映画-Movie Walker > 人物を探す > 水野美紀

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2018年 まで合計40映画作品)

2018年

オボの声

  • 2018年10月20日(土)公開
  • 出演

「ビルと動物園」の齋藤孝が第一回松田優作賞優秀賞を受賞した脚本を自ら監督した人間ドラマ。将来の見えない日々を送っていた元ボクサーの秀太は、妊娠した彼女から逃げるように帰郷する。彼はガスボンベ配送のアルバイト先で、人殺しと噂される男と出会う。出演は、「東京島」の結城貴史、「蝶の眠り」の菅田俊、「おじいちゃん、死んじゃったって。」の水野美紀、「つむぐもの」の石倉三郎、「教誨師」の烏丸せつこ。

監督
齋藤孝
出演キャスト
結城貴史 菅田俊 水野美紀 石倉三郎
2017年

おじいちゃん、死んじゃったって。

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演(薫 役)

数々のヒットCMを手掛けてきた森ガキ侑大の長編映画監督デビュー作。ある夏の地方都市。吉子の祖父が亡くなり、父を始めとした家族が葬儀のために集まる。悲しむ間もなく、葬儀の準備を進めていた最中、それぞれの厄介な事情が明らかになるが……。主演は「太陽を掴め」の岸井ゆきの。共演は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の岩松了、「ポエトリーエンジェル」の美保純、『ひよっこ』の岡山天音、「彼女の人生は間違いじゃない」の光石研。

監督
森ガキ侑大
出演キャスト
岸井ゆきの 岩松了 美保純 岡山天音

阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C異聞

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 出演

日本刀を携えた少女・小夜の戦いを活写した「BLOOD」シリーズから生まれ、アニメや舞台など多角展開する「BLOOD-C」シリーズの実写アクション。山奥の村で特高警察が殺され、横暴な捜査から村人との対立が激化。逃げ出した蓮の前に小夜が現れる。戦前の日本を舞台に、寒村で起こる惨劇をオリジナルストーリーで描く。「星座」の奥秀太郎監督が、同じく「BLOOD-C」シリーズの舞台『BLOOD-C The LAST MIND』の演出に続き本作を担当。

監督
奥秀太郎
出演キャスト
青野楓 松村龍之介 古田新太 宮原華音

トマトのしずく

  • 2017年1月14日(土)公開
  • 出演(宮田律子 役)

なんらかの事情で劇場公開されていない作品を集めて上映する「お蔵出し映画祭」でグランプリと観客賞をダブル受賞したヒューマンドラマ。幼い頃の出来事が原因で疎遠になってしまった娘と父親が再び絆を取り戻していく姿が描かれる。意地っ張りな娘を小西真奈美、その父を石橋蓮司が演じる。監督は人間ドラマに定評のある榊英雄。

監督
榊英雄
出演キャスト
小西真奈美 吉沢悠 石橋蓮司 原日出子
2015年

あん

「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を、「殯の森」では同グランプリを獲得した河瀬直美監督が、作家やパフォーマーとして活躍するドリアン助川が人はなぜ生きるのかという根源的な問いに迫った同名小説を映画化。小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された元ハンセン病患者の女性の姿を、四季の情景を織り交ぜながら描く。偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が、人生につまずいた雇われ店長を「KANO 1931海の向こうの甲子園」の永瀬正敏が、女性の良き理解者を「黒い雨」の市原悦子が演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
樹木希林 永瀬正敏 市原悦子 内田伽羅
2014年

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

  • 2014年3月29日(土)公開
  • 出演(桜宮小百合(写真) 役)

神経内科医の田口と厚生労働省の役人・白鳥の凸凹コンビが、病院を舞台に起きるミステリアスな事件に挑む姿を描く、海堂尊の人気小説の劇場映画化。最新鋭の死因究明システムの導入を機に起きる、病院爆破の脅迫状や前代未聞の集団不審死事件の謎に2人が迫る。田口&白鳥を演じるのは、ドラマシリーズの伊藤淳史と仲村トオル。

監督
星野和成
出演キャスト
伊藤淳史 仲村トオル 桐谷美玲 松坂桃李
2013年

俺はまだ本気出してないだけ

  • 2013年6月15日(土)公開
  • 出演(宮田の妻 役)

