映画-Movie Walker > 人物を探す > 行定勲

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2020年 まで合計31映画作品)

2020年

劇場

  • 2020年当年公開
  • 監督

監督
行定勲
出演キャスト
山崎賢人 松岡茉優
2019年

その瞬間、僕は泣きたくなった CINEMA FIGHTERS project

  • 2019年11月8日(金)公開予定
  • 監督

EXILE HIRO、SSFF&ASIA代表・別所哲也、作詞家・小竹正人によって打ち出された詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第3弾。運命と奇跡が生み出した出会いや、青春ラブストーリー、ヤクザと娼婦の物語など短編5話のオムニバス。監督は、「ハナレイ・ベイ」の松永大司、「リバーズ・エッジ」の行定勲、「ラプラスの魔女」の三池崇史、「40万分の1」の井上博貴、「東京彗星」の洞内広樹。出演は、三代目J SOUL BROTHERSの今市隆二、「たたら侍」の小林直己、「悼む人」の秋山菜津子、「この道」のEXILE AKIRA、「鋼の錬金術師」の蓮佛美沙子、「4月の君、スピカ。」の佐野大樹、「虹色デイズ」の佐野玲於。

監督
三池崇史 井上博貴 松永大司 洞内広樹
出演キャスト
EXILE AKIRA 蓮佛美沙子 佐藤大樹 久保田紗友
2018年

アジア三面鏡2016:リフレクションズ

  • 2018年10月12日(金)公開
  • 監督、脚本

アジアの気鋭の映画監督3人が、“アジアで生きる”をテーマに作り上げたオムニバス作品。帯広の牧場で働いていたマニーは、ある日突然、不法滞在者として祖国フィリピンに強制送還されることに……(「SHINIUMA Dead Hourse」)。「SHINIUMA Dead Horse」「鳩 Pigeon」「Beyond The Bridge」の3篇から成るオムニバス。出演は「ボーン・レガシー」のルー・ヴェローソ、「後妻業の女」の津川雅彦、「テラフォーマーズ」の加藤雅也。監督は「キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したフィリピンのブリランテ・メンドーサ、「リバーズ・エッジ」の行定勲、カンボジア出身の女性監督ソト・クォーリーカー(「シアター・プノンペン」)。

監督
ブリランテ・メンドーサ 行定勲 ソト・クォーリーカー
出演キャスト
ルー・ヴェローソ 津川雅彦 シャリファ・アマニ 永瀬正敏

リバーズ・エッジ

  • 2018年2月16日(金)公開
  • 監督

90年代に人気を博した岡崎京子の同名コミックを行定勲監督が映画化した青春ドラマ。河原に放置された死体の存在を共有することで不思議な友情で結ばれていく3人の男女を中心に、若者たちの揺れ動く心情を描く。二階堂ふみが女子高生のヒロイン・ハルナを演じるほか、吉沢亮、上杉柊平、SUMIREら期待の若手が多数共演する。

監督
行定勲
出演キャスト
二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE
2015年

世田谷ラブストーリー

  • 2015年5月3日(日)公開
  • 監督、脚本

ロックバンド『back number』が2014年に発表したアルバム『ラブストーリー』に収録された同名曲にインスパイアを受け「クローズド・ノート」の行定勲監督が制作した短編作品。東京・下北沢に縁のある作品を集めた特集企画『街と映画・下北沢』にて劇場上映された。

監督
行定勲
出演キャスト
浅香航大 清野菜名 安井順平 有元由妃乃
2010年

女たちは二度遊ぶ

  • 2010年7月3日(土)公開
  • 監督

「パレード」に続いて行定勲が芥川賞作家、吉田修一の小説を映像化。男にとって忘れられない存在となった5人の女性の恋を描くオムニバス。携帯電話用に製作された作品を劇場公開。出演は「NECK ネック」の相武紗季、「今度は愛妻家」の水川あさみ、「カムイ外伝」の小雪、「恋に唄えば♪」の優香、「七夜待」の長谷川京子。

監督
行定勲
出演キャスト
相武紗季 柏原崇 水川あさみ 高良健吾
2009年

罪とか罰とか

  • 2009年2月28日(土)公開
  • 出演(編集員A 役)

「神童」の成海璃子主演によるコメディ。ひょんなことから一日警察署長となった売れないグラビアアイドルが、次々と起こる大事件&珍事件の解決に奔走する!

