映画-Movie Walker > 人物を探す > メイヨ・メソット

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1938年 まで合計11映画作品)

1938年

黄昏(1938)

  • 1938年当年公開
  • 出演(Blonde 役)

「或る女」「黒蘭の女」のベティー・デーヴィスと「躍り込み花嫁」「結婚スクラム」のエロール・フリンとが主演する映画。マイロン・ブリニッグ作のベスト・セラー小説を「緑の灯」のミルトン・クリムスが脚色し、「最後の戦闘機」「女人禁制」のアナトール・リトヴァクが監督し、「風雲児アドヴァース」「大森林」のトニーゴーディオが撮影し、「黒蘭の女」のマックス・スタイナーーが伴奏楽を書いた。助演俳優は「或る女」のアニタ・ルウイズ、アイアン・ハンター及びドナルド・クリスプ、「明日は来らず」のビューラ・ボンディー、「舗道の雨」のヘンリー・トラヴァース、「暗黒王マルコ」のジェーン・ブライヤン、「4人姉妹」のディック・フォーラン、「結婚スクラム」のパトリック・ノウルズ、「ステラ・ダラス(1937)」のアラン・ヘール、「椿姫(1937)」のローラ・ホープ・クルーズ、新顔のリー・パトリック等。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
エロール・フリン ベティー・デーヴィス アニタ・ルイズ イアン・ハンター
1937年

札つき女

「青春の抗議」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、「黒地獄」「特高警察」のアベム・フィンケルがロバート・ロッセンと協力して脚本を書卸し、「踊る三十七年」「カリアンテ」のロイド・ベーコンが監督に当たり、「カリアンテ」のジョージ・バーンズが撮影した。デーヴィスを助けて「化石の森」のハンフリー・ボガート、ローラ・レーン、「失はれた地平線」のイザベル・ジュウェル、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「踊る三十七年」のロサリンド・マークィス、新人ジェーン・ブライヤン、「ギャングの家」のメイヨ・メソット、新顔のジョン・ライテル、「スタアと選手」のアレン・ジェンキンス等が出演する。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ハンフリー・ボガート ローラ・レーン イザベル・ジュウェル
1936年

オペラ・ハット

  • 1936年当年公開
  • 出演(Mrs._Semple 役)

「その夜の真心」に次ぐフランク・キャプラ作品で、クラレンス・バジントン・ケランド作の短編を素材として、「或る夜の出来事」「その夜の真心」と同じくロバート・リスキン脚色、フランク・キャプラ監督、ジョセフ・ウォーカー撮影のスタッフで作られたもの。主演者は「永遠に愛せよ」「ベンガルの槍騎兵」のゲイリー・クーパーで、「夢の並木路」「男性No.1」のジーン・アーサーが相手役を勤め、「地獄船モルガン」のジョージ・バンクロフト、「ソレルとその子」のH・B・ワーナー、「夢の並木路」のライオネル・スタンダー、「罪と罰」のダグラス・ダムプリル、「その夜の真心」のレイモンド・ウォルバーンその他が助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジーン・アーサー ジョージ・バンクロフト ライオネル・スタンダー

死刑か無罪か

  • 1936年当年公開
  • 出演(Coral 役)

「三十九夜」「世界は動く」のマデリーン・キャロルと「本人出現」「最初の接吻」のジョージ・ブレントが主演する映画で、アーサー・ソマーズ・ローシュ作の小説に基づき、「Gウーマン」「モダン騎士道」のジーン・タウン、グレアム・ベイカー組が脚色し、「月は我が家」「ロバータ」のウィリアム・A・サイターが監督に任じ、「紅雀」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演俳優の顔ぶれは「本人出現」のアラン・モーブレー、「航空十三時間」のアラン・バクスター、「愛と光」のアーサー・トリチャー、「月は我が家」おビューラ・ボンディ、「再び逢う日」のガイ・ベイツ・ポスト、「白い友情」のエスター・デール、エドワード・ブロフィー、メイヨ・メソットの面々である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マデリーン・キャロル ジョージ・ブレント アラン・モウブレイ アラン・バクスター
1935年

ギャングの家

  • 1935年当年公開
  • 出演(Muggsy 役)

「黒地獄」「国境の町」のポール・ムニが主演する映画で、W・R・バーネットが書き下ろし、「最初の接吻」のメエリー・C・マッコール・ジューニアが潤色し、「笑う巨人」のロバート・ロードが脚色し、「真夏の夜の夢」「火の鳥」のウィリアム・ディーターレが監督に当たり、「カジノ・ド・パリ」のトニー・ゴーディオが撮影した。助演俳優は「Gメン」のアン・ヴォーザーク及びバートン・マクレーンを始め、「真夏の夜の夢」のホバート・カヴァナ、「黒地獄」のロバート・バラット、「支那ランプの石油」のヘンリー・オニール、レイモンド・ブラウン、ヘレン・ロウェル、グレイス・スタフォード、ハル・K・ドーソンその他の面々である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ポール・ムニ アン・ヴォーザーク バートン・マクレーン レイモンド・ブラウン
1934年

