映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ダーレン

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2018年 まで合計10映画作品)

2018年

ラッキー

  • 2018年3月17日(土)公開
  • 出演(Paulie 役)

「パリ、テキサス」のハリー・ディーン・スタントン最後の出演映画。90歳のラッキーはいつもと変わらぬ日常のなかでふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされ、死について考え始める。小さな街の人々と交流しながら、彼は“それ”を悟っていく。監督は、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」出演のジョン・キャロル・リンチ。出演は、「インランド・エンパイア」監督のデヴィッド・リンチ、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のロン・リビングストン、「人生万歳!」のエド・ベグリー・ジュニア、「王様のためのホログラム」のトム・スケリット、「アーティスト」のべス・グラント、「ナバロンの要塞」のジェイムズ・ダレン、「パターソン」のバリー・シャバカ・ヘンリー。

監督
ジョン・キャロル・リンチ
出演キャスト
ハリー・ディーン・スタントン デヴィッド・リンチ ロン・リビングストン エド・ベグリー・ジュニア
1965年

若さでブッ飛ばせ!

  • 1965年2月18日公開
  • 出演(Casey 役)

ウィリアム・アランドとメル・ゴールドバーグの原案をウィリアム・ウッドとメル・ゴールドバーグが脚色、「タランチュラ」のジャック・アーノルドが監督した青春映画。撮影はカール・ガスリー、音楽は歌手のボビー・ダーリンが担当し、主題歌等5曲を作曲している。出演は「踊れ!サーフィン」のジェームズ・ダーレンとパメラ・ティフィン、TV『ヴァージニアン』のダグ・マクルーア、映画初出演の人気歌手ジョニー・ソマーズ、「ポケット一杯の幸福」のピーター・マンなど。製作はウィリアム・アランド。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ジェームズ・ダーレン パメラ・ティフィン ダク・マックルアー ジョニー・ソマーズ
1964年

踊れ!サーフィン

  • 1964年8月22日公開
  • 出演(Gardner_Ding_Pruitt 3 役)

ダン・ビューモントの原作をジェームズ・オハンロン、ジョージ・オハンロン、ダン・ビューモントが脚色、TVのレスリー・H・マーティンソンが演出した青春コメディ。撮影はハロルド・E・スタイン、音楽はジェリー・フィールディングが担当した。製作はハワード・W・コッチ。出演は「ヤング・ハワイ」のジェームズ・ダーレン、「翼のリズム」のパメラ・ティフィン、ウディ・ウドベリー、ナンシー・シナトラ、ボブ・デンバー、ロバート・ミドルトンほか。

監督
レスリー・H・マーティンソン
出演キャスト
ジェームズ・ダーレン パメラ・ティフィン ウディ・ウドベリー ポール・リンド

ヤング・ハワイ

  • 1964年6月7日公開
  • 出演(Jeff_Mather 役)

フレデリック・コーナーの原作をルース・ブルークス・フリッペンが脚色、「ギジェット」シリーズ(サンドラ・ディーをスターダムに送った)で名をなしたポール・ウェンドコスが演出したアメリカ青春ドラマ。撮影は「ボーイハント(1961)」のロバート・ブロナー、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニングが担当した。製作はジェリー・ブレスラー。主題歌はフレッド・カーガーが作詞しスタンリー・スタインが作曲した。出演は「パリよこんにちは」のデボラ・ウォーリー、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、「勝利者(1963)」のマイケル・カラン、「ペペ」のヴィッキー・トリケット、ほかにカール・ライナー、ペギー・カスなど。

監督
ポール・ウェンドコス
出演キャスト
ジェームズ・ダーレン マイケル・カラン デボラ・ウォーリー カール・ライナー
1962年

ダイヤモンド・ヘッド

  • 1962年12月27日公開
  • 出演(Paul_Kahana 役)

ハワイの農場を舞台に、原住民と白人入植者との葛藤を描いたピーター・ギルマンのベストセラー小説「ダイアモンド・ヘッド」を映画化したもの。脚色はマーゲリット・ロバーツ、監督は「熱砂の海」のガイ・グリーン。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽は「独身アパート」のジョニーウィリアムス、テーマ音楽をヒューゴ・ウィンターハルターが担当している。製作はジェリー・ブレスラー。出演者は「エル・シド」のチャールトン・ヘストン、「レッツ・ゴー物語」のジョージ・チャキリス、「黙示録の四騎士(1961)」のイヴェット・ミミュー、「南太平洋」のフランス・ニューエン、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、ブロードウェイ女優、エリザベス・アレンなど。

