映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェロ・コラオ

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2009年 まで合計5映画作品)

2009年

パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ

  • 2009年8月29日(土)
  • 編集

パンクの女王と呼ばれ、音楽界で多大な支持を集めるロッカー、パティ・スミスの姿を追った音楽ドキュメンタリー。11年間に及ぶ密着取材を通して、彼女の素顔を映し出す。

監督
スティーヴン・セブリング
出演キャスト
パティ・スミス ジェイ・ディー・ドーティー フリー フィリップ・グラス
1991年

サインズ・オブ・ライフ

  • 1991年5月25日(土)
  • 編集

時代に流され、閉鎖を余儀なくされた漁村のボート工場を舞台に、そこに働く人々の1日を通して人生のせつなさと喜びを綴るヒューマン・ドラマ。製作はマーカス・ビシディとアンドリュー・レイチェスマン。監督はテレビドラマ、ミュージック・ビデオ出身のジョン・ディビッド・コールズで、本作で劇場映画デビュー、89年ドーヴィル映画祭最優秀作品賞を受賞した。脚本はマーク・マローン、撮影はエリオット・デイビス、音楽はハワード・ショアが担当。出演はアーサー・ケネディ(遺作)、ボー・ブリッジス、ケイト・レイド、キャシー・ベイツほか。

監督
ジョン・デイヴィッド・コールズ
出演キャスト
アーサー・ケネディ ヴィンセント・ドノフリオ ケヴィン・J・オコナー ボー・ブリッジス
1989年

レッツ・ゲット・ロスト

  • 1989年12月23日(土)
  • 編集

88年、アムステルダムのホテルの窓から転落死したジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーの生涯を描くドキュメンタリー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはナン・ブッシュ、製作・監督はファッション・キャメラマンのブルース・ウェーバー、撮影はジェフ・プレイス、編集はアンジェロ・コラオが担当。作品は、デビュー当時から最近までのベイカーの写真をモンタージュしながら、レコーディング・セッションする彼の姿を捉え、またインタビューによって彼の私生活にまで立ち入り、アーティストとして、また人間としてのチェット・ベイカーの姿を浮き彫りにしようというもの。

監督
ブルース・ウェーバー
出演キャスト

ピックアップ・アーチスト

  • 1989年3月11日(土)
  • 編集

街角の“ピックアップ”で出会った男女の恋の行方を描く。製作はデイヴィッド・L・マックレオド、監督・脚本は「マッド・フィンガーズ」のジェームズ・トバック、撮影は「再会の街 ブライトライツ・ビッグシティ」のゴードン・ウィリス、音楽は「ア・マン・イン・ラブ」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演は「この愛に生きて」のモリー・リングウォルド、ロバート・ダウニー・ジュニアほか。

監督
ジェームズ・トバック
出演キャスト
モリー・リングウォルド ロバート・ダウニー・Jr. デニス・ホッパー ダニー・アイエロ
1986年

オフビート

  • 1986年9月13日(土)
  • 編集

にせ警官が銀行強盗をつかまえるという喜劇。シルヴァー・スクリーン・パートナーズが製作協力。製作はジョー・ロスとハリー・ウフランド。監督はマイケル・ダイナー。デズソ・マグヤーの原案をマーク・メドフが脚色。撮影はカルロ・ディ・パルマ、音楽はジェイムズ・ホーナーが担当。出演はジャッジ・ラインホールド、メグ・ティリーほか。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1986年作品。

監督
マイケル・ディナー
出演キャスト
ジャッジ・ラインホルド メグ・ティリー クリーヴァント・デリックス ジョー・マンテーニャ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェロ・コラオ