青野春秋のデビュー作にして、「このマンガがすごい!2009」にランキングされるなど話題を呼んだコミックを、堤真一主演で映画化したコメディ。42歳でバツイチ子持ちの中年男がいきなりマンガ家になろうとするも、ダメダメすぎて空回りし続ける姿が笑いを誘う。監督・脚本を手がけたのは『コドモ警察』などの福田雄一。

監督
福田雄一
出演キャスト
堤真一 橋本愛 生瀬勝久 山田孝之

6月6日

  • 2013年5月25日(土)公開
  • 出演

輪廻転生を繰り返しながら、宿命を背負い戦い続ける二つの魂の姿を描くオムニバス。「猫の息子」の柏原寛司、「クール・ディメンション」の石井良和、「夜逃げ屋本舗」の原隆仁、「SCORE」の室賀厚、「KARAKURI」の石田肇が7つのエピソードを監督。出演は「恋の罪」の水野美紀、「蕨野行」の清水美那、「ブルースワット」正木蒼二、「VS GANGS」の田中俊。

監督
柏原寛司 石井良和 原隆仁 室賀厚
出演キャスト
藤田彩子 戸田悠太 永井浩介 谷村好一
2012年

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

  • 2012年9月7日(金)公開
  • 出演

熱血刑事・青島俊作が次から次へと難事件に遭遇し、ユニークな仲間たちに支えられながら成長していく姿を描き、人気を博した刑事ドラマの劇場版最終作。前作で係長に昇進した青島のその後が描かれるほか、室井や同僚のすみれはもちろん、前作から登場の夏美や和久も引き続き登場し、共に難事件解決に挑む。

監督
本広克行
出演キャスト
織田裕二 深津絵里 柳葉敏郎 ユースケ・サンタマリア
2011年

3.11 日常

  • 2011年12月24日(土)公開
  • 出演

東日本大震災・福島第一原子力発電所事故が発生してからの生き方を問うドキュメンタリー。長年にわたり反原発活動を行っている京都大学原子炉実験所の小出裕章助教へのインタビューを中心に、女優の水野美紀や、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬らへの取材も収録。監督は、映画・音楽ライターのわたなべりんたろう。

監督
わたなべりんたろう
出演キャスト
小出裕章 水野美紀 中川敬 高橋健太郎

関連ニュース

織田裕二、日比谷を封鎖したレッドカーペットを疾走!
織田裕二、日比谷を封鎖したレッドカーペットを疾走!(2012年9月7日)

本日封切られた『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』のレッドカーペットイベントと初日舞台挨拶が、9月7日にTOHOシネマズスカラ座で開催。織田裕二ら…

『恋の罪』園子温監督「モテキはどうでもいい時に来る」
『恋の罪』園子温監督「モテキはどうでもいい時に来る」(2011年11月10日)

奇才・園子温監督が、女の業をパワフルに映し出した野心作『恋の罪』がいよいよ11月12日(土)より公開される。近作では『冷たい熱帯魚』(10)が国内外で高く評価さ…

『恋の罪』の水野美紀「女性目線のエロティシズムがリアル」&3サイトでキャンペーン実施中!
『恋の罪』の水野美紀「女性目線のエロティシズムがリアル」&3サイトでキャンペーン実施中!(2011年11月6日)

水野美紀が、『冷たい熱帯魚』(11)の鬼才・園子温監督作『恋の罪』(11月12日公開)に出演。本作で、水野がフルヌードになったことがかなり話題となったが、彼女が…

園子温監督、神楽坂恵との入籍で「私の“恋の罪”でお騒がせしてすみません」
園子温監督、神楽坂恵との入籍で「私の“恋の罪”でお騒がせしてすみません」(2011年11月2日)

『冷たい熱帯魚』(11)の園子温監督が放つ官能サスペンス映画『恋の罪』(11月12日公開)の完成報告会が、11月2日に映画の舞台である円山町のオーディトリウム渋…

『WAYA!』に初出演したSKE48松井珠理奈をメロメロにした相手って?
『WAYA!』に初出演したSKE48松井珠理奈をメロメロにした相手って?(2011年10月22日)

名古屋駅近くにある円頓寺商店街を舞台にした人情喜劇『WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦』が10月29日(土)より全国公開するのに先立ち、名古屋で先行上映が始ま…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 水野美紀