映画-Movie Walker > 人物を探す > レナータ・ヴァニ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1989年 まで合計5映画作品)

1989年

汚れなき瞳の中に

  • 1989年8月26日(土)公開
  • 出演(Assunta 役)

あるひとりの少年が、現実と幻想のはざまで巻き込まれる殺人事件をファンタジックに描くサスペンス映画。製作はアンドリュー・G・ラ・マーカ、・監督、脚本はフランク・ラロッジア、撮影はラッセル・カーペンターが担当。出演はルーカス・ハース、レイ・キャリオウほか。

監督
フランク・ラロッジア
出演キャスト
ルーカス・ハース レン・キャリオウ アレックス・ロッコ キャサリン・ヘルモンド
1966年

いつか見た青い空

  • 1966年6月17日公開
  • 出演(Mrs._Favaloro 役)

エリザベス・カタの原作を「ダイヤモンド・ヘッド」のガイ・グリーンが脚色・監督した人間ドラマ。撮影は「泥棒を消せ」のロバート・バークス、音楽は「南太平洋爆破作戦 モリツリ」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「偉大な生涯の物語」のシドニー・チエチエ、舞台からデビューするエリザベス・ハートマン、「ロリータ」のシェリー・ウィンタース、ほかにウォーレス・フォード、アイヴァン・ディクソン、エリザベス・フレイザーなど。製作は「逆転」のパンドロ・S・バーマン。

監督
ガイ・グリーン
出演キャスト
シドニー・ポワチエ シェリー・ウィンタース エリザベス・ハートマン ウォーレス・フォード
1954年

愛の泉(1954)

  • 1954年11月20日公開
  • 出演(Anna 役)

在伊中のアメリカ作家ジョン・H・セコンダリの小説より、「真紅の女」のジョン・パトリックが脚色し、「百万長者と結婚する方法」のジーン・ネグレスコが監督する1954年作ロマンティック・コメディ。製作は「真紅の女」のソル・C・シーゲルである。撮影は「悪の花園」のミルトン・クラスナー、音楽は「大砂塵」のヴィクター・ヤングの担当。「一ダースなら安くなる」のクリフトン・ウェッブ、「我が心の呼ぶ声」のドロシー・マクガイア、「アパッチ(1954)」のジーン・ピータース、「忘れじの面影(1948)」のルイ・ジュールダン、「月蒼くして」のマギー・マクナマラ、「裸足の伯爵夫人」のロッサノ・ブラッツイなどが出演する。

監督
ジーン・ネグレスコ
出演キャスト
クリフトン・ウェッブ ドロシー・マクガイア ジーン・ピータース ルイ・ジュールダン

コマンド

  • 1954年9月21日公開
  • 出演(Mrs.Pellegrini 役)

「フェザー河の襲撃」のデイヴィッド・ウィスバートが1954年に製作したWB社のシネマスコープ第1回作品、サタディ・イヴニング・ポスト紙に連載されたジェームズ・ワーナー・ベラ(「リオ・グランデの砦」)の原作を「地獄と高潮」のサミュエル・フラーが潤色、「井戸」のラッセル・ヒューズが脚色した。監督は「二人でお茶を」のデイヴィッド・バトラーである。「午後の喇叭」のウィルフリッド・M・クラインが撮影監督にあたり、音楽は「南部に轟く太鼓」のディミトリ・ティオムキン。出演者は「フェザー河の襲撃」のガイ・マディスン、新人ジョーン・ウェルドン、「アスファルト・ジャングル」のジェームズ・ウィットモア、「ブラボー砦の脱出」のカール・ベントン・リード、ハーヴェイ・レムベック、レイ・ティールら。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
ガイ・マディソン ジョーン・ウェルドン ジェームズ・ホイットモア カール・ベントン・リード
1952年

女群西部へ!

  • 1952年7月15日公開
  • 出演(Mrs._Maroni 役)

「群衆」のフランク・キャプラの原作を「赤い河」のチャールズ・スクイニが脚色し、「廃墟の群盗」のウィリアム・A・ウェルマンが監督した西部ドラマ1952年作品で、製作は「二世部隊」のドア・シャーリー。撮影はウィリアム・メラー。主演は「アパッチ族の最後」のロバート・テイラーと「戦場(1949)」のデニーズ・ダーセルで、ジュリー・ビショップ(「硫黄島の砂」)、ジョン・マッキンタイア(「ウィンチェスター銃'73」)、ヘンリー・中村(「二世部隊」)、ホープ・エマーソンらが助演している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
Beverly Dennis レナータ・ヴァニ ジョン・マッキンタイア ジュリー・ビショップ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レナータ・ヴァニ