TOP > 映画監督・俳優を探す > 山本浩資

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2020年 まで合計32映画作品)

2020年

喜劇 愛妻物語

「百円の恋」の足立紳による自伝的小説を自ら監督して映画化。売れない脚本家の豪太は、妻チカ、娘アキとの三人家族。セックスレスに苛まれている豪太は妻の機嫌を取ろうとするが、チカは夫に冷たい。ある日、豪太は香川への取材を兼ねた家族旅行を提案する。出演は、「決算!忠臣蔵」の濱田岳、「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」の水川あさみ。第32回東京国際映画祭コンペティション部門公式上映作品。

監督
足立紳
出演キャスト
濱田岳 水川あさみ 新津ちせ 大久保佳代子
2019年

おいしい家族

  • 2019年9月20日(金)
  • 照明

作家としても活躍するふくだももこが、自身の短編監督作「父の結婚」を原作に長編化。夫と別居中のキャリアウーマン、橙花は仕事もうまくいかず都会の生活に疲れ気味。母の三回忌を迎え、故郷の離島へ帰った橙花が見たのは、亡き母の服を着ている父の姿だった。出演は「君は月夜に光り輝く」の松本穂香、「九月の恋と出会うまで」の浜野謙太、「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」の板尾創路、「デイアンドナイト」の笠松将、「少女邂逅」のモトーラ世理奈。音楽は「マルサの女」「マルタイの女」などの伊丹十三監督作品を手がけた本多俊之。

監督
ふくだももこ
出演キャスト
松本穂香 浜野謙太 板尾創路 笠松将

夜明け

  • 2019年1月18日(金)
  • 照明

是枝裕和・西川美和の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。ある日、哲郎は川辺で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。哲郎は青年を自ら経営する木工所に連れて行き、仕事を教える。二人は信頼関係を築いていくが、青年はある秘密を抱えていた。出演は、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「映画 深夜食堂」シリーズの小林薫。第23回釜山国際映画祭コンペティション(ニューカレンツ部門)出品。

監督
広瀬奈々子
出演キャスト
柳楽優弥 YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子
2018年

高崎グラフィティ。

  • 2018年8月25日(土)
  • 照明

第一回未完成映画予告編大賞グランプリ受賞作。美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校の卒業式を迎えた幼馴染。ある日、美紀の父親が彼女の入学金を手にしたまま失踪する事件が発生。その行方を探し始めた5人は、それぞれが問題に直面することに……。出演は「少女」の佐藤玲、「イノセント15」の萩原利久、「生きる街」の岡野真也、『べっぴんさん』の中島広稀、「帝一の國」の三河悠冴。2018年8月18日より舞台となった群馬県高崎市にて先行公開。

監督
川島直人
出演キャスト
佐藤玲 萩原利久 岡野真也 中島広稀
2017年

二十六夜待ち

  • 2017年12月23日(土)
  • 照明

佐伯一麦による同名小説を「海辺の生と死」の越川道夫監督が映画化。震災で何もかも失い福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働き始める。だが、店主の杉谷は記憶をすべて失い、自分が何者かさえ分からない孤独を抱え込んでいた。出演は「悼む人」の井浦新、「愛を語れば変態ですか」の黒川芽以、「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の山田真歩、「海のふた」の鈴木慶一、「笑う招き猫」の諏訪太朗。撮影を「永い言い訳」の山崎裕、音楽を「アレノ」の澁谷浩次が担当する。

監督
越川道夫
出演キャスト
井浦新 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介

島々清しゃ(しまじまかいしゃ)

  • 2017年1月21日(土)
  • 照明

沖縄の離島を舞台に、音楽が人と人とを繋いでゆくひと夏の物語。耳が良すぎて少しの音のズレさえも頭痛のタネになってしまう小学生のうみは、コンサートのために東京からやって来たヴァイオリニストの祐子と出会い、頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。監督は「転がれ!たま子」の新藤風。脚本・音楽監督を「楽隊のうさぎ」の磯田健一郎、撮影を「永い言い訳」の山崎裕が担当。出演は「湯を沸かすほどの熱い愛」の伊東蒼、「百円の恋」の安藤サクラ、「アレノ」の山田真歩、「下衆の愛」の渋川清彦。第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門上映作品。

監督
新藤風
出演キャスト
伊東蒼 安藤サクラ 金城実 山田真歩

ハローグッバイ

  • 2017年7月15日(土)
  • 照明

「ディアーディアー」の菊地健雄監督が、思春期の少女たちの揺れ動く思いを掬い取った青春ドラマ。万引きを繰り返す優等生の葵と、妊娠したのではと一人悩むはづき。クラスの中で交わることのなかった二人が、認知症のおばあさんを手助けすることになり……。人には言えない問題を抱える主人公二人を「人狼ゲーム クレイジーフォックス」の萩原みのりとNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の久保田紗友が、二人をつなぐおばあさんを「モヒカン故郷に帰る」のもたいまさこが演じる。また、インストゥルメンタルバンドSchroeder-Headzはじめ多方面で活躍するキーボーディスト、渡辺シュンスケが音楽を担当した。劇場公開に先駆け、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて上映(上映日:2016年10月27日、30日)。

監督
菊地健雄
出演キャスト
萩原みのり 久保田紗友 渡辺シュンスケ 渡辺真起子
2016年

永い言い訳

  • 2016年10月14日(金)
  • 照明

他人の家族との交流を通し、人を愛する素晴らしさを実感する男を描く、本木雅弘主演のラブストーリー。『ディア・ドクター』の西川美和がオリジナル脚本を書き上げ、妻を亡くした男と、母を亡くした子供たちによる新しい家族の形を描く。ミュージシャンの竹原ピストルが、妻を亡くし幼い兄妹を育てるトラック運転手の父親を演じる。

監督
西川美和
出演キャスト
本木雅弘 竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季

断食芸人

  • 2016年2月27日(土)
  • 照明

フランツ・カフカの同名小説を「テロリスト 幽閉者」の足立正生監督・脚本で映画化。ある日、ある街に現れ座り込んだ男を、人々が勝手に“断食芸人”に仕立て上げる。2016年ロッテルダム国際映画祭ディープフォーカス部門正式出品。出演は、「ジョーカー・ゲーム」の山本浩司。ナレーションは「MONSTERZ モンスターズ」の田口トモロヲ。

監督
足立正生
出演キャスト
山本浩司 桜井大造 流山児祥 本多章一
2015年

海のふた

  • 2015年7月18日(土)
  • 照明

原マスミの曲にインスパイアされたという、吉本ばなな初の新聞小説を映画化したヒューマンドラマ。西伊豆の小さな町でかき氷店を始めたヒロインが、糖蜜やみかん水など素朴な味のかき氷で人々の心を癒していく。菊池亜希子が新しい人生を踏み出そうとする主人公を、三根梓が顔に火傷の痕を残し、心に傷を負った女性を演じる。

監督
豊島圭介
出演キャスト
菊池亜希子 三根梓 小林ユウキチ 天衣織女

山本浩資の関連人物

山田真歩  吉岡睦雄  安藤サクラ  井浦新  鈴木晋介 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山本浩資

ムービーウォーカー 上へ戻る