映画-Movie Walker > 人物を探す > 河瀬直美

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2020年 まで合計20映画作品)

2020年

朝が来る

  • 2020年当年公開
  • 監督、脚本

監督
河瀨直美
2018年

Vision

  • 2018年6月8日(金)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本

河瀬直美が、ジュリエット・ビノシュ&永瀬正敏をダブル主演に迎え、故郷・奈良でオールロケ撮影を行なった作品。ある調査のため、奈良の吉野を訪れたフランス人の女性エッセイスト、ジャンヌは、山を守って生きる男・智と出会い、心を通わせて行くが……。共演は「去年の冬、きみと別れ」の岩田剛典、「ホコリと幻想」の美波、「怒り」の森山未來、「羊の木」の田中泯、「星くず兄弟の新たな伝説」の夏木マリ。

監督
河瀬直美
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏 岩田剛典 美波

東の狼

  • 2018年2月3日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

なら国際映画祭NARAtive2016作品として制作された、奈良県東吉野村が舞台のドラマ。絶滅したとされるニホンオオカミはまだいると信じる猟師のアキラ。取り憑かれたように狼狩りをしに森の奥深くへ入る彼は、狼の姿にかつての恋人の亡霊を重ねる。監督は「THE SWIMMING POOL」でなら国際映画祭2014審査員特別賞を受賞した、ハバナ出身のカルロス・M・キンテラ。「光」などを監督、なら国際映画祭エグゼクティブディレクターを務める河瀬直美がプロデュースする。主演は「お父さんと伊藤さん」の藤竜也。第4回なら国際映画祭にてワールドプレミア。第30回東京国際映画祭『TIFF マスタークラス』河瀬直美監督スペシャルトークイベント内にて特別上映。

監督
カルロス・M・キンテラ
出演キャスト
藤竜也 大西信満 小堀正博
2017年

光(河瀬直美監督)

  • 2017年5月27日(土)公開
  • 監督、脚本

やがて視力を失ってしまう運命を背負った天才カメラマンと、彼と出会い変わっていくヒロインの姿を描く、河瀬直美監督によるせつないラブストーリー。水崎綾女が映画の音声ガイドの制作に携わるヒロインを務め、河瀬監督の前作『あん』でもタッグを組んだ永瀬正敏が天才カメラマン役を演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
永瀬正敏 水崎綾女 神野三鈴 小市慢太郎
2016年

ひと夏のファンタジア

  • 2016年6月25日(土)公開
  • プロデューサー

河瀬直美監督がプロデューサーを務める、映画をめぐる日韓合作ファンタジー。次回作の構想を練りに奈良に来た韓国人監督テフンは、五條市の人々と触れ合う中で、物語を生み出していく。監督と人々の邂逅を追う第一部と監督が紡ぐ恋物語の二部構成。本作を手がけたのは、「つむじ風」「眠れぬ夜」のチャン・ゴンジェ監督。「サニー 永遠の仲間たち」のキム・セビョクや「イエローキッド」の岩瀬亮が、第一部・二部とで演じ分けている。韓国のインディペンデント・フィルム・プロダクションMOCUSHURAとともに、なら国際映画祭実行委員会が製作に参加している。

監督
チャン・ゴンジェ
出演キャスト
キム・セビョク 岩瀬亮 イム・ヒョングク 康すおん
2012年

311仙台短篇映画祭制作プロジェクト『明日』

  • 2012年3月31日(土)公開
  • 監督

仙台市内ではスクリーン上映される機会の少ない「短篇映画」をぜひ多くの人たちに観てもらいたいという思いから、2001年11月より開催されている「ショートピース!仙台短編映画際」。本作は、41人の監督たちが「震災」という経験を、映画というフィルターを通して、各作品3分11秒にまとめたオムニバス作品。

監督
阿部理沙 生田尚久 井上剛 今泉力哉

3.11 A Sense of Home Films

  • 2012年1月14日(土)公開
  • 監督

東日本大震災後、「朱花の月」の河瀬直美監督の呼び掛けで終結した世界の映像作家21名が、“A Sense of Home”をテーマに3分11秒で製作した短編のオムニバス。監督は、「ブンミおじさんの森」のアピチャッポン・ウィーラセタクン、「四川のうた」のジャ・ジャンクー、「母なる証明」のポン・ジュノ。

監督
アリエル・ロッター イサキ・ラクエスタ アピチャッポン・ウィーラセタクン ジャ・ジャンクー
出演キャスト
アナ・トレント パティ・スミス
2011年

Destroy Vicious デストロイ・ヴィシャス

  • 2011年3月5日(土)公開
  • 出演

架空の街ネオオオサカシティーを舞台に、お尋ね者のヤクザが聾パンクロッカーの女と出会い、互いの孤独を埋めていくかのように惹かれていく姿を描く「ジャップ・ザ・ロック・リボルバー」の島田角栄監督作。出演は「ララピポ」の松本さゆき、「掌の小説」の内田春菊、「少年メリケンサック」の遠藤ミチロウ、「名前のない女たち」の鳥肌実など。

監督
島田角栄
出演キャスト
松本さゆき 大塚明夫 遠藤ミチロウ 鳥肌実
2009年

狛 Koma

  • 2009年7月4日(土)公開
  • 監督、脚本

奈良県桜井市を舞台に、亡き祖父から1本の掛け軸を託された在日韓国人三世の男と偶然出会った女性の運命の行方を描く短篇ドラマ。監督は「七夜待」の河瀬直美。出演は「鈍獣」の北村一輝、「クヒオ大佐」の中村優子。韓国の全州国際映画祭実行委員会から依頼を受けての制作。

監督
河瀨直美
出演キャスト
北村一輝 中村優子
2008年

七夜待

  • 2008年11月1日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

「殯(もがり)の森」の河瀬直美監督がタイでロケを行なった最新作。外国の独特な文化と自然に癒され、言葉を超えた心の交流を経験するヒロインを長谷川京子が熱演。

監督
河瀬直美
出演キャスト
長谷川京子 グレゴワール・コラン キッティポット・マンカン 轟ネーッサイ

関連ニュース

河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?
河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?(2015年5月29日)

『萌の朱雀』で第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞し、『殯の森』(07)で同映画祭の第60回グランプリに輝いた河瀬直美…

河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力
河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力(2015年5月28日)

第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映された『あん』(5月30日公開)の河瀬直美監督にインタビュー。穏やかな関西弁が印象的な監督だが、あの樹…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 河瀬直美