TOP > 映画監督・俳優を探す > ハル・K・ドーソン

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1955年 まで合計8映画作品)

1955年

喝采(1954)

  • 1955年4月15日(金)
  • 出演(1st_Actor 役)

「失われた少年」と同じくウィリアム・パールバーグが製作し、ジョージ・シートンが監督した1954年作品。ブロードウェイで上演されたクリフォード・オデッツ『ユーモレスク』の戯曲から監督者シートン自身が脚色した。撮影はジョン・F・ウォレン、音楽は「愛の泉」のヴィクター・ヤング。主演は「ブルー・スカイ(1946)」のビング・クロスビー。この作品でアカデミー主演女優賞を得た「トコリの橋」のグレイス・ケリー、「トコリの橋」のウィリアム・ホールデン、「拳銃無情」のアンソニー・ロス、ジャクリン・フォンテイン、エディ・ライダーらが助演する。

監督
ジョージ・シートン
出演キャスト
ビング・クロスビー グレース・ケリー ウィリアム・ホールデン アンソニー・ロス
1947年

オペレッタの王様

  • 1947年10月
  • 出演(George_Faller 役)

「ショウボート(1936)」「恋の密使」のアラン・ジョーンズ、喜劇劇界のスター女優メ エリー・マーティン、「或る夜の出来事」の故ウォルターコノリーが主演する映画で、アンドリュー・L・ストーンが製作、監督したもので、ビクター・バートの曲が数曲使われている。ストーリーはストーンがロバート・ライヴリーと協力して書き下ろし、ライヴリーとラッセル・クラウズが脚本を書いた。助演者は「医者は金を取るべからず」のリー・ボウマン、新顔のスザンナ・フォスター、その他ジュディス・バートレット、ジェローム・コウアン等である。撮影は「大平原」のヴィクター・ミルナーが指揮した。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
アラン・ジョーンズ メアリー・マーティン ウォルター・コノリー リー・ボウマン
1937年

喧嘩商売

  • 1937年
  • 出演(Sanford 役)

「頓珍漢ミイラ取り」「旅鴉子供連れ」と同じくバート・ウィーラーとロバート・ウールジーが主演する映画で、「ロジタ(1936)」のナット・ペリンが俳優として名あるベニー・ルービンと協力して書き下ろしたシナリオによって「クーパーの餓鬼大将」「アフリカは笑ふ」のエドワード・クラインが監督し、「頓珍漢ミイラ取り」のジャック・マッケンジーが撮影したものである。助演者は新顔のマージョリー・ロード、「マルクス一番乗り」のエスター・ミューア、パトリシア・ワイルダー、ラッセル・ヒックスその他である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー マージョリー・ロード パトリシア・ワイルダー
1936年

楽天伯爵

  • 1936年
  • 出演(Vincent 役)

「ロマンスの街」「ある雨の午後」のフランシス・レデラーと「青春万歳」「百万弗小僧」のアン・サザーンが主演する映画で、エルマー・デイヴィスが書き下ろし、「南瓜おやじ」のヴァジニア・ヴァン・アップが脚色、「過去から来た男」「女罠」のハロルド・ヤングが監督、「放送豪華版」のハリー・フィシュベックが撮影したもの。助演は「丘の一本松」のフレッド・ストーン、「結婚十分前」のビリー・バーク、アーネスト・コサート、グラント・ミッチェルその他である。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
フランシス・レデラー アン・サザーン フレッド・ストーン ビリー・バーク

Gガン

  • 1936年
  • 出演(Daugherty 役)

「無限の青空」「支那ランプの石油」もパット・オブライエンと「青春の抗議」「Gメン」のマーガレット・リンゼイが主役を勤める映画で、P・J・ウルフソンが書き下ろし、「黒地獄」「特高警察」のアベム・フィンケルがハロルド・バックリーと協力脚色し「有頂天時代(1930)」(グッドニュース)のニック・グラインドが監督に当たり、撮影は「青春の抗議」「火の鳥」のアーネスト・ホーラーが担任した。助演者は「情無用ッ」のシーザー・ロメロ、「一対二」のロバート・アームストロング、「化石の森」のディック・フォーラン、「弾丸か投票か」のジョセフ・キングおよびリチャード・バーセル、「コリーン」のアディスン・リチャーズ、その他である。

監督
ニック・グラインド
出演キャスト
パット・オブライエン マーガレット・リンゼイ ロバート・アームストロング セザール・ロメロ

結婚クーデター

  • 1936年
  • 出演(Harvey_Allen 役)

「暁の爆撃機」のジーン・ハーロウ「巨星ジーグフェルド」のウィリアム・パウエル及びマーナ・ローイ、「桑港」のスペンサー・トレイシーの四スタアが競演する映画で、ウォーレス・サリヴァンが原作を書き卸し「心の青空」のモーリン・ワトキンス、「諾?否?」のハワード・エメット・ロジャース及びジョージ・オッペンハイマーが協力脚色し、「奇傑パンチョ」「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが監督に当たり、「ジャバの東」のノーパート・ブロディンが撮影した。助演監督は「薔薇はなぜ紅い」のウォルター・コノリー、「化石の森」のチャールズ・グレィプウイン、「小公子」のE・E・クライヴその他の面々である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジーン・ハーロウ ウィリアム・パウエル マーナ・ローイ スペンサー・トレイシー
1935年

ギャングの家

  • 1935年
  • 出演(Mel_Towne 役)

「黒地獄」「国境の町」のポール・ムニが主演する映画で、W・R・バーネットが書き下ろし、「最初の接吻」のメエリー・C・マッコール・ジューニアが潤色し、「笑う巨人」のロバート・ロードが脚色し、「真夏の夜の夢」「火の鳥」のウィリアム・ディーターレが監督に当たり、「カジノ・ド・パリ」のトニー・ゴーディオが撮影した。助演俳優は「Gメン」のアン・ヴォーザーク及びバートン・マクレーンを始め、「真夏の夜の夢」のホバート・カヴァナ、「黒地獄」のロバート・バラット、「支那ランプの石油」のヘンリー・オニール、レイモンド・ブラウン、ヘレン・ロウェル、グレイス・スタフォード、ハル・K・ドーソンその他の面々である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ポール・ムニ アン・ヴォーザーク バートン・マクレーン レイモンド・ブラウン
1934年

火の鳥(1934)

  • 1934年
  • 出演(Asst. Stage_Manager 役)

オーストリアの劇作家ラヨス・ジラーイ作の舞台劇を映画化したもので「流行の王様」「暁の砂漠」のウィリアム・ディーターレが監督に当たった作品。脚色には「吾れは愛せり」のチャールズ・ケニヨンが任じているが彼はジェフリー・デルの米国語脚本に依った。主なる出演俳優は「最初の接吻」「愛の岐路」のヴェリー・ティーズデール、「ワンダー・バー」「五十六番街の家」のリカルド・コルテス、「ナナ」「恋の凱歌」のライオネル・アトウィル、「楽園の大河」のアニタ・ルイズで、「勝利の朝」のC.オーブリー・スミス、「これがアメリカ艦隊」のドロシー・ツリー、「運ちゃん武勇伝」のホバート・カヴァナ及びロバート・バラット、新顔のヘレン・トレンホルム、「舗道の雨」のハル・K・ドーソン等も出演している。キャメラは「最初の接吻」「夫の日記」のアーネスト・ホーラーの担任である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ヴェリー・ティーズデール リカルド・コルテス ライオネル・アトウィル アニタ・ルイズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハル・K・ドーソン

ムービーウォーカー 上へ戻る