偽者紳士

  • 1934年当年公開
  • 出演(Gladys 役)

「無限の青空」「彼女の男」のジェームズ・キャグニーと札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、レヤード・ドイルとレイ・ナザロとが共同執筆し、バートラム・ミルハウザーが脚色し、「進め龍騎兵」「黒地獄」のマイケル・カーティスが監督に当たり、「ブラウンの爆裂珍艦隊」のアイラ・モーガンが撮影した。助演者は「スウィート・ミュージック」のアリス・ホワイト、「札つき女」のアレン・ジェンキンス及びメイヨ・メソット、「ケンネル殺人事件」のアーサー・ホール、「五十六番街の家」のフィリップ・リード、「ダンテの地獄篇(1935)」のアラン・ダインハート等。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ベティ・デイヴィス アリス・ホワイト アレン・ジェンキンス
1933年

女はコリゴリ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Sandra 役)

「レヴュー艦隊」「風の接吻」のチャールズ・ラグルズが主演する映画で、ハンプトン・デル・ルースが自作の物語をジョージ・ローズナーと共同脚色し「密林の王者」のH・ブルース・ハンバーストーンが監督に当り、「水兵さんはお人好し」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影した。ラッグルズを助けて「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール、「ナイトクラブの女」のメイヨ・メソット、「世界大洪水」のシドニー・ブラックマー、「メリケン万歳爆走の巻」のフィリス・バリー等が出演している。

監督
H・ブルース・ハンバーストーン
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ ヴェリー・ティーズデール メイヨ・メソット シドニー・ブラックマー

巨人登場

  • 1933年当年公開
  • 出演(Zedorah_Chapman 役)

「トパーズ(1933)」「晩餐八時」ジョン・バリモアが主演する映画で、原作はアメリカ有数の劇作家エルマー・ライスの戯曲である。なお、この映画化にあたってはライス自らが特に脚色の筆を執り、監督には「北海の漁火」「鉄血士官校」のウィリアム・ワイラーがあたった。バリモアを助けて出演する人々は、「四十二番街」「ディキシアナ」のビービー・ダニエルスと「ヤング・アメリカ」「シンガポール航路」のドリス・ケニヨンとの2人が主なるもので、それから「ナガナ」のオンスロウ・スティヴンス、「今宵ひととき」のマーヴィン・ダグラス、「めりけん音頭」のセルマ・トッド、「ナイトクラブの女」のメイヨ・メソット、及び原作戯曲の舞台上演に際してその役を舞台に演じたヴィンセント・シャーマン、エルマー・ブラウン、アンジェラ・ジェーコブス、マルカ・コーンシタイン、マーヴィン・クライン、ジョン・ハモンド・デイリー、等も出演している。撮影は「近衛兵」「世界大洪水」のノーバート・ブロディンの担任。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ジョン・バリモア ビービー・ダニエルス ドリス・ケニヨン オンスロー・スティーヴンス
1932年

戦慄街

  • 1932年当年公開
  • 出演(Marge 役)

「死の拳銃狩」のエドワード・カーンが監督した映画で、アルバート・マルツとジョージ・スクラーとの合作舞台劇を「ウォタルウ橋」のトム・リードが脚色したもの。キャメラは「死の航空路」「小間使(1931)」のカール・フロイントがクランクしている。主演者は「令女学」「裁かれる魂」のシドニー・フォックスと「群集の喚呼」のエリック・リンデンで、「国際盗賊ホテル」のタリー・マーシャルを始め、エドワード・アーノルド、ルイス・カルハーン、バートン・チャーチル、メイヨ・メソット、グスタフ・フォン・セイファティ、アイアン・マクラレン、ジョージ・ミーカー等が助演している。

監督
エドワード・L・カーン
出演キャスト
エリック・リンデン シドニー・フォックス タリー・マーシャル ルイス・カルハーン

ナイトクラブの女

  • 1932年当年公開
  • 出演(Lola_Carewe 役)

「たそがれの女」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウが主演する探偵映画で、原作はアンソニー・アボットの有名な探偵小説である。これを「狂乱のアメリカ」「アリゾナ(1931)」のロバート・リスキンが脚色し、「シスコ・キッド(1931)」「モダーン西部王」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり「米国の暴露」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「南海の劫火(1932)」「蜃気楼の女」のスキーツ・ギャラガー、「海賊(1931)」のメイヨ・メソット、新進のルーセルマ・スティーヴンス、「街の風景」のグレタ・グランステット、ブランシュ・フレデリシ、アルバート・コンティ、ジェラルド・フィールディング、エド・ブラディー等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ メイヨ・メソット スキーツ・ギャラガー ルーセルマ・スティーヴンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メイヨ・メソット