映画-Movie Walker > 人物を探す > 長濱英高

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2008年 まで合計7映画作品)

2008年

おくりびと

  • 2008年9月13日(土)公開
  • 助監督

遺体を棺に納める納棺師となった男が、多くの別れと対峙する、本木雅弘主演の人間ドラマ。一見地味だが、人生の最期に必要な職業を通して、家族や夫婦愛のすばらしさを描く。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
本木雅弘 広末涼子 余貴美子 杉本哲太
2001年

阿修羅の伝説 死闘篇

  • 2001年1月27日(土)公開
  • 監督

現代版「座頭市」ともいえる、的場浩二主演のサスペンス・アクション。青森県八戸市を舞台に、盲目の格闘家を取り巻く奇怪な事件の数々、そして生き別れた母親との悲しくも切ない出会いを描く。

監督
長濱英高
出演キャスト
的場浩司 大河内奈々子 井上穂奈美 石丸謙二郎
1999年

新唐獅子株式会社

  • 1999年2月20日(土)公開
  • 協力監督

ケーブルテレビ局を経営することになったヤクザ者の奮闘ぶりを描いた、極道コメディ。監督は、本作撮影中に急逝した「Let's 豪徳寺」の前田陽一。前田監督の遺志を継ぎ作品を完成させた協力監督に、「格闘技オリンピック」の南部英夫と「かっ鳶五郎」の長濱英高。小林信彦の同名小説を基に、前田監督と「よいお年を」の北里宇一郎がオリジナル脚本を執筆。撮影を「ヤンキー烈風隊」の満井坦彦が担当している。主演は「幻の光」の赤井英和。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
前田陽一 南部英夫 長濱英高
出演キャスト
赤井英和 つみきみほ 永島敏行 室田日出夫
1997年

かっ鳶五郎

  • 1997年11月22日(土)公開
  • 監督、脚本

浅草を舞台に、今も下町に生き続ける職人の心意気を描いた人情ドラマ。監督は「もうDEBUなんて言わせない!」の長濱英高。『週刊漫画ゴラク 増刊ネクスター』連載の本沢たつやの同名コミックを、長濱と三浦和明、駒崎正人が共同で脚色。撮影は「もうDEBUなんて言わせない!」の羽方義昌。音楽は元“CーCーB”の関口誠人が担当している。主演は「明日なき街角」の的場浩司。

監督
長濱英高
出演キャスト
的場浩司 三浦浩一 長門勇 小松みゆき

もうDEBUなんて言わせない!

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 監督

会社の新製品のキャンペーンのためにダイエットすることになったOLが巻き起こす、笑いと涙のロマンティック・コメディ。監督はこれがデビュー作となる長濱英高。脚本は「女賭博師花吹雪お涼」の安井国穂。撮影にやはり「女賭博師花吹雪お涼」の羽方義昌があたっている。主演は1264人の応募があった“ミスデブコンテスト”の中から選ばれた青山雛で、彼女は映画の進行に合わせて実際に減量してみせている。

監督
長濱英高
出演キャスト
青山雛 石黒賢 田中美奈子 松村邦洋
1996年

女賭博師花吹雪お涼

  • 1996年4月14日(日)公開
  • 助監督

父の仇討ちを胸に秘めた女賭博師の生きざまを描いた任侠映画。監督は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の広瀬襄、脚本は「82分署」の安井国穂、撮影は「眠れる美女(1995)」の羽方義昌がそれぞれ担当した。主演は「日本一短い「母」への手紙」の鈴木砂羽。彼女を取り巻く男たちに、阿部寛、小西博之、織本順吉らがふんしている。

監督
広瀬襄
出演キャスト
鈴木砂羽 阿部寛 小西博之 織本順吉
1995年

すももももも

  • 1995年5月13日(土)公開
  • 助監督

周囲に迎合せず、大人への変身を拒絶する女子高校生の不安定な心情を幻想的に描く青春ロマン。物語の途中から二つの時空間が並行・交錯していく構成をとっている。監督・原案・撮影は「ツルモク独身寮」の今関あきよし。脚本は、今関と藤長野火子との共同。人気アイドルの持田真樹が映画初主演。

監督
今関あきよし
出演キャスト
持田真樹 浜崎あゆみ 桂木亜沙美 林泰文
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 長濱英高