教室~卒業編~」の加藤清史郎、「天気の子」の醍醐虎汰朗。監督は「君が君で君だ」の松居大悟。

監督
松居大悟
出演キャスト
加藤清史郎 醍醐虎汰朗 佐藤緋美 坂東龍汰

僕の好きな女の子

  • 8月14日(金)
  • スーパーバイザー

芸人で芥川賞作家の又吉直樹による恋愛エッセイを、演劇ユニット玉田企画の主宰で「あの日々の話」ではメガホンを取った玉田真也が映画化した恋愛劇。友達以上恋人未満の加藤とミホ。ミホの本心はわからないが、加藤はこの関係を壊さぬよう気持ちを抑え……。恋をする人間の感情を、等身大の会話劇として描き出す。逡巡する加藤をミュージシャンとして活動する一方「ギャングース」などに出演する渡辺大知が、ヒロインのミホを「ハルカの陶」の奈緒が演じる。島ぜんぶでおーきな祭-第11回沖縄国際映画祭- TV DIRECTOR'S MOVIE部門および第6回京都国際映画祭TV DIRECTOR‘S MOVIE部門上映作品。

監督
玉田真也
出演キャスト
渡辺大知 奈緒 徳永えり 山本浩司

キスカム!~COME ON, KISS ME AGAIN!~

  • 9月4日(金)
  • スーパーバイザー

海外のスポーツイベントで行われている、カメラを向けられた客席のカップルがキスをする「キスカム」からアイデアを得たロマンチック・コメディ。女優としても活躍する現役女子大生の松本花奈がメガホンをとり、『サヨナラまでの30分』の葉山奨之が主演を務めるほか、モデルの堀田茜、八木アリサらが共演する。

監督
松本花奈
出演キャスト
葉山奨之 堀田茜 八木アリサ 塚本高史

ヤウンペを探せ!

  • 11月20日(金)
  • スーパーバイザー

4人の独身中年男たちが憧れのヒロインのために謎のヤウンペ探しに奔走するコメディ

監督
宮脇亮
出演キャスト
池内博之 宮川大輔 松尾諭 池田鉄洋

エキストロ

  • 3月13日(金)
  • スーパーバイザー

茨城県つくばみらい市の巨大ロケ施設を舞台にエキストラの世界を描くフェイク・ドキュメンタリー。歯科技工士の荻野谷は、エキストラとして映像作品に出演することに情熱を燃やしている。ある日、彼が所属する事務所のエキストラが、刑事事件の容疑者となる。出演は、映画初出演の萩野谷幸三、「スタートアップ・ガールズ」の山本耕史、「最初の晩餐」の斉藤由貴、「決算!忠臣蔵」の寺脇康文。監督は、ドラマ『透明なゆりかご』の村橋直樹。脚本は、「Diner ダイナー」の後藤ひろひと。高雄映画祭、タリン・ブラックナイツ映画祭、ハイナン国際映画祭、沖縄国際映画祭、京都国際映画祭正式出品作品。

監督
村橋直樹
出演キャスト
萩野谷幸三 山本耕史 斉藤由貴 寺脇康文

甘いお酒でうがい

シソンヌのじろうが長年演じてきたキャラクター・川嶋佳子の日記という設定で書かれた同名小説を映画化。40代独身の川嶋佳子は毎日日記をつけている。何気ない日常を綴る佳子に、小さな変化が訪れる。それは、ふた周り年下の岡本くんとの恋の始まりだった。出演は、「at Home アットホーム」の松雪泰子、「ビブリア古書堂の事件手帖」の黒木華、「ホットギミック ガールミーツボーイ」の清水尋也。監督は、「美人が婚活してみたら」の大九明子。

監督
大九明子
出演キャスト
松雪泰子 黒木華 清水尋也 古舘寛治

酔うと化け物になる父がつらい

  • 3月6日(金)
  • スーパーバイザー

菊池真理子による同名コミックエッセイを実写映画化。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれたサキは、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ母の孤独に触れながら、崩壊していく家族を漫画として笑い話に昇華していたが……。出演は「わたしは光をにぎっている」の松本穂香、「半世界」の渋川清彦。監督は「ルームロンダリング」の片桐健滋。

監督
片桐健滋
出演キャスト
松本穂香 渋川清彦 今泉佑唯 恒松祐里
2019年

アイムクレイジー

  • 2019年8月24日(土)
  • 製作統括

プチョン国際ファンタスティック映画祭2018で最優秀アジア映画賞を受賞した人間ドラマ。音楽の道を半ば諦めたミュージシャンの佑樹は、バイトに向かう途中に交通事故に遭い、車を運転していた作曲家の美智子と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。出演は、「いちごの唄」の古舘佑太郎、「真っ赤な星」の桜井ユキ、サニーデイ・サービスのボーカル・ギターで映画初出演となる曽我部恵一。監督は、本作が長編デビュー作となる工藤将亮。

監督
工藤将亮
出演キャスト
古舘佑太郎 桜井ユキ 佐々木聖輝 中田絢千

東京ワイン会ピープル

  • 2019年10月4日(金)
  • 製作

女性アイドルグループ乃木坂46の松村沙友理を主演に迎え、漫画『神の雫』の原作者である樹林伸の同名小説を映画化。上司の誘いでワイン会に参加したOLの紫野は、参加者の織田と意気投合。ワイン会メンバーとの出会いを通じ、ワインの魅力に引き込まれていく。監督は、「私は絶対許さない」などを手がけるほか、精神科医や評論家、小説家など多彩な顔を持つ和田秀樹。ワインに魅せられていく桜木紫野を松村沙友理が演じるほか、「クジラの島の忘れもの」の大野いと、劇団EXILEの小野塚勇人らが出演。

監督
和田秀樹
出演キャスト
松村沙友理 大野いと 小野塚勇人 少路勇介

古賀俊輔の関連人物

佐野史郎  近藤芳正  永瀬正敏  三浦誠己  森下能幸 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 古賀俊輔

ムービーウォーカー 上へ戻る