監督
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演キャスト
成海璃子 永山絢斗 段田安則 犬山イヌコ
2007年

ショコラの見た世界

  • 2007年10月13日(土)公開
  • 監督

行定勲監督、竹内結子主演による携帯電話のストーリーCMに追加映像を加えた特別版。旅先で出会った不思議な話を妹に聞かせる姉の姿を美しい映像とともに描くファンタジー。

監督
行定勲
出演キャスト
竹内結子 大塚ちひろ 和田聰宏 藤本七海

クローズド・ノート

  • 2007年9月29日(土)公開
  • 監督、脚本

雫井脩介の人気小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。沢尻エリカ演じる女子大生の日常が、竹内結子演じる教師の日記と重なっていくラブ・ストーリー。

監督
行定勲
出演キャスト
沢尻エリカ 伊勢谷友介 竹内結子 板谷由夏

遠くの空に消えた

  • 2007年8月18日(土)公開
  • 監督、脚本

「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が、自ら書き上げたオリジナル・ストーリー。天才子役の神木隆之介演じる転校生ら、少年少女のひと夏の冒険をつづった感動ドラマ。

監督
行定勲
出演キャスト
神木隆之介 大後寿々花 ささの友間 小日向文世

関連ニュース

板尾創路がロマンポルノで主演「濡れ場の連続はハードだった」
板尾創路がロマンポルノで主演「濡れ場の連続はハードだった」(2016年11月25日)

かつて輝きを放っていた「日活ロマンポルノ」が、行定勲監督、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督によって蘇る。そんな「ロマンポルノ・リブートプロジ…

板尾創路、行定勲監督のロマンポルノで濡れ場の難しさを実感
板尾創路、行定勲監督のロマンポルノで濡れ場の難しさを実感(2016年11月24日)

「ロマンポルノ・リブートプロジェクト」と聞いて、胸がざわざわした映画ファンは少なくないだろう。かつての「日活ロマンポルノ」といえば、単なる成人映画レーベルという…

芦田愛菜「自分のことを思って泣いてくれる友達がいたら良いな」
芦田愛菜「自分のことを思って泣いてくれる友達がいたら良いな」(2014年6月20日)

芦田愛菜が「うるさい、ボケ!」と関西弁のゲキを飛ばす姿が痛快!『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督がメガホンをとった『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン…

阿部寛の「家中の包丁を研ぎました」という役作りに行定勲監督も驚愕!
阿部寛の「家中の包丁を研ぎました」という役作りに行定勲監督も驚愕!(2013年1月23日)

阿部寛と、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督の初顔合わせで贈る『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(公開中)。本作は恋多き女・艶を巡り、…

阿部寛の「何kgやせましょうか?」の申し出に行定勲監督が感動
阿部寛の「何kgやせましょうか?」の申し出に行定勲監督が感動(2013年1月23日)

阿部寛主演、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督による『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』が1月26日(土)より公開される。小泉今日子、野…

野波麻帆が女優とスタイリストの二足のわらじを履く理由とは?
野波麻帆が女優とスタイリストの二足のわらじを履く理由とは?(2013年1月22日)

女優・野波麻帆は、スタイリストという、もう一つの肩書きも持つ。女優としては『愛を乞うひと』(98)で主人公の娘役を演じてスポットライトを浴びてから、数多くの作品…

野波麻帆、女優魂を見せた濡れ場のシーンは「有言実行でした」
野波麻帆、女優魂を見せた濡れ場のシーンは「有言実行でした」(2013年1月22日)

阿部寛主演、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督作『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(1月26日公開)に出演した野波麻帆。恋多き女・艶を…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 行定勲