映画-Movie Walker > 人物を探す > ガストン・ルルー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 2005年 まで合計8映画作品)

2005年

オペラ座の怪人

  • 2005年1月29日(土)
  • 原作

アンドリュー・ロイド=ウェバーの大ヒット・ミュージカルを完全映画化。オペラ座に暗躍する怪人と可憐な歌姫の愛憎模様が、豪華絢爛な美術と音楽をバックに展開する。

監督
ジョエル・シュマッカー
出演キャスト
ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン ミランダ・リチャードソン
1952年

オペラの怪人(1943)

  • 1952年1月19日(土)
  • 原作

1925年故ロン・チャニー主演で製作された作品の再映画化で、今回は色彩版。ガストン・ルルーの原作から「夜の悪魔」のエリック・テーラーと、サミュエル・ホッフェンシュタインが脚色し、「荒鷲戦隊」のアーサー・ルービンが監督した1943年作品。撮影はハル・モーアとウィリアム・ハワード・グリーンで本作品により同年のアカデミー賞を受けた。音楽はエドワード・ワード。主演は怪人に「汚名」のクロード・レインズが扮し、他に「ニュー・ムーン」のネルソン・エディ、「若草の頃」のスザンナ・フォスター、「幻の女」のエドガー・バリアらが助演する。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
ネルソン・エディ スザンナ・フォスター クロード・レインズ エドガー・バリア
1935年

フロウ氏の犯罪

  • 1935年
  • 原作

「グレート・ワルツ」「婚約リレー」のフェルナン・グラヴェ、「ゴルゴダの丘」のエドウィジュ・フィエール、「舞踏会の手帖」「どん底」のルイ・ジューヴェが主演する映画で、ガストン・ルルー作の小説を素材として、「舞踏会の手帖」「格子なき牢獄」の台詞を書いたアンリ・ジャンソンが脚本と台詞を執筆し、「激情の嵐」「人間廃業」のロバート・シオドマクが監督に当ったもの。助演者は「どん底」「乙女の湖」のウラジミール・ソコロフを始め、「赤ちゃん」のジャン・ペリエ、「かりそめの幸福」のアルヴェル、「望郷(1937)」のフィリップ・リシャール、「雪山の騎士」のジム・ジェラルド等である。音楽は「赤ちゃん」「海のつわもの」のミシェル・レヴィーンが担当し、キャメラは「狙われた男(1937)」のルネ・ガウオー、「地中海」のジャン・バシュレ、「女だけの都」の助手アンドレ・トーマが分担している。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
フェルナン・グラヴェ エドウィジュ・フィエール ルイ・ジューヴェ ウラジミール・ソコロフ
1931年

巴里の魔人

  • 1931年
  • 原作

フランスの有名な探偵小説家ガストン・ルルウの原作から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディスが撮影台本を組み立て、「月光の曲」のエドウィン・ジャスタス・メイヤー、「結婚双紙」のジョン・ミーハンの二人が台詞を附し、「滅びゆく凱歌」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンがメガフォンをとったもので主なる出演者は「海行かば(1930)」「運命の兄弟」のジョン・ギルバート、「ゴルフと女房」「海行かば(1930)」のリーラ・ハイアムス、「街のをんな」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「あけぼの」「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のジーン・ハーショルト、「近代エロ双紙」のナタリー・ムーアヘッド、アイアン・キース、C・オープレイ・スミス、アルフレッド・ヒックマン等でカメラは「月光の曲」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが担任である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ジョン・ギルバート リーラ・ハイアムス ルイス・ストーン ジーン・ハーショルト
1930年

黄色の部屋

  • 1930年
  • 原作

フランス探偵小説作家としてモーリス・ルブランと共に世界的に有名なガストン・ルルーの傑作『黄色の部屋の秘密』をトーキー化したもので「金」「バラライカ」のマルセル・レルビエが脚色監督し、「掻払いの一夜」と同じくビュレルとニコライ・トポルコフが共同で撮影した。出演者は、「ケエニクスマルク」「犠牲」のユゲット・デュフロを始め、コメディー・フランセーズ座付きのマキシム・デジャルダン、新人ローラン・トゥータン、マルセル・ヴィベール、エドモン・ヴァン・ダエル、レオン・ベリエール、キッサ・クープリーヌ、ピエール・ジュヴネ等である。

監督
マルセル・レルビエ
出演キャスト
ユゲット・デュフロ マキシム・デジャルダン ローラン・トゥータン マルセル・ヴィベール
1927年

バラウー

  • 1927年
  • 原作

「オペラの怪人(1925)」等で映画界にもお馴染み深いフランスの探偵小説家ガストン・ルルー氏の戯曲「バラオー」の映画化で、脚色はハリー・O・ホイト氏、監督は「野薔薇」「オール持つ手に」と同じくリチャード・ロッスン氏である。主役は「栄光」「宣伝地獄」等出演のエドモンド・ロウ氏で、それを助演する人々は、新進のリーラ・ハイアムス嬢、「栄光」出演のバリー・ノートン氏、「ドン・ファン(1926)」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、力士のジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
エドモンド・ロウ リーラ・ハイアムス グスタフ・フォン・セイファーティッツ E・H・カルヴァート
1925年

オペラの怪人(1925)

  • 1925年
  • 原作

仏国探偵小説家ガストン・ルルウ氏の同名の小説からエリオット・クロースン氏が脚色し「メアリー・ゴー・ラウンド」「愛国の喇叺」等と同じくルパート・ジュリアン氏が監督し、ギブスン映画で御馴染みの監督エドワード・セジウィック氏が特に補助監督をして製作された1925年度ユニバーサル社超特作映画である。主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」に主演したロン・チャニー氏で「メアリー・ゴー・ラウンド」「五番街のモデル」等に共演したメアリー・フィルビン嬢とノーマン・ケリー氏とが主要な役を演じ、その他ギブスン・ガウランド氏、ヴァージニア・ペアソン嬢、アーサー・エドモンド・カリュー氏等が出演している。なお劇中劇「フアウスト」はテクニカラーで撮影した。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
ロン・チャニー メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー スニッツ・エドワーズ
1919年

黄室の秘密

  • 1919年
  • 原作

リアルアート社が1919年に設立されてから、第1回作品として発売されたのがこの映画である。仏国の探偵小説家ガストン・ルルウ氏の原作で、仏国生まれの名監督エミール・ショータール氏が監督した。「結婚の価格」「緑樹の下に」「魂の眼」等の監督のショータール氏は、この作品に於て彼の最大の功績に到達した--とはニュース誌の評である。主役は「一騎当千の男」「誉れの選手」出演のエセル・グレイ・テリー嬢や新顔のローリン・レイカー氏である。

監督
エミール・ショータール
出演キャスト
William S. Walcott エドモンド・エルトン ジョージ・コウル エセル・グレイ・テリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガストン・ルルー