映画-Movie Walker > 人物を探す > サトウトシキ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2018年 まで合計21映画作品)

2006年

愛妻日記 重松清原作「愛妻日記」より

  • 2006年9月23日(土)公開
  • 監督

真面目だけが取り柄の平凡な男は、ある出来事をきっかけに妻を陵辱することに高ぶりを覚え始める…。重松清の小説「愛妻日記」を、ピンク四天王のひとり・サトウトシキ監督が映画化した官能ドラマシリーズ第1弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は永井正子、戸田昌宏。R-18作品。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
永井正子 戸田昌宏

ちゃんこ

  • 2006年3月18日(土)公開
  • 監督

廃部の危機にあった相撲部を留学生と女子部員が救った広島大学相撲部の実話をベースにした青春ドラマ。その広島大学の全面協力を得て、弱小相撲部が全国制覇を目指して稽古に励む姿を熱く描き出す。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
須藤温子 東貴博 リカヤ・スプナー 北村悠
2002年

夢なら醒めて……

  • 2002年8月24日(土)公開
  • 監督

アイドルおたくの身に起こる衝撃的な変貌に迫るサイコ・ファンタジー。ピンク映画界の鬼才サトウトシキ監督が、クールな映像感覚で“究極の愛”の世界を描く異色作。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
前田綾花 大森南朋 戸田昌宏 渡辺真起子
2000年

青空(2000)

  • 2000年9月1日(金)公開
  • 監督

激しい愛情の果てに運命を狂わせていく男の姿を描いたサスペンス。監督はピンク四天王の1人、サトウトシキ。出演は向井新悟、横浜ゆきほか。成人映画タイトルは「果てしない欲情 もえさせて!」。2001年4月20日より、東京・中野武蔵野ホールにて、改題の上一般公開された。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
向井新悟 横浜ゆき 川瀬陽太 奈賀毬子
1999年

新・団地妻 不倫は密の味 今宵かぎりは…

  • 1999年1月29日(金)公開
  • 監督

倦怠期にさしかかった二組の夫婦が繰り広げる不倫模様を描いたエロティック・ドラマ。監督は「新宿♀日記 迷い猫」のサトウトシキ。オリジナル脚本は「白衣と人妻 したがる兄嫁」の小林政広。撮影を「新宿♀日記 迷い猫」の広中康人が担当している。主演は「白衣と人妻 したがる兄嫁」の本多菊雄と「浮気妻 つまみ喰い」の葉月螢。尚、「新・団地妻 不倫は蜜の味」のタイトルは成人映画として初公開された時のもので、「今宵かぎりは…」のタイトルは後にレイト公開された時のものである。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
本多菊雄 葉月螢 村木仁 沢田夏子
1997年

CLOSING TIME

  • 1997年11月22日(土)公開
  • 協力プロデュース

妻子を失い、失意のうちに酒浸りの日々を過ごすシナリオライターの彷徨を描いた幻想的なドラマ。タイトルはトム・ウェイツのデビュー・アルバム名を引用したもので、4章仕立てからなる各エピソードにも、同アルバムに収められている曲名がタイトルとして冠せられている。監督・脚本はこれが監督デビューとなる「赤い犯行 夢の後始末」の脚本家・小林政広。撮影を「LUNATIC」の西久保維宏が担当している。主演は「うなぎ」の深水三章。97年度のゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭ヤング・ファンタスティック・グランプリ部門でグランプリを受賞した。

監督
小林政広
出演キャスト
深水三章 中原丈雄 北村康 夏木マリ

ロマンティックマニア

  • 1997年10月公開
  • 監督

不倫を続ける婦人警官と彼女を取り巻く男たちとの人間関係を、猟奇事件の進展に併せサイコ・スリラー風に描いたラブ・ストーリー。諸事情により劇場公開を見送られOVとして発表された作品が、東京・亀有名画座の特集上映で一般公開された。監督は「赤い犯行 夢の後始末」のサトウトシキ。脚本は「渇きの街」の神波史男と「日本製少年」の及川中の共同。撮影は「新・極道記者 逃げ馬伝説」の石井浩一が担当している。主演は元“Wink”の鈴木早智子で、単独では初の主演作となる。96年度製作作品。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
鈴木早智子 町田康(町田町蔵) 隈本吉成 北村康

赤い犯行 夢の後始末

  • 1997年1月31日(金)公開
  • 監督、プロデューサー、原案

日本映画の製作現場を舞台に、ひとりの映画監督が次第に追いつめられていく姿を描いた内幕ドラマ。監督は「アタシはジュース」のサトウトシキ。脚本は「不倫日記/濡れたままもう一度」の小林政広。撮影を「姉妹どんぶり/抜かずに中で」の小西泰正が担当している。主演は「エンドレス・ワルツ」の町田康。R指定。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
町田康(町田町蔵) 佐野和宏 隈本吉成 本多菊雄
1996年

アタシはジュース

  • 1996年7月13日(土)公開
  • 監督

女性しか愛することのできないひとりの女子大生が、高校時代の初恋の女教師との関係や、バングラディシュ青年との出会いなどを通じて成長していく姿を描いた青春映画。監督はピンク映画のニューウェーブ“ピンク四天王”のひとり、サトウトシキで、「LUNATIC」に続く2本目の一般映画となる。現代新人賞を受賞した延江浩の同名小説を、テレビ出身でこれが映画デビューとなる樽谷春緒と、「「物陰に足拍子」より MIDORI」の小川智子が共同で脚本化した。主演は、ともにこれが映画初主演となる秋本奈緒美と小沢なつき。“フジテレビ□MOVIES”の1本として製作された。R指定。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
秋本奈緒美 小沢なつき アベティン・モハンマド・シャムスル 鶴見辰吾

LUNATIC

  • 1996年6月1日(土)公開
  • 監督

元女優と去勢された男、ゲイの麻薬売人とアル中の作家という、偶然出会った4人の男女の新しい愛のかたちを官能的に描いたラブ・ストーリー。監督は“ピンク四天王”のひとり、サトウトシキで、これが一般映画の第1作となる。脚本はサトウのピンク時代からのパートナーである小林政広。4人の男女には、「極つぶし」の安原麗子、「ヤンキー烈風隊」の北村康、「さわこの恋 1000マイルも離れて」の吹越満、「7月7日、晴れ」の小木茂光。

監督
サトウトシキ
出演キャスト
安原麗子 吹越満 北村康 小木茂光
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サトウトシキ