映画-Movie Walker > 人物を探す > 土居久子

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2001年 まで合計6映画作品)

2001年

マヌケ先生

  • 2001年2月17日(土)公開
  • スクリプター

 「時をかける少女」などで知られる大林宣彦監督の少年期を映画化。ユニークな大人たちに囲まれながら映画に夢中になっていく少年の姿を描くファンタジー・ドラマ。

監督
内藤忠司
出演キャスト
三浦友和 厚木拓郎 谷啓 南野陽子
1998年

風の歌が聴きたい

  • 1998年7月18日(土)公開
  • スクリプター

聴覚障害という“個性”を持つカップルが、様々な困難を乗り越えて絆を深めていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「SADA」の大林宣彦。脚本は、実在の聴覚障害を抱える夫婦をモデルに、「三毛猫ホームズの推理」の中岡京平と「旅の涯て」の内藤忠司と大林が共同執筆。撮影を「SADA」の坂本典隆が担当している。主演は「DOORIII」の天宮良と「あした」の中江有里。文部省選定、厚生省推薦、中央児童福祉審議会特別推薦、第10回東京国際映画祭特別招待作品。

監督
大林宣彦
出演キャスト
天宮良 中江有里 勝野洋 入江若葉
1995年

誘う女(1995・日本)

  • 1995年12月9日(土)公開
  • スクリプター

人気バイオレンス作家にレイプされたという妄想が次第にエスカレートしていく女性の姿を描くサスペンス・スリラー。監督は「熱血ゴルフ倶楽部」の児玉高志。原作は、鎌田敏夫の角川ホラー文庫『ルージュ』に収録の小説 『レイプ』。主演は、「WINDS OF GOD」の今井雅之、「東雲楼・女の乱」の森崎めぐみ、「さわこの恋 1000マイルも離れて」の喜多嶋舞。

監督
児玉高志
出演キャスト
今井雅之 森崎めぐみ 喜多嶋舞 友田由里子

あした

  • 1995年9月23日(土)公開
  • スクリプター

死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。「ふたり」に続き赤川次郎の『午前0時の忘れもの』を原作に、冬の尾道の海を舞台に描かれる大林宣彦の新・尾道三部作の第二作。尾道三部作(「転校生」「時をかける少女(1983)」「さびしんぼう」)は少年・少女の甘酸っぱい青春を描いたものだったが、「ふたり」に始まる新・尾道三部作は“家族”がテーマの基調となっている。出演は「今日から俺は!!」の高橋かおり、「青春デンデケデケデケ」の林泰文、「人造人間ハカイダー」の宝生舞など。

監督
大林宣彦
出演キャスト
高橋かおり 林泰文 朱門みず穂 宝生舞

天使のウィンク 日光猿軍団

  • 1995年4月15日(土)公開
  • スクリプター

テレビ露出とともに“反省”などのネタで今やすっかりお茶の間の人気者となった“日光猿軍団”。本作品は、猿の良太と調教師・耕作、そして少年たちの友情と冒険を描いたファミリー映画。監督はこれがデビュー作となる寄田勝也。脚本は「イルカに逢える日」の中岡京平。撮影は「怖がる人々」の前田米造。主演は人気アイドル・グループ“忍者”の高木延秀。スーパー16ミリ。1995年3月25日より大阪天六ホクテンザ1にて先行上映。

監督
寄田勝也
出演キャスト
高木延秀 渡辺美奈代 良太 チーコ
1994年

女ざかり(1994)

  • 1994年6月18日(土)公開
  • スクリプター

初めて書いた社説がもとで忍び寄る権力に対する女性論説委員の抗戦と、彼女を巡る人間模様を描くドラマ。監督は「水の旅人 侍KIDS」の大林宣彦。丸谷才一の同名ベストセラー小説(文藝春秋・刊)を原作に、脚本は野上龍雄、渡辺善則、大林の共同。撮影は坂本典隆が担当。主演の“女ざかり”南弓子には吉永小百合が扮するほか、豪華スターが共演している。スーパー16ミリ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
吉永小百合 津川雅彦 風間杜夫 藤谷美紀
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 土居久子