監督
ガイ・グリーン
出演キャスト
チャールトン・ヘストン イヴェット・ミミュー ジョージ・チャキリス フランス・ニューエン
1961年

ナバロンの要塞

  • 1961年8月15日公開
  • 出演(Pappadimos 役)

第二次大戦下におけるエーゲ海域でのイギリス軍とドイツ軍の戦いを描いた戦争映画。アリスティア・マックリーンの小説をカール・フォアマンが脚色、「北西戦線」のJ・リー・トンプソンが監督に当たった。撮影はオズワルド・モリス。音楽はディミトリ・ティオムキン。出演するのはグレゴリー・ペック、デヴィッド・ニヴン、アンソニー・クイン、スタンリー・ベーカー、イレーネ・パパス、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティススなど。製作カール・フォアマン。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
グレゴリー・ペック デイヴィッド・ニーヴン アンソニー・クイン スタンリー・ベイカー
1960年

俺の墓標は立てるな

  • 1960年12月10日公開
  • 出演(Nick_Romano_(Adult) 役)

スラム街に生きる1青年の苦闘を描いたドラマ。ウィラード・モトレイの原作をロバート・プレスネル・ジュニアが脚色し、フィリップ・リーコックが監督した。撮影は「戦略爆破部隊」のバーネット・ガフィ、音楽をジョージ・ダニングが担当。出演は「戦う若者たち」のジェームズ・ダーレン、「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグ、シェリー・ウィンタース、バール・アイヴス、リカルド・モンタルバン、エラ・フィッツジェラルドら。製作ボリス・D・カプラン。

監督
フィリップ・リーコック
出演キャスト
バール・アイヴス シェリー・ウィンタース ジェームズ・ダーレン ジーン・セバーグ

戦う若者たち

  • 1960年11月5日公開
  • 出演(Cotton 役)

白人と黒人の葛藤を朝鮮戦争を部隊に描いた戦争映画。製作・脚本・監督は38歳の新進ホール・バートレットで、我国には彼の作品はこれが初めてだが、52年製作の“Navajo”では、世界各地の映画祭で27の賞をとり注目されている。撮影は「5つの銅貨」のダニエル・L・ファップ、音楽をジョージ・ダニングが担当。出演は「手錠のままの脱獄」のシドニー・ポワチエ、「大爆破」のアラン・ラッド、ほかにインゲマール・ヨハンソン、グレン・コーベット、アナ・セント・クレアら。

監督
ホール・バートレット
出演キャスト
アラン・ラッド シドニー・ポワチエ インゲマール・ヨハンソン ジェームズ・ダーレン
1958年

草原の野獣

  • 1958年7月15日公開
  • 出演(Davey 役)

「拳銃を撃つな」のフィル・カールソン監督がフランク・S・ニュージェントのシナリオを得て作りあげた西部劇。リック・ハードマンの原作による、大牧場主と、その息子の対立を中心にした悲劇的結末をもった物語で、「決断の3時10分」のヴァン・ヘフリンと「果てしなき決斗」のタブ・ハンターが父子に扮して顔を合わせている。撮影は「夜鷹のジョニー」のチャールズ・ロートン・ジュニア。音楽はジョージ・ダニング。タブ・ハンターが主題歌を1曲歌っている。他の出演者はキャスリン・グラント、ジェームズ・ダーレン等。製作フレッド・コールマー。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ヴァン・ヘフリン タブ・ハンター キャスリン・グラント ジェームズ・ダーレン
1957年

波止場の鼠

  • 1957年3月16日公開
  • 出演(Jimmy_Smigelski 役)

波止場のボスに抱き込まれた10代のギャングの生態を描いたフランク・パレイの原作から「原子怪獣現わる」のルー・モーハイムと「死刑囚2455号」のジャック・デ・ウィットが共同で脚本を書き、「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」のフレッド・F・シアーズが監督した。撮影は「熱狂のジャズロック・アンド・ロール」のベンジャミン・H・クライン、音楽は「赤い連発銃」のミッシャ・バカライニコフ。主な出演者は、新人ジェームズ・ダーレン(1939年生まれ)を中心に、ローリー・キャロル、マイケル・グレンジャーなど。

監督
フレッド・F・シアーズ
出演キャスト
ジェームズ・ダーレン ローリー・キャロル マイケル・グレンジャー エドガー・バリア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ダーレン